好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

あの戦争

昔、豪州の大学付属語学学校にいたとき、クラスは10人くらいだったのですが、日本人3人、スウェーデン人1人、残り6人が韓国人でした。ある朝クラスに入った途端、一人の韓国人女性が「独島を返せ〜!」とシュプレヒコールをしました。韓国語でしたが、間違いなくそういう意味であったと思われます。

別の日に、隣に座った30代前半と思われる韓国人男性に、「OOとXXにも聞いたけど竹島って知らないって言われた。君は?」と聞かれて、実は当時の私も全く知らない地名でありまして、「何それ?」と答えてしまったものです。

続けて私は、「古代、高句麗百済新羅という国と日本は仏像や僧など交流がありましたね。」と漢字を書きながら説明したところ(ハングルしかわからない人々と、知識階級は漢字も同時に勉強するとか)、その視点に、その韓国人男性はいたく喜んだようでした。つまり、韓国内ではやれ竹島だ、慰安婦だと騒がれるものの、おそらくその男性は日本に行ったことがあったか、もしくはビジネスで日本人と交流があり、一方的に日本が悪いという風潮には賛成し難いと思っていた節があるのです。そこに私が現代ではなく、古代の両国の交流に視点をずらして、カメラを引くように遠くから両国の関係がどうであったかと、違う見方を見せたので、それはいい考えだね、という風にニコニコしてくれたのです。

両国の古墳と出土品が激似であることも、以後どんどん発掘発表があり、王族同士の婚姻関係も想像できるわけですね。一期一会でそのクラス以後、私は大学へ、そのクラスの韓国人学生たちはみな社会人で、一時的に英語ブラッシュアップのために来ていただけなので二度と会うこともありませんでしたが、きっとそういう視点で見ていてくれるのだろうと思います。

それからだいぶ時を経て、パリの語学学校にいた時。シンガポール人の医師だという45歳くらいの男性から、「日本人は、昭和天皇に戦争責任があると思っているのか?」と聞かれました。こちらも不意打ちで、全く適当な答えも見つからぬまま、「昭和天皇はまだ若くて、陸軍に裏切られた。」的な答えをしたと思いますが、彼は納得できない顔をしていました。彼も、おそらく親族と日本軍との何らかの接触があり、真実を見極めたいと思っていたのでしょう。もっとしっかりした裏打ちのある答えが日本人としてできるようになりたいということもあり、また大正生まれの伯父が若くして戦死しているのに、どこで死んだかもわからず、骨ももちろん帰っていないことから、先の戦争は何だったのか、本を読むようになりました。そこでこのブログにも、戦争関連の記事がところどころ、出てくるのです。

今言えるのは、推理小説の犯人探しと同じで、経済的に最も利益を得た国際的団体が、国を跨いで戦争を起こしたグループ(ex.コンツェルン)である、という説が正しいのではないかということです。国対抗戦に見えるけれども、利を得る団体は国籍を問わないということ。利益団体の対立だということ。八百長が多かったとも読みました。

例えば王冠を捨てた恋で有名な、エリザベス女王の父王の兄、エドワード8世ですが、彼は英邁で戦争に反対していたため、謀略により英国追放になったという説があります。同様に、大正天皇は聡明で、戦争に巻き込まれないように馬鹿のふりをしていたが暗殺されたという説も読みました。同時代の英国と日本の戦争に反対だった君主に降りかかった似た運命。では昭和天皇はと言いますと、本心ではなく、やむにやまれず(家族を人質に取られた説も)、戦争に巻き込まれていったという説もあります。

また米国南北戦争(1861.4-1865.4)で使われた武器が、戊辰戦争(1868.1-1869.6)でも使用された。とどこかで読んだことがあります。武器が使い回しされていたのですね。きっと他でも国から国へ、中古武器の市場があったのでしょう。根来寺契丹(遼)へ武器を輸出していた記録があるのですから、以来ずっと武器市場が形成されていたのかもしれません。

多くの説があり、具体的にどれが真実なのかはわかりませんが、少なくとも朝鮮戦争においては、経済的利益を受けた団体は多かったようです。新井信介氏、落合莞爾氏の話が全て正しいとは思いませんが、以下気になったことを貼り付けておきます。これを聞いたyoutubeが今見つからないので、メモだけ。7月13日の記事と重複するところもありますが。

 

*226の決起将校は処刑されたことにして、北ベトナムビルマ方面に秘かに派遣され、重慶政府の蒋介石の後方かく乱(援蒋ルートの遮断)にあたり、ポツダム宣言後はそのままベトナム兵を米軍との戦いに鍛え、軍事指導した。

北ベトナム軍が日本、南ベトナムが韓国+米国軍  

 

*幕末に官軍に敗れた戊辰戦争 奥羽越列藩同盟の人々のうち、死んだのは半分くらいで、残り半分が敦賀から日本海を渡って羅津に着き、遼寧省に入って現地女性との間に子供を儲け、その子孫が現代の遼寧瀋陽)軍区の兵士になっている。羅津は応神天皇出身地。水戸天狗党は固まって行った。羅津ラジンはシナ人が入ってはいけないことになっていた。

 
*諏訪(真田)の軍法 負けて生かす
 

*蒙古馬賊=日本人 鎖国20年前の天保時代から行っている。

 

終戦時のシベリア抑留者80万人、50万帰国、10万が不明。米国学者の、あと20万人の兵士の生死が不明だとの研究があり、この人たちはどこに行ったのか。遺骨採集に行ったらない。

→中国人民義勇軍として北朝鮮へ行かされ、朝鮮戦争を戦った。
 
*李承晩が、山口県知事田中義一の息子31歳田中龍夫に6万人、南に入れてくれと頼んだ。
 
遼寧軍区、北部軍区、第五軍区 遼寧省民だが朝鮮語を話す。最新の武器は遼寧に与える。内戦があれば遼寧が勝つ、日本兵の子孫だから。遼寧軍に日本人を当てたのは周恩来がやった。周恩来毛沢東を騙してやった。
 
*核は四川省に持って行った。
 
どこかで拾った話

 *笹川良一が台湾から石油を輸入して、零戦に当てていたという噂。

マルガレーテ女王のファッション

私の子供時代は、母親たちが手作りの服を着せるのが普通でした。既製服は高くて庶民には手が届かなかったということもあります。伯母が洋裁学校の先生やオーダーの服を仕立てていたので、私が成人するまで伯母が冬のオーバーコートからジャンパースカート、ワンピース、スーツなどいろいろ作ってくれました。今でも何枚かのよそ行きをとってあります。伯母の頼まれものの絹などを触って育ったせいか、ちょっと指先で触ると、上質の絹とか綿ローンとか大体わかります。但し、化繊でとても似た布もあるので最近は見分けるのは難しくなりました。

イラストを描いて送ると、魔法のように伯母がそのとおりのデザインで服を作っていてくれたので、熟年になってから、オーダーを受けてもらえる仕立て屋さんをあれこれ探しました。絹ならここ、綿ならここで、と青森、仙台、新潟、千葉、岡山とネットで見つけたお店にオーダーしたことがあります。自分が描いた絵のとおりに、お洋服が出来上がってくるのは本当に楽しいものです。仮縫いをした方がベターですが。

伯母が明治の祖母の手紡ぎの着物からスーツやコートを作って着ていたので、私も伯母の着物からコートなど作ってもらいました。絹を着てしまうと、化繊を着たいとは思いません。通気性が違います。

デンマークのマルガレーテ女王は、おそらくご自分がデザインされたドレスや帽子をお召しになられているようです。また毎年、何年でも、同じワードローブをお召しになります。デザインからご本人が決めた服なので、とても愛着がおありなのでしょうね。可愛い色柄のレインコートもお召しで、見ていて楽しいですし、参考にさせていただいています。マルガレーテ女王は、自国バレエ団のコスチュームもデザインされています。愛煙家でも有名。煙草と共に写っていらっしゃいますが、かっこいい方ですね。

自然体で気さくな感じ、若い頃の際立つ美人ぷりが写真からよくわかります。若い頃はオーソドックスなファッションを、熟年からは奇抜なファッションも楽しんでいらっしゃるご様子。

ハイヒールを履いて身長180cm近いのでしょうか、見栄えのするお姿です。80歳になられても、真っ赤なマニキュアがお似合いなところは流石です。

幼少時代から現在まで、いつも仲の良い三姉妹。

f:id:MeinFavorit:20200801212033p:plain

f:id:MeinFavorit:20200801212125p:plain

左が女王、真ん中がベネディクテ王女、右が末妹のアンヌ・マリー ギリシャ王

f:id:MeinFavorit:20200730202425p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803193635p:plain

f:id:MeinFavorit:20200801211052p:plain

くわえ煙草でお湯を沸かす留学時代の女王。

f:id:MeinFavorit:20200730091715p:plain

f:id:MeinFavorit:20200801212220p:plain

なぜかバーンスタインに火をつけてもらう、マルグレーテ女王のすぐ下の妹、ベネディクテ王女。珍しい写真です。

f:id:MeinFavorit:20200730091939p:plain

f:id:MeinFavorit:20200801212329p:plain

父王と

f:id:MeinFavorit:20200803193602p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803194305p:plain

イングリッド王妃は、スウェーデン王女

f:id:MeinFavorit:20200803205855p:plain

f:id:MeinFavorit:20200801212426p:plain

お名前のマルガレーテ(マーガレット)のプラチナダイヤの?ブローチとイヤリングをよく愛用されています。ヘンリク王配の手の上に、女王の手が。

f:id:MeinFavorit:20200730084310p:plain

f:id:MeinFavorit:20200730202752p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803194513p:plain

 

f:id:MeinFavorit:20200802185031p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802184459p:plain

同じスーツをこちらはスカーフを襟の中に、お揃いの?スカーフで帽子のように巻いていらっしゃるのか、花柄の帽子なのかは不明。

f:id:MeinFavorit:20200803204931p:plain

とにかく嬉しそうなご夫妻。

f:id:MeinFavorit:20200803194027p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803205013p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803195400p:plain

花びらの形のカットの珍しいドレス

f:id:MeinFavorit:20200802185113p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803193725p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803200525p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802185134p:plain

f:id:MeinFavorit:20200730085416p:plain

父王が病死された時の写真でしょうか。

f:id:MeinFavorit:20200801212617p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802121527p:plain

f:id:MeinFavorit:20200730085335p:plain

f:id:MeinFavorit:20200730202541p:plain

f:id:MeinFavorit:20200730091739p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803194134p:plain

皇太子フレドリック王子の洗礼式

f:id:MeinFavorit:20200803193808p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803205048p:plain

おそらく次男ヨアキム王子の洗礼式

f:id:MeinFavorit:20200803194205p:plain

帽子とおりぼんはピンクなのですね。

f:id:MeinFavorit:20200803194100p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803194700p:plain

ミニスカートがお似合いです

f:id:MeinFavorit:20200803194925p:plain

なんのダンスなのでしょうね?楽しそう。

f:id:MeinFavorit:20200803195453p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802185707p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803194643p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803194549p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802184650p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803194757p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803194833p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802184928p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803195528p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803194901p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802185231p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803195307p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803195042p:plain

f:id:MeinFavorit:20200730092625p:plain

f:id:MeinFavorit:20200801204635p:plain

とても素敵なワンピース

f:id:MeinFavorit:20200730085712p:plain

この民族衣装、独特ですね。

f:id:MeinFavorit:20200730093857p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803205208p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803195621p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803195636p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803205238p:plain

バチカンにて

f:id:MeinFavorit:20200803195147p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803195220p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803205340p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803205355p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803205410p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803205430p:plain

ジャンパースカートが可愛らしいです

f:id:MeinFavorit:20200730085656p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803195741p:plain

f:id:MeinFavorit:20200730092649p:plain

このうさぎの耳のようなボウタイのブラウス好きです。

f:id:MeinFavorit:20200730092601p:plain

f:id:MeinFavorit:20200730092547p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802185302p:plain

ペーズリー模様がジャガード織りになっている絹のブラウスが素敵。後ろ開きのようですね。パールのブローチのつけかたも独特です。

f:id:MeinFavorit:20200802185356p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802185429p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802185520p:plain

スクエアネックがお好きのようです。

f:id:MeinFavorit:20200802193811p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802193723p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802185547p:plain

中世のコスチュームで出席するドレスコードのパーティのようです。

f:id:MeinFavorit:20200730202619p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803195817p:plain

f:id:MeinFavorit:20200730084248p:plain

f:id:MeinFavorit:20200730081223p:plain

おそらくこの下の二枚は同じ帽子と同じブラウスです。

f:id:MeinFavorit:20200730202712p:plain


f:id:MeinFavorit:20200730085943p:plain

f:id:MeinFavorit:20200730085910p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802193859p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803205510p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803205525p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803205552p:plain

フローラルエグレットティアラ 3つの部分に分かれるという珍しい形。

f:id:MeinFavorit:20200730090056p:plain

f:id:MeinFavorit:20200801204753p:plain

チョーカーがおしゃれ。

f:id:MeinFavorit:20200802193919p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802193943p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803195906p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803195925p:plain

マーガレットのブローチとイヤリング

f:id:MeinFavorit:20200803195944p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803200204p:plain

薄い絹デシンのワンピースとお揃いのコートのようです。完璧に色が合った帽子のセットでお召しになります。

f:id:MeinFavorit:20200803200028p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803205650p:plain

イギリスのガーター勲章

f:id:MeinFavorit:20200803200046p:plain

f:id:MeinFavorit:20200803200112p:plain

ヘンリク王配が子供時代ベトナムで過ごされたそうで、ベトナム公式訪問で、春巻き作りだそうです。

f:id:MeinFavorit:20200730094249p:plain

ベトナムの工場訪問の際、絵付けをされる女王

f:id:MeinFavorit:20200730091841p:plain

司祭に火をつけてもらう女王陛下

f:id:MeinFavorit:20200730092108p:plain

レインコート 二点

f:id:MeinFavorit:20200730085503p:plain

このレインコートが華やか

f:id:MeinFavorit:20200802193519p:plain

ロシア人形に扮して何かの朗読でしょうか?

f:id:MeinFavorit:20200802193617p:plain

バレエも遊ばします。

f:id:MeinFavorit:20200802194028p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802194523p:plain

このイエロー地の絹のドレス、バックスタイルが独特で、膨らんでいますね。おそらく女王のデザインなのでしょう。西陣織のようなバッグには白鳥が。

f:id:MeinFavorit:20200802194123p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802194204p:plain

そして何と、このドレスをリフォームされて、アフタヌーンドレスになさったようです。こちらも個性的。胸元がカシュクールのようになった、スクエアネック。凝ったデザインです。それとも同じ布で二着作られたのでしょうか。柄の出方が微妙に違い、袖の形も違うようです。

f:id:MeinFavorit:20200802194318p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802194343p:plain

ブラウスと帽子が同じ素材というマッチングがおしゃれ。

f:id:MeinFavorit:20200730084334p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802151631p:plain

マーガレットのイヤリング

f:id:MeinFavorit:20200803123143p:plain

赤とチェックの二着、前開きのファスナーって着やすそうです。

f:id:MeinFavorit:20200802151730p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802151659p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802185750p:plain

f:id:MeinFavorit:20200801111846p:plain

f:id:MeinFavorit:20200730203037p:plain

おしゃれなお部屋ですね

f:id:MeinFavorit:20200730085536p:plain

華やかな貝のイヤリング

f:id:MeinFavorit:20200730084413p:plain

晩餐会の途中でも

f:id:MeinFavorit:20200801212808p:plain

デコパージュ中の女王

f:id:MeinFavorit:20200730160638p:plain

2009年マルガレーテ女王が脚本、衣装、デコパージュによる舞台背景を担当された映画、アンデルセン「野の白鳥」が公開されたそうです。

女王のデコパージュ作品

f:id:MeinFavorit:20200730160712p:plain

女王が描かれたイラストのトランプ

f:id:MeinFavorit:20200730090514p:plain

 

f:id:MeinFavorit:20200802152030p:plain

f:id:MeinFavorit:20200802152216p:plain

18世紀に活躍したデンマークの有名な劇作家、ホルベアの時代のカップルを女王陛下がデザインされたカレンダー。レンダーとレオノラの出会いから結婚までデザインされている。

デンマーク絶対王政時代の王冠

f:id:MeinFavorit:20200730090141p:plain

www.stitchhouse.jp

royalhats.net

royalhats.net

adelswelt.de

Maurice Gendron

このバッハがとても良かったので、モーリス・ジャンドロンの動画を探したら、以前載せた、メニューインとの共演でチェロを弾いていた演奏家でした。ソロで聴くのは初めてです。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 愛弟子のために指揮するパブロ・カザルス

f:id:MeinFavorit:20200729151644p:plain

f:id:MeinFavorit:20200729151655p:plain

 

夏仕様の手作りマスク

3月17日に絹やガーゼの手作りマスクを載せました。アクセスの4分の1か5分の1は、マスクのページのようなので、こちらにも夏のマスクを載せておきます。

夏には二重ガーゼは蒸れると感じて、涼しさの王様、綿100% リバティプリント タナローンの布と、リバティプリントの麻綿50%ずつの布を使って夏用マスクを作りました。

 参考にしたのが、こちらの動画。

www.youtube.com

 

 夏仕様、リバティプリントの薄いマスク。ポケットはなしにしました。

右上の紫は麻100%の布、内側がリバティ タナローンという薄い綿100%の布です。左上のがリバティプリントの綿50%麻50%の布。反対側はリバティ タナローンにしました。残り4枚は、表裏どちらも同じリバティタナローンで作りました。ハリがないかと思いましたが、そうでもありません。接着芯などを使うと暑いので、布を二枚縫っただけです。夏のマスクは、サイズも小さめにしました。

 

この形を2枚カット、縫い合わせるやりかたは、表裏が同じ柄になります。縫う手間が少なくて楽な作り方です。

f:id:MeinFavorit:20200728135504j:plain

f:id:MeinFavorit:20200628124638j:plain

ピンクのマスクのゴムは、使い捨てマスクについていたゴム4本を使いました。柔らかくて良かったので。片方ずつ、二本を結んで使っています。

f:id:MeinFavorit:20200727174306j:plain

f:id:MeinFavorit:20200727174939j:plain

上のマスクの内側の柄

f:id:MeinFavorit:20200727174348j:plain

 

家紋、神紋

日本の伝統文化展という下記のページを見ていたら、珍しい紋を見つけました。

礼法で有名な小笠原家の松には、十字が入っているのですね。それから、高麗神社の代々の宮司は高麗(こま)家で、神社名と宮司の苗字が一致。もう一つ、鹿島神宮も代々の宮司の苗字と神社名が一致しているのですね。そして、高麗神社の神紋も、鹿島家家紋も、紋が鶴です。

f:id:MeinFavorit:20200727165214p:plain

 

f:id:MeinFavorit:20200727164444p:plain

f:id:MeinFavorit:20200727164406p:plain

 

f:id:MeinFavorit:20200727164417p:plain

鹿島神宮について見ていたら、12年に1度、御船祭があることに気がつきました。この辺りは、古代はもっと海が陸地に入っていたようです。その名残なのでしょうか。
www.ogasawara-ryu.gr.jp

www.tojoshinbun.com

kashimajingu.jp

kamon.myoji-yurai.net

Murray Perahia

マレイ・ペライアというピアニスト&指揮者を初めて知りました。バッハが1番響きます。

ギリシャテサロニキに起源を持つセファルディムユダヤ人母語ラディーノ語。熱心なユダヤ教徒でもある。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

Bach Busoni Ich ruf zu dir, Herr Jesu Christ BWV639

私がこのブログを始めるきっかけをいただいたフランツ様のクラシック音楽ブログ、「Taubenpost~歌曲雑感」より、ヘルマン・プライの息子さんによるヘルマン・プライのドキュメンタリー動画を見たら、切なく美しいこのピアノ曲に惹きつけられました。曲名を伺いましたところ、早速のお答えが。

バッハのコラール前奏曲「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ(Ich ruf zu dir Herr Jesu Christ)」BWV639 ブゾーニ編曲でした。

franzpeter.cocolog-nifty.com

 

ヘルマン・プライのドキュメンタリー、これです。このバッハの曲を探しました。この動画で弾いているのは、ピアニストのフローリアン・ウーリヒ(Florian Uhlig)とフランツ様より教えていただきました。ありがとうございます。

www.youtube.com

 

この曲は、バッハの信仰告白のようにも聞こえますし、ペライアの主よ、全てをあなたに委ねます、という信仰告白にも聞こえます。また、最後の晩餐の時、イエスがユダに、あなたは三度私を知らないと言うであろう、というエピソードをなんだか思い出してしまいます。物悲しいメロディが切ない感じがします。

十字架にかかったのはイエスの弟で、イエスは日本で亡くなったという話もありますが。青森にキリストのお墓がありますね。

 

動画を探しましたら、結構ありました。

ピアノ演奏では、マレイ・ペライア氏のこの演奏が1番好きです。

www.youtube.com

大御所ホロヴィッツの演奏もありました。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

フランツ様ご紹介のタチヤナ・ニコラエヴァの演奏です。

www.youtube.com

元々はパイプオルガンの曲。チェロと合わせた演奏を初めて聞きました。

チェロの中ではモーリス・ジャンドロンの演奏が1番好きです。ジャンドロンとフルニエの演奏は、暗くないんですね。厳粛ではありますが重くないです。フランス人気質でしょうか?

www.youtube.comCello:Pierre Fournier    Piano:Gerald Moore

6:59からBWV639です。フルニエも素敵です。チェロの音色が高く聞こえます。

O Mensch, bewein dein' Sünde gross BWV 622 0:00

Herzlich tut mich verlangen BWV 727 4:26

Ich ruf' zu dir, Herr Jesu Christ BWV 639 7:01

Nun komm, der Heiden Heiland BWV 599 10:19

www.youtube.com

Yo Yo Maのアレンジで、Mandolin:Chris Thile  Bass:Edgar Meyer のトリオ

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

あっさり淡々と弾かれていますが、嫌いではないです。

www.youtube.comちょっとゆっくりすぎと感じますがノスタルジックな演奏です。

www.youtube.com

厳かな感じです。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com