好きなもの、心惹かれるもの

本、音楽、陶器、織物、手芸品をご紹介します。

浅井一彦博士

本社は函館、ショップは東京成城にあるアサイフーズクリエーションに試供品を注文した時に、同封されていた冊子「浅井一彦物語」です。

外交官試験に合格していたのに、官報に合格者として名前を載せなかったミスがあり、外務省に入らず、企業大倉組に入社。後から外交官用パスポートは支給されたそうです。ベルリン駐在中、戦時にて防空壕に入っていたら、ユダヤ人女性が、娘を屋上の洗濯置き場に置き忘れてきたと泣きつかれ、助けに行ったら、爆撃で建物ごと火事になり、女の子を抱きかかえたまま屋上から飛び降りて気絶&骨折。一部始終を見ていた老将軍からの訴えで、当時の最高勲章をヒトラーから授与されたのだとか。副賞が新車。その後ドイツ人秘書だったエリカさんと結婚。妻と子供たちを疎開させている間、博士はソ連兵に捕まりドレスデンの監獄入り。外交官パスポートを軍人に見せたら、モスクワに送られ、釈放されたとか。

博士はドイツに残した妻子を助けに行きたくて、マッカーサーに英文の直訴状を書き、副官に手渡していますが、ビザという形もできる前に、許可は3日後に下りたのも流石です。結果としては、東ドイツにいた妻子は、スイス赤十字に移されて、そこから船で帰国の手配をしてもらえたという、恵まれたハッピーエンドになりました。昭和天皇から、紫綬褒章も授与されていらっしゃいます。

私が博士を知ったきっかけは、中村篤史医師のブログから。博士は他界されていますが、最近、米国のユダヤ団体から、ユダヤ人親娘の命を救ったことで表彰されたエピソードも書かれています。助けられた少女と母親が、長年博士を探していたのだとか。戦後はまだ終わっていないところがありますね。

製品も素晴らしいと思いますが、創始者の浅井博士の人生がすごくて感心してしまいました。私はここの基礎化粧品を買ってみました。麹会社の化粧品と迷いましたが。もともとお化粧はほとんどしませんので、肌荒れしないためのメンテナンスに良さそうと思って。

 

肥後翁のblog

非常に興味深い古代史のブログを見つけました。鳥居の話や、呉の国から王様が亡命してきたから、呉服という言葉も名残で残っているなど、既に読んだことがあるエピソードもありますが、1番面白いと思うのが、ベトナムの籠編みのボートです。桃太郎とか一寸法師とか、こういうボートに乗っていたイメージなんですよね。あとモーセが赤ちゃんの時に流されたというのも、こんな感じの籠だったのかも、と思います。

殷の鳥居という写真も興味深いですが、インドにも似たようなのがあったような気がします。石でできたものです。

blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp

 

オランダ王室の王太子の日

www.newmyroyals.com

 

馬車の屋根の上にクッションがあって、王冠の飾りって面白いですね。

長女のアマリア王太子、今まであまりメディアに出て来られませんでした。9月から大学生。ベルギーのエリザベート王太子は、少女の頃から公務に出て、3か国語でスピーチをして、オックスフォード大に留学、1年軍隊でも訓練済みであるのに比べると、おっとりとお育ちなのかもしれません。欧州の世継ぎは、王女様が多いんですよね。英国とルクセンブルグデンマーク以外は全部女王の時代が来るのです。

次男王子とローレンティン妃

 

英女王の棺はウィンザーに眠る BBC News Live

ウィンザーに到着した女王の棺を乗せたリムジンは、田園風景の中をゆっくり行進します。そして海外王族やトニー・ブレア首相なども移動されてきました。この長い距離移動に、海外王族の皆様もついていらっしゃるとは想像していませんでした。但し、聖ジョージ礼拝堂は小さいので人数制限があり、やはりマルグレーテ女王とフレデリック皇太子、スペインのレティシア王妃などこちらの葬儀にはみえていませんね。 64人のバグパイプ奏者が雰囲気を盛り上げます。写真は上から古い時系列になりました。

聖ジョージ礼拝堂前では、棺の到着の準備が整っています。

スウェーデン国王夫妻、オランダ国王夫妻が見えます。

ルーマニア女王夫妻とトニーブレア元首相

ヨルダンのハヤ王女。ヨルダン国王の母違いの妹になります。離婚調停中で、お子さん二人とロンドンで裁判を起こしたのが数年前だったような。乗馬が得意で、エリザベス女王とも親しかったのです。アスコット競馬でも女王とご一緒されていました。目立たないように、国葬でなくこちらだけ列席されたのかも。

バグパイプ音楽隊

最後のお別れに集まった群衆

女王の馬、エマもお別れ。右の方で待っています。

可愛い子ですね。女王の馬がアスコット競馬で優勝したことが1回あるのだとか。それが女王の夢だったので、とっても嬉しそうだったとか。

もしかすると、メインロードで花輪と待っていた馬と、このお城の前で侍従と待っていた馬と二匹いたのかもしれません。女王の乗っている馬と、侍従が乗っている馬と二匹の写真があるので。

コーギーのブリーダーとして、50匹は育てたらしいですね。

ここで再度合流されるロイヤルファミリー。エディンバラ公フィリップ殿下の時もそうでしたね。フィリップ殿下の葬儀もBBC Live で見たので、細部まであとでカットされそうなところまで見られて、ためになりました。

コックさんなど使用人もお見送りします。

聖ジョージ礼拝堂で、ミサが始まりました。海外王族の方々は、前の方の三列目に着席されています。

立っていらっしゃる席次1番のスウェーデン国王夫妻、隣がオランダ国王夫妻、その隣がスペイン国王とその母のスペインのソフィア王妃(ギリシャ王女として生まれたので、フィリップ殿下と親戚)、スペインのカルロス国王もいらっしゃいますね。

ベルギーのマチルド王妃とルクセンブルグのアンリ大公、後ろがアンヌ・マリー ギリシャ王妃です。

ウィリアム皇太子とジョージ王子、キャサリン皇太子妃とシャーロット王女

エドワード王子とソフィ妃

それまで棺の上に安置されていた君主の芍、球、王冠を返却する儀式があるのですね。

この男性の手がブルブル震えていて、落とさないかとヒヤヒヤしました。

海外の王族方は、入り口から正面を見て、左側の3列目です。

どこかで見覚えがある顔だと思ったら、この宣言をされている方は、チャールズ3世国王就任を宣言した男性と同じなんですよね。どのような役職の方でしょうか。ここではcrown jewellerと書かれていますが。

エリザベス女王が使った小さい旗を、棺にかけているところだそうです。

全ての式次第が終わり、左奥の近道通路から外に出て、司祭に挨拶するチャールズ国王、カミラ王妃、アン王女夫妻、ウィリアム皇太子一家。

これで一連の葬儀儀式が全て終わりました。最後に、夫エディンバラ公の隣に棺を安置するところは非公開です。ついに徹夜して、ライブを見てしまいました。

エリザベス女王国葬列席の王族

BBCの生中継では、海外王族の方々は、全くアップで映らなかったです。

www.newmyroyals.com

敬礼の手のひらの形って、いろいろあるのですね。ウィリアム皇太子は、手のひらの内側を外側に向けるスタイルなのでしょうか。手袋の割れ目が見えているので。チャールズ国王とアン王女は、手の甲を外側に向けるスタイル。

キャサリン皇太子妃とジョージ王子、シャーロット王女

このパールのチョーカーは、エリザベス女王来日の際、日本政府が贈ったものだとか。

ソフィ妃

アンドリュー王子の長女ベアトリス王女

アンドリュー王子の元妻サラ・ファーガソン

エリザベス女王の従兄弟マイケル・ケント王子の長女レディ・ガブリエラ・ウィンザーと夫のトーマス・キングストン

国葬の際、アン王女の長男ピーター・フィリップスのお子さんサバンナとアイラと、長女ザラさんのお子さんミアの3人も列席していたのですね。ピーター・フィリップスは、お棺の後ろを歩いていたので、妹のザラさんと夫マイク・ティンダルと一緒に入場しています。

アン王女の長女ザラ・ティンダル、その後ろがユージェニー王女と夫、ベアトリス王女と夫、エドワード王子の長女レディ・ルイーズと長男ジェームズ子爵。

ゲストの海外王族の方々 デンマークのマルガレーテ女王とフレデリック皇太子

アンヌ・マリー・ギリシャ王妃とパブロフ皇太子、マリー・シャンタル皇太子妃

ベルギー国王夫妻

モナコ大公夫妻

ノルウェー国王、ソニア王妃

リヒテンシュタイン皇太子夫妻

ブータン国王とジェツン・ペマ王妃

ヨルダン国王とラニア王妃

ルクセンブルグのアンリ大公とマリア・テレサ大公妃

 

 

マレーシア国王夫妻の後ろがモロッコ王族と中東の王族の方々ですが、顔が見えないです。

このラッパはどの場面で吹かれたのか不明ですが、衣装が綺麗なので。

靴のバックルが可愛いですね。

www.bbc.com

www.thecourtjeweller.com

 

The State Funeral of Queen ElizabethII BBC News Live

Liveでご覧になれます。写真は時系列の新しいものが上です。

今は、海外からのゲストが続々入場され、英国王室の親戚の皆様も入場されているところ。そしてチャールズ国王とウイリアム皇太子一家がリムジンに乗って移動。バグパイプの音楽隊の伴奏で、棺はウエストミンスター大聖堂へ。花輪がピンクの薔薇に変わっています。ミサが始まりました。海外王族ゲストの最上席は、デンマークのマルグレーテ女王ですね。その隣がフレデリック皇太子。

ミサが終わり、棺はまたパレードして戻ります。次々と途中から合流するロイヤルガードの隊列が見事ですね。空軍、陸軍、海軍、衛兵、音楽隊、大集合の葬送パレードです。記録映画として見ても、アングルが綺麗だなと思います。プロデュサーがうまい。エディンバラ公の葬儀はコロナ中で、ウルトラ縮小されて音楽葬という感じでした。女王の棺のパレードは本当に長い長い距離でした。でも音楽の種類は少なくて、パレード中は全部同じでしたね。

アン王女と夫のVice Admiral Timothy Laurenceは、棺の後ろのリムジンに乗車されて、もう少し最後まで、見送りに行かれたように思います。副提督か司令官か将軍?肩書きの和訳にどれがふさわしいのかわかりません。youtubeに葬儀のダイジェストや、フルバージョンはアップされると思います。棺を載せたリムジンは、エディンバラへ向かっていますが、道路には最後のお見送りをする国民の方々で埋まっていますね。

www.youtube.com

 

棺はリムジンに移されて、エディンバラへ向かいます

棺を大聖堂入り口で見送るソフィ妃、キャサリン皇太子妃、ジョージ王子、シャーロット王女

バグパイプが最後なのがお決まりなんですね。

God Save the Kingを聞くチャールズ国王

海外国賓最前列のマルガレーテ女王、隣がフレデリック皇太子、スウェーデン国王夫妻、オランダ国王夫妻と前オランダ女王

離婚したアンドリュー王子の妻、サラさんもユージェニー王女の右に出席

www.bbc.com

 

Queen Elizabeth II: A life in pictures

 

戦時中、エリザベス王女が車のタイヤ交換など整備士をされていたのは知っていました。

 女王は、石炭チップの地滑りによってパントグラス中学校が飲み込まれ、144人(うち116人は子ども)が亡くなった8日後に、ウェールズのアバーファンの村を訪れました。女王は目に見えて感動し、それは女王の治世の中で最も感動的な瞬間のひとつとなりました。

On 29 October 1966, the Queen visited the Welsh village of Aberfan, eight days after a coal tip landslide engulfed Pantglas Junior School killing 144 people, 116 of them children. The Queen was visibly moved and it remains one of the most emotive moments of her reign
この写真は初めて拝見しました。ウインザー城で火事があり、修繕費を稼ぐために、有料で見学ツアーを催したのですね。

世論は、政府が城の修繕費を出すことに反対であった。王政は守勢に回り、バッキンガム宮殿は資金集めのために訪問者に開放された。女王はビスレーで陸軍ライフル協会と標準的なSA80ライフルで最後の一発を撃った。

 The Queen enjoyed a swell of support that summer as she celebrated her Golden Jubilee. Huge numbers turned out for a parade and a million people crowded into The Mall on the evening of the Jubilee on 4 June.

これぞ豪華絢爛な王室のイメージですね。他にも写真が掲載されています。

www.bbc.com