好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

エリザベス女王と犬たち

 

子供時代の女王と父王

f:id:MeinFavorit:20210412204132p:plain

電車公務にもガードワンとしてついてくる?

f:id:MeinFavorit:20210412203943p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412204013p:plain

飛行機までお供していたんですね。わんわんたち。

f:id:MeinFavorit:20210413174924p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412204211p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412203858p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413174952p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413175005p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413175018p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413175054p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413175038p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412204227p:plainf:id:MeinFavorit:20210412203824p:plain

コーギーだけじゃなかったんですね。防犯の意味でも、たくさん飼われているのかも。女王の枕元まで、泥棒が入ったこともあるそうです。宿直が、席を外していたとかで。ベルを鳴らしても誰も来なかったとか。

f:id:MeinFavorit:20210412203703p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412204030p:plain

 

アン王女のファッション

1972年のミュンヘン五輪金メダリスト(馬術団体)でもあるマーク・フィリップスMark Phillips陸軍少尉と、1973年にウエストミンスター寺院で結婚式が執り行われた。2人の間にはピーター(1977年誕生)とザラ(1981年誕生)の2子が生まれている。

1992年に離婚した。アン王女は離婚から約6カ月後の同年12月12日、ティモシー・ローレンス海軍中佐と再婚した。離婚は勿論のこと、離婚を経験した人間が再婚することをタブーとしたイングランド国教会の保守性により、2度目の結婚式は再婚に鷹揚なスコットランドの教会で質素に行われた。アン王女は40代であり、ローレンスとの間に子供は生まれなかった。

アン王女は、1974年ロイヤル・ヴィクトリア勲章勲一等(GCVO)、1994年ガーター勲章(LG)、2000年シッスル勲章(LT)をそれぞれ授与されている。なお、夫妻そろっての王室行事では、チャールズ王太子夫妻やウィリアム王子夫妻、弟のウェセックス伯エドワード王子夫妻より下位となるが、女性だけの行事の際にはエリザベス女王の次席に位置する[2]。また、1971年昭和天皇訪英時には、勲一等宝冠章を授与されている。

21歳の時にヨーロッパ馬術選手権大会個人の部で優勝し、1971年のBBC・スポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー賞に選出。4年後に西ドイツで行われた同大会でも、個人・団体の2部門で準優勝という結果を収め、1976年にはモントリオールオリンピックにイギリス代表として参加している。

ロンドン大学総長、エディンバラ大学総長、ロンドン・シティ・ギルド協会代表、ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツ代表、ロイヤル・ホロウェイ総長、イギリスオリンピック委員会総裁を務めている。

1988年より国際オリンピック委員会委員を務め、2012年ロンドンオリンピックパラリンピック招致後はロンドンオリンピック・パラリンピック組織委員会理事も務めた。200以上のチャリティー活動に関わっている。

アン王女とチャールズ皇太子の子供時代の写真が可愛らしい。お転婆アン王女の写真を集めて見ました。

f:id:MeinFavorit:20210412193043p:plain

1952年バルモラル城にて

f:id:MeinFavorit:20210412203318p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412203347p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143503p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412193139p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412193205p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412193112p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412193120p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413173510p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413173525p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412193219p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143646p:plain  f:id:MeinFavorit:20210413143657p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412193255p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412193945p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413173550p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143745p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143756p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143810p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143824p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143840p:plain f:id:MeinFavorit:20210413143903p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413144022p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412202220p:plain

フィリップ殿下の1番お気に入りだったようです。お顔もそっくり。

f:id:MeinFavorit:20210412211442p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411074656p:plain

 アン王女も、30年前、10年前のワードローブをそのまま、もしくはリフォームしてお召しになることで有名なんだそうです。絹ですものね。ドレスに大金をかけたくない、という趣旨のことをどこかで読んだことがあります。堅実な感じです。

f:id:MeinFavorit:20210412202232p:plain  f:id:MeinFavorit:20210413144227p:plain

ちなみに、カミラさんの若い頃はこんな感じ。目鼻立ちがちょっとアン王女と似ているかも。

f:id:MeinFavorit:20210412204841p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412202248p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411080051p:plain f:id:MeinFavorit:20210412194031p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412194040p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412194055p:plainf:id:MeinFavorit:20210413144306p:plain

落ち着いた色のシルク・デシン。大人っぽいデザイン。シックですね。

f:id:MeinFavorit:20210413145003p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413145018p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413145040p:plain

ハイウエスト切り替えも素敵。

f:id:MeinFavorit:20210412194110p:plain f:id:MeinFavorit:20210413144343p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412211246p:plain  f:id:MeinFavorit:20210413144501p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413144601p:plain

 帽子もダブルというか凝っていますね。

f:id:MeinFavorit:20210413144522p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412194130p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412211307p:plain

ウエディングドレスとシルエットが似ています。大きなラッパの袖口も同じ。

f:id:MeinFavorit:20210413144706p:plain  

f:id:MeinFavorit:20210413144717p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412211317p:plain  

f:id:MeinFavorit:20210413144647p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412211202p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413173634p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412211212p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412202323p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412202332p:plain

ピーター・フィリップ氏、豪州人の女性との間に女の子を作ってしまったんですよね。

f:id:MeinFavorit:20210412201340p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413173726p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413145857p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413150005p:plain

左のワンピースを、右にリフォームされたそうです。

f:id:MeinFavorit:20210412194143p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413145922p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413150028p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413150105p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413150120p:plain  f:id:MeinFavorit:20210413150157p:plain

シャープな感じが良くお似合い。

f:id:MeinFavorit:20210413150229p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413150135p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412202402p:plain

チェックで、襟の内側を赤でトリミングしてあるのがおしゃれです。

f:id:MeinFavorit:20210412202352p:plain

親子お揃いのチェック

f:id:MeinFavorit:20210412202450p:plain

ティム・ローレンス氏と再婚

f:id:MeinFavorit:20210413145344p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413145142p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413145152p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412211342p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412194153p:plain

 

マナーのブログ

とっても面白いブログを発見してしまいました。

映画などから、マナーの実際の写真をたくさん掲載されているのが面白いです。椅子を引いて差し上げる国王や、皇太子の写真は、初めて拝見しました。常に気を配っていらっしゃるんですね。欧州王族達は、親戚同士だったりして、家族っぽい感じなのでしょうか。

フレデリックデンマーク皇太子50歳記念晩餐会にて、主賓の皇太子が、隣のマチルド王妃の椅子を引き、右端ではスウェーデン国王がマルガレーテ女王の椅子を引いていらっしゃる。

f:id:MeinFavorit:20210412141029p:plain

ハーラル・ノルウェー国王の生誕80年記念晩餐会にて、やはり主賓の国王自ら、マルグレーテ女王の椅子を引こうとされていますね。

f:id:MeinFavorit:20210412141252p:plain

blog.livedoor.jp

マナーついでに、王室の女性につきもののカーテシーcurtsyの写真を集めました。カーツィ的な発音ですが、カーテシーで定着しているようです。オードリー・ヘプバーンが映画マイフェアレディの中で、女王陛下にしたカーツィも大変優雅で素敵でした。

タイのシリキット王妃へご挨拶する美智子皇太子妃、かなり深いカーテシーですね。

f:id:MeinFavorit:20210412143739p:plain

ヨルダン・ラニア王妃へのアン王女のカーテシー。手を後ろに回すカーテシーは初めて拝見。

f:id:MeinFavorit:20210412183244p:plain

エドワード王子の奥様ソフィ妃の、この複雑なXにクロスするカーテシー。支えもなく、バランスいいですね。優雅。

f:id:MeinFavorit:20210412141427p:plain 

似たカーテシーで足が反対なのがベアトリス王女(アンドリュー王子の長女)

ダイアナ妃も深いですね。右足が床につきそうなくらい。

f:id:MeinFavorit:20210412143648p:plain f:id:MeinFavorit:20210412143948p:plain

ユージェニー王女(アンドリュー王子の次女)手を振っているのは、祖母のエリザベス女王に対して。

f:id:MeinFavorit:20210412185523p:plain

アン王女の長女ザラ・ティンダルさんと夫のマイク・ティンダル氏。クロスタイプですね。

f:id:MeinFavorit:20210412183308p:plain

そしてアスコットの正装でカーテシーをやってみるお茶目なティンダル氏

f:id:MeinFavorit:20210412183318p:plain

タイ・プミポン国王にカーテシーされるノルウェーのメッテ・マリット皇太子妃

俯くカーテシーと、目を合わせるカーテシーがありますね。

f:id:MeinFavorit:20210412202558p:plain

デンマークのメアリー王太子妃もかなり深いカーテシーです。

f:id:MeinFavorit:20210412144055p:plain

スウェーデン ビクトリア王太子のカーテシー

f:id:MeinFavorit:20210412144939p:plain

ベルギー・マチルド王妃への眞子内親王のカーテシーもかなり深いと思います。

f:id:MeinFavorit:20210412141449p:plain

 

美容室ジプシー

ただ今、ジプシー中です。10年担当していただいていた美容師さんが、次々とお子様を妊娠され、彼女が3回転職したたびについて行った私も、ついに次を探す羽目に。というのも、最後の美容室で、次の担当になった方も1年後には遠くの県へ転勤され、さらに次の方は、カットも毛染めも不満足と思ったので。仕方なく、全く違う駅にて一軒め、二軒めを試したところ。三軒めを探し中です。

私が理想とする美容師さんは、第一に腕が良いこと。カット良し、染めが丁寧なこと。毛染めの際に皮膚にボトンと液剤をこぼしても平気で、帰宅してから気がついたときのがっかり感たらありません。そしておしゃべりでないこと。興信所じゃないんですから、家族構成とか、お互いのことを公表する必要は全くないはずですよね。しかも昨今は、やたらと個人情報だから、と隠そうとする風潮なのに、なぜ美容室においては、どこに住んでるかとか、家族とか職業とか、聞かれなくてはならないのか不思議。

二軒めは、美容師さんが徒歩でいらっしゃると話されたので、むむ、それも面倒かもと。意外と近所かもしれないし。ということと、カットと染めももう1つだったので、次を探してみようと思ったところ。

なぜ初めてのお客さんに、どこが気になっていますか?とかこだわりのある部分はありますか?とか、髪は結ばれますか?とか、ニーズを聞かないのかしら?

それでいて、最後お支払いの際には、次、このひと来てくれるかしら?と美容師さんが強く思っているのが、ひしひしと感じられるんです。

なんかずれているわ、と思うのです。美容師さんは、本来技術で売る職業で、カット重視なのか、パーマをかけなくてもカットだけで内巻きでなるような髪型を望んでいるのか、パーマでくるりん、としたい希望なのか、そういうことに最も関心を寄せていただきたいんですよね。あとは皮膚が弱いか、かぶれる液剤があるか、とか。そういうことを、美容師さんから、あらかじめ聞かれたことが1度もありません。自分から、こういうものにはかぶれるので避けて下さいとか、言う必要があります。

世間話に、最もウエイトがおかれているみたいで、のんびりと雑誌を見ながら、綺麗にしてもらいたい、と思っている私と、とってもずれているんです。なんなら、希望さえ伝わったら、それ以外、お互い話しをしなくてもいいくらいです。美容室って大抵乾燥していて、話していると咳が出てくるし。コロナのせいで、暖かいお茶も出てこないから。二時間以上いたいところではなくなりました。

以前はたまの贅沢で、頭皮マッサージなるものも好きでしたが、これも施術する方の指圧が上手いからこそ、リラックスできるんですね。以前の美容室では、店長さんに加えて、頭皮マッサージが上手な方も転勤になってしまって、それもそこに行かなくなった原因です。この方は、口数少なく、指圧はしっかり、だったのでとてもリラックスできました。本当に、技術って人次第だな、と思いました。

以前は月に1度、都心に出て美容院で綺麗にしてもらって、帰りにデパ地下で美味しいおやつを買って帰る、というのが定番コースでしたが、コロナもあって、地元で探すことにしたのですが、近いというのは楽だわ、と思いました。

あとは最近、裏を見て、添加物が入っていたら、買わないことにしました。昭和初期からある、昔ながらのマカロンとか好きでしたが、裏を見て、残念、と買わなくなったものも。かるかんも好きですが、裏を見て、うーん残念。添加物を控える=お菓子を食べない という感じになって、ウエストも徐々に細くなっています。

 

民芸品

パリのアラブセンターを見学した時に、寄木細工がありました。箱根のものと、ほぼ同じと思いました。ですので、イスラエルから、はるばる日本まで、移住してきた、という説は、全くおかしい、とまでは思わなくなりました。文献は改竄できるし、嘘も書けますが、民芸品は生活品だから、それを作る民族ごと、移動してきた感じがするのです。

大昔の陸地は、現代よりはくっついていたらしいので、意外と早く来られたのでしょうか。あとは海ですよね。日本の本州がフォッサマグナで半分に分かれた島になっていて、東北は台湾近くにあったという飛鳥昭雄氏の珍説があるようです。天変地異で、二島はくっついたとか。

海部氏にも海が付いていて海運に縁がありそうですし、海も天もアマと読みます。どちらも天皇家に出てくる名称の一つですね。例えば大海人皇子天武天皇は、両方のアマがつけられています。

ヒンデローペンの工芸品の写真を探していたら、いろいろ似たようなものが出てきました。これはアンデルセンの物語なんでしょうか?

 

f:id:MeinFavorit:20210411112907p:plain

そして、扉が開いていると、ん?観音開き?仏壇?

f:id:MeinFavorit:20210411112919p:plain

天使が飾られていますが、ここにキリストやマリア様を入れていたんでしょうね。

隠れキリシタンも、観音様と称して、マリア様を拝んでいた、とyoutubeで見たことがあります。

f:id:MeinFavorit:20210411112933p:plain

漢字を作ったのが漢民族ではなくて、原始キリスト教徒だというストーリーが、「失われたミカドの秘紋」に小説として綴られていますが、とても面白いんです。1つ1つの漢字が、聖書のエピソードにちなんでいるという仮説。正しいかどうかなんて、わかりませんが、よくできたストーリーだなと思います。漢字の十にしても、十字架と言えば十字ですしね。

 

ブータンとヒンデローペンのペインティング

この建物は、ブータンの交通整理の交番のようなボックスだそうです。配色や花が、オランダのヒンデローペンに見られるペインティングによく似ていると思うのです。古代ブータンに遊牧騎馬民族がいて、フン族となって欧州へ移動したのでしょうか?なんてね。

f:id:MeinFavorit:20210411100152p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411100231j:plain

f:id:MeinFavorit:20210411100531p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411101626p:plain

canvasandcrumpets.com

ヒンデローペンは村だと思いますが、博物館の中の工芸品が素晴らしいですね。

唐草模様の先が、火の鳥になってます。これは初めて見ました。蛇に見立てるのではなくて、鳥?

f:id:MeinFavorit:20210411101432p:plain

デルフト焼きのようなタイルの下にもヒンデローペンのタイル?

f:id:MeinFavorit:20210411101456p:plain

skutsjezonderzorg.blogspot.com

 

「失われたイエス・キリスト「天照大神」の謎

飛鳥昭雄・三上たける著 学研

 

シリーズで沢山出ているのを知りました。このシリーズでは、初めて読んだものです。一言で言ってしまえば、身も蓋もないのですが、天岩戸の神話は、キリストの復活を描写している、と言うことでした。はい、天照大神=復活後のイエス・キリストだそうです。ここで、はぁ?と思われた方、聖書を読まれたことがない方ではないでしょうか。幸か不幸か、私はキリスト教の中学に通っていまして、授業の前に、聖書と賛美歌の礼拝が義務付けられていました。すっからかんに忘れているものの、ざっくりと旧約聖書を毎週授業で習いました。聖書の中間と期末テストもありましたよ。それで、なんだか歴史の授業みたい、と思っていましたが、それを思い出すと、なるほどね、という感じはあります。素っ頓狂ではありますが、書かれていることは何となく理解できる、というスタンス。それを信じるかどうかは、別の問題です。

まず大前提として、天照大神は、男性神の太陽神です。古事記ギリシャ神話にはエピソードに共通点がある、とは以前から読んだことがありました。そして、エジプト神話やギリシャ神話において、太陽神が男性なのに、日本だけ女性というのはちょっと不思議では?ということもネットで読んでいました。

また青森にキリストの墓があるという謎も読んでいたので、そこまで驚きませんでした。

現人神社、天降神社、天岩戸神社、その他、不思議な名前の神社はたくさんあります。

国宝になっている家系図を持つ、籠神社の海部氏。天皇家とほぼ同じ歴史が残っているようです。この宮司が出版された本には、このあたりの不思議な日本の歴史が書かれているようで、いつか読んでみたいと思います。

原始キリスト教徒が、東へ東へ、と新天地を求めて移動して辿り着いたのが日本だとか。物部氏秦氏もそうです。神道だと思われているものが、原始キリスト教なのだとか。秦氏は、弓月国から渡来したのでしたね。

中世において、有力な神社やお寺は異様に広く、ほとんどそれぞれが独立都市と言って良いほどで、治外法権でもありました。まるで日本の中に、いろんな国が林立していたような。高野山比叡山もそうです。そして、神社やお寺が入り乱れての戦争の時代。これが1番わからないのです。本来なら、宗教都市のはずですから。何を争って、そこまでお寺とお寺が武力で争ったのか?それとも人種が違っていたから?トルコ系、インド系、ペルシャ系、など様々な地域から渡ってきたでしょうから、お寺が宗派の違いというか、人種の違いもあったのかもしれません。

とにかく100歩譲って、神社が原始キリスト教だということを理解してみよう、と思いながら読めば、楽しめると思います。ただ、日本人ってどんな人々なの?とだんだんわからなくなってくるのも事実です。仏教にしても、純粋に仏教だけが入ってきたのではなく、ヒンドュー教の神様、ミトラ教ゾロアスター教景教と混じりながら、仏教として入ってきています。混じりっけのない宗教なんてないのでは?と思えてきます。

よく神社には、願い事にしに行くのではない。大晦日や元旦に、お礼を言いに行くところ。と読んだことがあり、それもそうだな、と思って以来、感謝を述べに行っています。人によっては、決意表明のために行くのだそうです。今年はこういうことをやります。お守りください。みたいな感じでしょうか。

そして、多神教ではなくて、実は一神教だというわけです。キリスト教ですね。神様が、たくさんの別名を持っていらっしゃるので、多神教に見えるのだとか。

ちょっと頭が混乱します。どのあたりで、折り合いをつけるか。自分は自分だけを信じる、でもいいし、アニミズムでもいいんです。それぞれの臓器も、意思や感情を持っている、というように矢作直樹教授も書かれていましたし。だから毎日、自分の臓器に感謝の言葉をかけている人は、若々しく見える、と矢作教授は書かれていました。

支離滅裂な感想ですが、生まれた時から、神社のない地域なんてありませんから、当たり前に神社に接していますよね。その神社が、何を表しているのか、こんな風に解説されたら、びっくりして当然だと思います。こんな話もありますよ、という感じでしょうか。