好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

「花紋折り 内山光弘の世界」

柳 宗理 監修・編集 和菓子や駅弁の入っている、1枚の紙から折られた折り箱ってありますね。 青と黄色の八角の折り箱がおしゃれです。 立体花紋折り、と内山光弘氏は名付けました。 立体の箱タイプは上記の七点のみで、あとは全て平面のものです。残念なが…

KIMONO PROJECT

世界の国々のイメージで作られた振袖の数々が、百花繚乱、豪華絢爛で、ため息ものです。花、鳥、象、麒麟、馬、建物、風景、海の柄が国々に合わせてデザインされています。振袖と西陣帯の素晴らしさもさることながら、帯揚げ、帯締め、モデルさんの髪飾りも…

「江戸・明治のちりめん細工」

ヨーロッパのバッグを見て来たので、今度は日本の伝統手芸のちりめん細工のバッグをご紹介します。 この鶯の小袋は、個人的に欲しい〜と思ったデザイン。 お琴の爪を入れたと言われる牡丹の花袋。明治末期から大正時代 底まで凝るのが日本人らしい 椿の袋物…

Sacs レースと刺繍バッグ

19世紀後半 絹の刺繍バッグ フランス 1920−1940年 ブリュッセル レースバッグ 1920年代 機械編みレースのバッグ フランス 1910年代 アイルランドの鉤針編みのバッグ 1920年代のフランス刺繍のバッグ 1920年代のプチ・ポワン刺繍バッグ オーストリア 1920年代…

Sacs ビーズのバッグ

1826年 ドイツ 19世紀 ヨーロッパ 1820-1850年 フランス 19世紀 オランダ 5本の編み針で制作するだなんて、驚きです。 1820年代 ヨーロッパ 1920年代 ドイツ 1920年代 イタリア 1920年代 ドイツ 1830年代 オランダ 1910-1920年代 ヨーロッパ 1920年代 …

Sacs ヴァニティケース・鼈甲&象牙バッグ

私には、これは印籠に似ているように見えるのです。パリ万博などで、日本の文化が知られて、真似されたのだと思います。 新素材のバッグ このコインパースも、どことなくジャポニズムでは? 1820年代 フランス この絹の布地も、日本のものなのかもしれません…

Sacs コインパース・土産用バッグ

土産品としてのバッグ これは日本のハンドバッグです。中央に富士山の描かれたがま口が見えます。

Sacs 手紙入れ・結びポケット

レティキュールと作業バッグ

Sacs 初期のバッグとパース

The PEPIN PRESS 中世からの珍しいバッグの写真集です。まずは中世の部分から。 巾着型は、江戸時代にもあります。 シャトレーンとは、これのことです。

マカロン

家中の引き出しを開けて、断捨離をしたあと、手芸の材料が残りました。いつかやろう、と思いながら、10年ほど経ったようです。作り方を忘れてしまっていたので、1つ目が完成するのに5時間近くかかってしまいました。直径3.5cm、4cm、5cmのプラスチックの丸…

捨てるということ

物を捨てる、ということは、過去を捨てることだな、としみじみ感じました。月日とともに、自分の体型もお月様のように、痩せたり、太ったりしますし、好みが変わって、良い素材なのに、気がのらないものがありますね。洋服なら、これを着ていた時、会った人…

オードリー・ヘプバーンの着物姿

getnews.jp 偶然発見した、若き日の彼女の着物姿。竹久夢二の絵のようです。ポーズは誰がつけたのでしょうね? 1983年初来日、1987年と1990年も来日されたのだそうです。1990年5月は、庭園紀行のDVDを撮影するため、京都の西芳寺(苔寺)やパナソニック迎賓…

ルクセンブルグ シャルル王子

ルクセンブルグ大公のギョーム大公世子に、待望のベビーが昨年5月10日に誕生。お目目がぱっちりに、キューピーさんのようなお顔がとても可愛い。幸せな気持ちになりますね。 1歳になられたばかり。 ステファニー妃のヘアスタイルが、古風な感じで素敵。

フィリップ殿下のアイディア

The Advertiserというサイトに "Prince Philip secretly planned bizarre detail of his own funeral"という記事があります。 Prince Philip secretly arranged one strange detail for his own funeral – and it hid in plain sight as the whole world wat…

Edwina Mountbatten, Countess Mountbatten of Burma

ルイス・マウントバッテン伯爵、つまり初代マウントバッテン・オブ・ビルマについて。父も母もドイツ系ではあるのですね。調べて行くと、まさにアガサ・クリスティの世界ってこんな感じだったのだろうな、と感じます。家系は、右から左へと忘れていきますが…

Royal Collection Trust

英国王室の宝物を発見。インドの、特に金細工が素晴らしいです。 www.rct.uk 鯉に見えますが、なんとなく顔がライオンぽい。 ライオンの香水入れ。初めて見ました。 日本の正倉院御物にある、貝を象嵌した御物に似た意匠ですね。 www.rct.uk レオナルド・ダ…

ドールハウス作家 磯貝吉紀

Luntaさんのブログで、ドールハウスの第一人者、磯貝氏の作品を初めて目にしました。あまりに緻密で素晴らしいですね。ただただ、見惚れます。和風のドールハウスも味があります。 doing-art.co.jp www.youtube.com

プチ・ポワンのポーチ

久家道子さんのプチポワンの刺繍を買っておいたのですが、どこに使おうかと迷った挙句、手提げでなくポーチにつけてみました。1枚目は同系色でぴったり合いました。麻の布地、レースも麻です。2枚目も麻の布地、レースはポリエステルと思います。 3枚目と4…

芸術としてのイースター・エッグ

民族衣裳について調べていたら、とても素晴らしいブログを発見しました。民族衣装の写真も素晴らしいのですが、目を惹かれたのが、こちらのシャーマンらしき巫女のタマゴ。アボリジニの芸術にも少し似た感じがあります。ウクライナのピサンキアーティストで…

リメイクのウェディングドレス

エリザベス女王の次男アンドリュー王子の次女、ユージェニー王女のウェディングドレスが、昔のエリザベス女王のドレスによく似ていると思いました。襟がそっくりです。女王のワードローブを参考にデザインされたのでしょうか。 ブーケに青い花が入っています…

The Countess Mountbatten of Burma

フィリップ殿下の葬儀リストの最後の方にあった、この女性について、たった30人の親族リストに入ったこの方はどなた?と多くが興味を惹かれたようです。 簡単に言えば、フィリップ殿下の叔父、Lous Mountbatten, the first Mountbatten of Burmaの孫息子であ…

チャールズ皇太子殿下の一面

チャールズ皇太子が、こんなに楽しい方であるとは、知られていないのでは?以後も見つけ次第、ここに追加したいと思います。 エリザベス女王の私的ビデオから。とても楽しそう。 www.dailymail.co.uk フィリップ殿下が、子供たちに負けず劣らず、遊びを楽し…

ヨセフィーネ王女の変顔

デンマークのフレドリック皇太子の第三子と第四子、ヴィンセント王子とヨセフィーネ王女の写真が可愛らしくて微笑ましいので、ご紹介。バルコニーでの表情も、なんとも言えません。 左がヨセフィーネ王女、右がヴィンセント王子 メアリー皇太子妃が、幼稚園…

英国王室のタータンチェック

英国王室の方々がお召しになるタータンチェックを集めてみました。TUNDRAというネクタイブランドさんのブログが興味深いです。 「戦争を繰り返していたスコットランドとイングランドが、「グレート・ブリテン連合王国」として1つの国になったのが1707年。こ…

マルグレーテ女王陛下の趣味

マルガレーテ女王が、園芸、バレエのコスチュームデザイン、童話翻訳、クロステッチ刺繍デザイン、ご自身の衣装デザイン、朗読、考古学を趣味とされていることは知っていました。このほど、女王の刺繍コレクションの展覧会がデンマークで開かれているとか。…

CHOR GESANG - Das Musikmagazin

CHOR GESANG - Das Musikmagazinというドイツのチャンネルが、フィリップ王配殿下の葬儀に演奏された音楽のリストを正確にyoutubeにあげているのを見つけました。 何年も前から、フィリップ殿下によって練られたプログラムと緑のランドローバーだったようで…

Prince William of Gloucester

英国王室に関わるyoutubeの番組が、随分多く出ているんですね。 www.youtube.com www.youtube.com その中で、ちょっと意外なビデオが。エドワード8世の甥にあたるウィリアム王子 Prince William of Gloucesterが、東京の英国大使館に勤務している間に、ハン…

Edward Elgar

エルガーといえば、「愛の挨拶」「威風堂々」がすぐ思い浮かびますが、フィリップ王配殿下の葬儀でエルガーのエニグマより、ニムロッド、そしてエルサレムの2曲が演奏されていたのを見て、おや、英国王室とエルガーの関係は?と思ってwikiを見てみたら、も…

Darren McGrady

ロイヤルシェフは何人かいらっしゃるようですが、このダレンさん、エンターテナーですね。コーギーのぬいぐるみ、ウインストンに着せ替えもして、コミカルです。コーギーのためのお料理も作っていたそうですし、初めての仕事に人参の短冊切りを頼まれ、この…

Secrets Of The Royal Kitchens

シラク大統領夫妻を国賓に迎えた時のビデオがあり、こちらも面白く見ました。 国賓は、ウィンザー城内の、ゲストルームに宿泊されるのですね。お城の手前で、なんらかのデモがあり、大統領も30分遅刻されました。そしてお城の玄関にお出迎えされたのが、フィ…