好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

サントリーニ島とクレタ島の壁画

小林惠子先生が、奄美大島卑弥呼が住んでいたころ、クレタ島まで絹を輸出していたと書かれていたので、ギリシアの壁画を探しました。エジプトと同じで、横顔しかないようです。目のお化粧も、エジプト的です。唐、高句麗倭国の壁画では、縦縞のスカートをはいた壁画がありましたが、ここでは横縞なのですね。部屋に花とストライプ、現代でもあります。

大黒屋光太夫がロシアでエカテリーナ女帝と謁見、支倉常長ローマ法王とスペイン国王に謁見していますが、一行の中で怪我等で帰国を諦め、現地に永住した人々がいます。奄美大島からクレタ島へ行き、そこに住み着いてしまったケース、その逆のケース、古代は色々あったと思います。最初の百合と燕の壁画、なんとなく和風だと思ったのですが、そんな風に日本人が現地に溶け込んでしまったなら、和風を描く人がいたとしても不思議ではないかもしれません。 

サントリーニ島アクロティリ遺跡

百合と燕        写真は全て遺跡猫様から

f:id:MeinFavorit:20200613141610p:plain

もしかして、パンタロンでしょうか?

f:id:MeinFavorit:20200613141548p:plain

f:id:MeinFavorit:20200613141636p:plain

f:id:MeinFavorit:20200613141742p:plain

f:id:MeinFavorit:20200613141823p:plain

ボクシングをする少年たち。これっってふんどし?

f:id:MeinFavorit:20200613142026p:plain

f:id:MeinFavorit:20200613142039p:plain

やはり、ズボン型、パンタロンだと思います。

f:id:MeinFavorit:20200613142055p:plain

f:id:MeinFavorit:20200613142111p:plain

スカートをはくのも、パンタロンも自由だったのでしょうか。それともパンタロンは労働階級の服装???部屋にも横縞を使っているし(現代と同じ)、横縞が好きだったんですね。

f:id:MeinFavorit:20200613143045p:plain

isekineko.jp

クレタ島 イラクリオン考古学博物館

f:id:MeinFavorit:20200613140302p:plain

f:id:MeinFavorit:20200613140626p:plain

紀元前15世紀、棺に描かれたもの

f:id:MeinFavorit:20200613140724p:plain

f:id:MeinFavorit:20200613140823p:plain

f:id:MeinFavorit:20200613140946p:plain

 

クレタ島クノッソス宮殿

f:id:MeinFavorit:20200613144249p:plain

孔雀のようなグリフィン

f:id:MeinFavorit:20200613144307p:plain

王妃の間だそうです。イルカが可愛い。

f:id:MeinFavorit:20200613144406p:plain

 

写真を掲載されている遺跡猫様のサイトです

isekineko.jp

isekineko.jp

isekineko.jp