好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

古代の水筒?

大変珍しい土器です。携帯用の水筒?

 

「和田家文書のスキタイ・ゲルマンについて」西坂久和 に以下の文章があります。

 

和田家文書では、「黒竜江を遡り、モンゴルから西山靼へと通じる北方草原の道」が発達していたと伝えています(竹 田侑子氏による要約)。これらの道は、縄文時代から交易路 として発達していて、全ユーラシア的に共通な文化圏を形成 していたのではないか。

https://iush.jp/uploads/files/20191119162225.pdf

f:id:MeinFavorit:20200707205530p:plain

日南田遺跡9号住居出土

 

この銀製に金の鍍金の壺も、水筒のような気がするのですが。右に見える模様はキルギスのものとよく似ていますね。中央に座っているのは鹿。唐草模様の縁取りの飾りもあって、ペルシアの影響もあるようです。

f:id:MeinFavorit:20200707205158p:plain

10世紀遼時代 内モンゴル自治区赤峰市洞後村窖蔵出土 高26cm 長21cm

 

ここで、遊牧騎馬民族は文字を持たなかったという噂を吹き飛ばすような調査結果の記事を発見。18という数を表すのに、なぜダビデのマークを使ったのでしょうか。景教徒だったのでしょうか。

 

看点快報というサイトで、富察春兵氏が書いた記事

司馬遷匈奴人に文字はない、と書いているが、考古学的発掘調査により、匈奴フン族)が文章を書いたことが確認されています。モンゴル高原のアルシャンヤン阿尔善岩地域とチャガン查干河地域では、中国、モンゴル、ロシアの考古学者によって分類された520のシンボルが銀山岩にもあります。彼らは明らかに独自のシステムを持っています。これは繰り返し発生するシリーズであり、単一または時折の兆候ではありません。これらの字の一部は、古代の北ヨーロッパルーン文字にも似ています。」

 

著者: 芒·牧林

古代突厥語の起源を探る新しい探求

 

2004年の中国国家古代文字研究協会のシンポジウムで、古代突厥語のアルファベットはどこから来たのか? この疑問は人々の研究のホットな話題となりました。 古代トルコ語と北欧地域で使用されている「ルーン文字」を比較した後、全会一致で確認したことは、 両者は非常に似ており、 そのシンボルシステムは、点、線、孤立、円で構成されており、その一部は同一だということです。

1889年モンゴルのオルホン草原を率いる調査チームは、古代突厥語の経典を刻んだ2つの石碑を発見しました。 この記念碑は後に名前が付けられました 「Chitler Monument」と「Vega Khan Monument」 。 デンマーク、ロシアおよびその他の国の考古学者は、モンゴル北部のエニセイとシベリアの草原にて古代突厥語の碑文が刻まれた石版を発見しました。 これらの碑文は、「エルフン」、「エニセイ」、「シベリア語」と呼ばれたり、「エルフ・エニセイ」と見つけた地名に応じて呼ばれたりしました。  さらに、これらの碑文文字は、北欧地域での考古学的発見の初期に「ルーン」と呼ばれる文字に非常に似ていることが発見されたため、2つは同じ種類のスクリプトであると誤って考え、「ルニ」と名付けました。 1893年までに、デンマーク言語学者V.トノムセンはこれらの碑文を最初に解釈し、記録したと判断しました。以来、古代トルコ語は北欧地域の「ルーン文字」とは区別され、「トルコ語ルニー」と呼ばれ、最終的に「古突厥文(古代トルコ文字)」と名付けられました。

「古代突厥文Ancient Turkic」は、39の基本記号に加えて、特定の記号の異形および異形を含む合計90の記号を含む音素と音節の混合です。 碑文、写本などの資料により、古代突厥語の発生は552-744 AD蒙古草原で活動していた突厥汗国時代であると学者達は認識しています。

古代突厥汗国、回纥汗国(ウイグル可汗国)、トルファンの高昌回鹃王国、および古代突厥語を話す他の遊牧民族グループがこの文字を使用しました。 また、黠戛斯、骨利干など言語的に近い民族も、使用しました。

突厥人は、中央アジアのソグド人を経由して、古代エジプトフェニキア人の書記体系のアラム語に接し、古代トルコ語を作成しました。たとえば、古代トルコ語スクリプトを最初に解釈したトムソンの比較研究の結果、古代突厥文の38文字に含まれる23のシンボルは、アラム文字と同じまたは類似していました。 アラム語がエランや中央アジアの他の場所を通じて古代トルコ語に導入され、古代トルコ語の記録に変換されたのではないか。

Gulyashtoni(K y shtoniy)は、北梁が北魏により絶滅した後(AD 439)、突厥族阿史那氏の祖先が沮渠氏の残党を追って、トルファン盆地に高昌王国を樹立したと信じていました。ずっと前からそこに住んでいたソグド人を通じて、阿史那氏はアラム文字に接し、突厥語に適合させて、古代突厥文字を作成しました。キセレフ、シェルバックなどは、西暦6世紀と7世紀に西突厥人が七河地域にトルコセンターを設立したと信じていました。そこには多粟特人(ソグド人)がたくさんいました。

山田信夫は、六世紀後半、木杆可汗在位时の553—572年、中央アジア征服の際にアラム文字(阿拉美文字)に通じたことが可能だと言います。

古代突厥人は一族と部族の印を使う習慣があり、どこに行っても岩にこれらの印を刻みました。一部の学者は、古代突厥語のアルファベット記号がトルコ語の刻印記号に非常に類似していることに気付いたため、古代トルコ語はその「刻印記号」または「岩絵記号」に由来すると示唆しました。

内モンゴルの著名な考古学者盖山林氏は、30個の記号を引用し、古代突厥文字と比較し、 「古代突厥文字は岩絵記号から開発されました。 突厥語の文字のほとんどは、岩絵のシンボルから来ています。突厥語のアルファベットは、古代からの遊牧民のロックアートの昇華の産物です。突厥語は、岩絵のさまざまな記号(標識、マーク)から直接派生しています。」と述べました。

ギリシャ語のテキストは古代エジプトフェニキア語のスクリプトに由来し、ソグド語のテキストはアラビア語の改革に由来し、チベット語サンスクリット語に由来し、日本語のカタカナは漢字に由来します。但し、「古代突厥語」と「アラム語」の間の継承関係の明確な痕跡は、同じまたは類似した形式の小さなシンボルを除いてありません。 たとえば、同じ記号の発音を古代突厥語とアラム語の間で比較すると、記号の発音に対応する状況はありません。古代突厥語とアラム語の間に父系の可能性はありません。

中国の突厥学研究の専門家である耿世民氏は、次のように指摘しました。 突厥人がいつ、どこでアラム語接触し、それを古代突厥文のプロトタイプとして使用したかという問題は、まだはっきりしていません。古代突厥語は「岩絵記号」と「馬印」記号のに由来し、それには一定の理由と事実があると私たちは信じています。 しかし、古代突厥語のスクリプトの誕生の起源に関しては、議論は十分になされていないと感じています。たとえば、薛宗正氏によって特定された古代突厥語の「馬印」の原型は、記号の形式の点で、古代突厥語の作成の記号システムと密接に関連していません。古代突厥起源の理論をより完全にし、歴史的事実に近づけることを望んでいます。

(1)古代突厥語の祖先は、古代北部草原遊牧民の氏族と部族の刻印されたシンボルシステムです。(古代の岩絵のシンボルと牛と馬のマークを含む)

広大なモンゴル高原アルタイ地方、遼河流域、シベリア地方、銀山、ヘラン山脈には、似た形や似たスタイルの岩絵の符号が沢山あります。その数は500種類以上です。上記の地域の荒野と山岳地帯の岩に残っているペトログリフは、山戎、蛮夷、 猃狁、丁令、匈奴、东胡、鲜卑、柔然、拓拔、突厥、回鹘他の多くの遊牧民族を含む人々と共に彼らの文化的遺産を記したものです。時代の上限は5、000年前の新石器時代で、下限は紀元10世紀頃です。これらのペトログリフのどれがどの国によって作成された遺産に属しているのかについては、はっきりと区別するのは難しい問題だと思います。

たとえば、O、+、1、X 、、、、、などの記号は、新石器時代の陶器の記号から「匈奴」や「古代突厥語」まで見ることができます。夏商周時代の古代碑文、甲骨文、漢字の前身の女真文、契丹文等、古代の祖先が使用したシンボルの作成と刻印から作成されたと考えられています。古代の古代突厥語のアルファベット記号から、それらの古代の氏族や部族が刻印されていることがわかります。また、古代の突厥人は、文字を作成したときに、先祖が残した岩絵のシンボルの継承を選択しました。筆者は、何千年もの間受け継がれ、残された北部遊牧族の祖先によって作成された、岩絵記号と刻印記号が、古代突厥文字の創始者であると信じています。

(2)「匈奴」の符号は、古代突厥語のスクリプトを作成するための青写真です。 古代突厥語の90の符号は、基本的に匈奴文と同じで、同じ頻度で90%以上に達します。

匈奴‘戎书’”とは、匈奴が作り、使用する独自のスクリプトを指します。 匈奴フン族)は確かに独自の言葉を持っていました。

元史訳補足の報告によると、 「匈奴阿提拉アッティラは、西部王国の使者と連絡を取り、古い詩や聖歌がありました。ローマ人にはフン族があり、匈奴にもラテン語があります。」 

匈奴文とはどのような文字でしょうか。モンゴル語《甘珠尔经》(つまり《大藏经》)の第六十卷九十一面に匈奴文字があります。

9世紀末の北欧地域のハンガリー人とアヴァール人(柔然人)の墓から、点、線、フック、孤で構成される死文字が見つかりました。 人々はそれを「Runic文字」と呼びました。筆者は、匈奴柔然の遺物に刻まれた文字を、ロシア、モンゴル、ハンガリーブルガリア、ドイツのスカンジナ地域、中国の承徳地区にある匈奴の古墳と古代都市遺跡から収集し、136個の匈奴符号を整理しました。

ここで収集された136個の「匈奴」符号には上記の20種類以上のシンボルがあり、それらは異なる符号の共存です。 古代には、文字が完全に標準化される前は、甲骨文のように、記号が上下左右逆に書かれるのが一般的でした。

第二に、匈奴の符号は、一族や部族として一般的に使用されるものと混合されています。第三番目に、匈奴の符号は、ハンガリー人が北ヨーロッパに移動したときに持ち込まれたRunic文字を基本的に含みます。これらは、800年以上(3世紀から11世紀)に広く使用されています。「ルーン文字」は、元のハンガリーの標準化の遺物かもしれません。

2000年以上前に出現した「匈奴文」(つまり、匈奴が西に移動する前に創生された古代匈奴語)の起源を追求すると、古代北部の遊牧民とその祖先に由来したと明確に答えることができます。新石器時代に入ったときから、祖先が作成し使用し、子孫に受け継いだ、核家族の刻印された印システムです。

注:「紅山文化」の初期の陶器は、内モンゴル翁牛特旗ウェングニュートバナーにある石棚山の古代の墓から発掘されたもので、年代は約6000年前です。 西安の盤浦と馬祖廟から発掘された陶器の人物像は5000年前に遡ります。

時代が不明ですが北米で見つかったインディアンの符号文は、1万年前のアジア大陸からのインディアンの祖先によってもたらされた文化的遺物であると推定できます。 ブラジルの岩画の符号もそうです。祖先から継承され、広く使用されている、モンゴル人種のさまざまな支部の氏族および部族の刻印された符号です。

その後、モンゴル人種族と部族の複製、分化、移住により継続的に変換され、追加されて、現在アジアの広大な地域全体で見られる多数の刻印、符号が形成されました。 陶器に刻まれたものは「陶符、陶文」と呼ばれます。 生産および生活用具に刻まれたものは、「銘刻記号」と呼ばれます。 金属製の鈴、三脚、ナイフ、通貨などに刻まれているものは「銘刻」と呼ばれます。

“金文”、“甲骨文”、“漢文”、“匈奴文”、“彝文などのさまざまな古代中国の文字は、祖先から持ち帰り、新しい活力を与えるために使用した一族の刻印記号です。

従って、匈奴文は、北部草原の遊牧民族によって作成された最初の文字です。 この事実は、古代突厥語と匈奴語が、岩絵に現れる古代の氏族や部族の印、符号とまったく同じであることを示しています。

古代突厥語と匈奴語の間にはおそらく何らかの起源の関係がある。理由は、 まず古代の突厥語のアルファベットを「匈奴語」と「ルーン文字」の記号と比較し、北欧地域の発音と同じ割合が90%以上です。古代突厥語のアルファベットと匈奴語の文字と匈奴語のルーン文字異体字の比率は全く同じで、3つの関係を反映しています。

匈奴族は、古代突厥族より前の、モンゴル北部草原の遊牧民の先駆者でした。刃先が尖って長く、柄が真っ直ぐで文字の彫られた匈奴刀が、承徳と張家口で発掘された一世紀の匈奴の古墳で発見されています。日本人が手に入れて、たくさん日本に持っています。

匈奴の「黄金の肖像」は、モンゴルのバオリゲン県バエルケのカンアイスムの領土にある匈奴の古墳から発掘されました。 炭素14の測定によると、墓の被葬者の年齢は1920±40歳です。匈奴が西に移動する前(西暦1世紀頃)の作品であることが確認されました。

突厥人が文字を作成して使用する数百年前に、匈奴が文字を作成して使用したことが確認できます。古代突厥文字は匈奴文字の後に生まれ、それらの符号は同じ頻度で非常に高いです。後者は前者のシンボルシステムを借用し、それを変更して突厥語によって作成された文字に適合させることができます。多くの歴史学者は、突厥民族は丁灵人とスキタイ人(斯基太人)融合によって形成されたと考えています。

歴史的な記録によると、イラン言語体系のスキタイ人(中国文学では「塞种」と呼ばれ、モンゴル語の​​モンゴル人は「ソック」または「サック」と呼ばれていました)は、当初、コーカサスを経由して黒海北部の中央アジアの草原から移動し、额尔齐施Irtysh川流域に来ました。 何百年にもわたって血を流した地元の丁灵人族と結婚しました(丁灵の母、スキタイ斯基泰の父) 。西暦初期の頃铁勒部族は、匈奴族の部下となりました。3〜4世紀後、彼らは匈奴末裔の柔然族の部下になりました。 紀元6世紀までに、高昌(別名铁勒)は柔然を倒し、突厥汗国を建てました。それ以来、突厥民族は政治史の舞台に登場したのです。

800年を超えるこの期間、突厥人とその祖先は、常に匈奴とその子孫である柔然と密接に関係し、砂漠の北と南を統治していました。著者による調査の後、突厥語、匈奴人、柔然人が話す言語は、アルタイ語族のいくつかの比較的独立した言語グループに属しています。このため、突厥人はモンゴル高原で最も発展した文化である匈奴文化の影響を受けました。匈奴とその子孫である柔然との間の長期にわたる密接な関係の中で、突厥人が匈奴人の記号体系を使用して独自の「古代突厥語」を創るのは自然なことでした。

古代突厥文学の創設の基礎となっている土壌はどのようなものでしょうか。突厥語族の民族グループの一族と部族の印によって作成されたテキストだと思います。 Turkicはその氏族の刻印を「Tamγɑ」と呼びました。モンゴルの高原に住んでいた他の遊牧民族のように、古代突厥人の祖先は、古くから一族と部族の印を持つ習慣があります。乌古思可汗ウグス・カーンは、紀元前2〜3千年に住んでいた突厥人と蒙古神の祖先でした。ウギス、突厥族のそれぞれに独自のロゴと動物の刻印があり、彼らはこれらの刻印を使用して、自分の動物を識別しています。

突厥人の「馬の印」が実際に彼らの一族と部族の印であることは間違いありません。 突厥人は北部草原の遊牧民と同じです。彼らは紋章を示すために、氏族の印として旗にこれらの印を描いただけでなく、協定の印としてそれらを印刷しました。彼らが草の上で大規模で重要な集会と犠牲を行ったとき、祭りのとき、収集された岩にそれぞれの刻印を記念として刻印しました。それはブランド化され、牛、馬、ラクダなどの大型動物の特定の部分に刻印され、一族のものであることを示します。 この習慣は非常に一般的です。カザフスタン文化史」によると、彼らは古代から受け継がれた一族の印を使用する習慣を記録しています。

モンゴルの高原を支配する匈奴文化、特に匈奴の言語に加えて、古代から継承された氏族の刻印の符号に基づいて創造された後に生まれましたこの結論は、古代突厥語が生まれた歴史的事実と、より一致していると思います。

 

f:id:MeinFavorit:20200707205327p:plain

 

kuaibao.qq.com