好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

マルガレーテ女王と考古学

 

20代独身の間に、空軍に所属したり、世界中を旅行して回られたのでした。発掘現場を訪れて古代のミイラを見たり、年配になられてもロンドンの公園に隠れている古代のヒエログリフをご覧になる。

www.berlingske.dk

マルガレーテ女王は考古学に長年興味を持っており、世界中の発掘調査を訪れてきました。祖父のグスタフ・アドルフ王と1957年1月ローマでの考古学発掘現場での写真。(写真は記事内でご覧ください)

f:id:MeinFavorit:20200924124634p:plain

Photo: ALGOT´S PRESS PHOTO

1962年ボーンホルム島のペダースカーにあるスルセゴールの鉄器時代の墓の発掘現場で、考古学の学生であるスヴェンドクランプとマルグレーテ王女。(ミイラと一緒に写真に写られています。)

1962年マルグレーテ王女はエジプトとヌビアの考古学的発掘調査を訪問し、エジプトとスーダンの国境にある旧ヌビア地域のワディハルファの発掘調査をしました。 1964年ボーンホルム島のペダースカーにある鉄器時代の発掘調査に戻りました。

f:id:MeinFavorit:20200924125204p:plainPhoto: Allan Moe / NF

マルグレーテ王女はメキシコのオアハカとモンテアルバンの発掘調査を訪れました。 マルグレーテ女王とヘンリク王配は、ブルガリアのスタロセルの村で地元の考古学者たちと乾杯し、市の2,500年前の墓を訪れました。

 国立博物館の責任者であるピーター・ヴァン・ピーターセンは、ボーンホルムのリスペヤル発掘で発見された珍しい金を女王に見せています。両殿下は、エストニアのクレサーレにある歴史的な遺跡を訪れます。

 

jyllands-posten.dk

f:id:MeinFavorit:20200924125846p:plain女王の考古学への関心は、この2005年の写真からはっきりわかります。ここではボーンホルムのペトログラフを研究しています。写真は本:「マルガレーテ女王と考古学」より。

女王は生涯を通じて考古学に情熱を注いできましたが、彼女は発見をする方法も新しくて創造的であったことを明らかにしています。「マルガレーテ女王と考古学」の中で、ヨルゲン・アーレフェルトローラヴィーク伯爵は、1960年代に彼と王女が当局からの許可なしに、ロンドン、ハイドパークの進入禁止の土地で古いヒエログラフを探しに出かけたことを書いています。

国立博物館は、公園のフェンスの後ろにある何世紀も前の、チョークパイプのいくつかを手に入れることに興味を持っていました。 伯爵がこの仕事を引き受け、当時英国に留学していた若いマルグレーテ王女から助けを受けました。彼と王女が国立博物館の保存修復者の助けを借りて、ハイドパーク内にたくさんのチョークパイプのある場所を見つけたのです。マルグレーテ王女は、チョークパイプを使ってフェンスを越えてローズベッドに連れて行くことができる独創的な解決策をすばやく見つけました。

王女様はメールもモバイルも持っていません。彼女は断固としてヘッドドレスをフェンスの向こうへ投げて言いました。「ヨルゲン、私の帽子を取ってきて下さらないかしら?」

これは珍しいチョークパイプのいくつかを国立博物館に確保する稀な機会でした。 ヨルゲン・アーレフェルト=ローヴィグは、物語が説明どおりに展開されたこと、英国当局がチョークパイプの強盗について知らされなかったことを確認しましたが、この方法が違法であったか、収集行為が不十分であることを否定しました。 この地域にはまったくルールはありませんでした。あなたはそれを行うことができます。公園のベッドには大量のチョークパイプが自由に横たわっていました。

多くのチョークパイプの説明は、おそらく、ハイドパークの一部がおそらく遊園地だった時期にさかのぼります。ほとんど違法ではないパイプはおそらく数百年前のものであり、ヨーロッパで最も古いものもあるが、実際の文化的価値を表すものではない、と何人かの専門家がBerlingske Tidendeに述べている。デンマーク博物館機構の責任者であるニルスM.ジェンセンは、この事件はマーグレーテ女王の考古学への情熱の表れであると信じています。 「面白いものを見つけ、それを家に持ち帰って、自国の美術館に提出するのは、発見者の喜びです」と彼は語った。