好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

クリミア フェオドシヤのイヤリングー古代の失われた技術

原慎一郎氏が、南シベリアこそ、人類文明の発祥地だと書かれていたので、南シベリアには何がある???と思っていたのですが、このような完成された美しい装飾品で葬られた支配者は、一体どんな人々だったのか興味は尽きません。栗原慎一郎氏によれば、スキタイ人=サカ人=エシュク人=アスカ人

様々なロシアの媒体が、今まで知らなかった古代の古墳の驚き桃の木の美しい黄金製品を載せています。最後のイヤリングには、ラピスラズリが使われていますね。

どのような媒体かはさっぱりわからないのですが、機械翻訳を利用して訳しました。この記事によれば、これらの美しい宝飾品は、ほんの一部の小さなものであり、もっと素晴らしい出土品は、アイヴァゾフスキーが持っていて、現在行方不明だそうです。サザビーズやクリスティーズに出品される古代の美術品も、このようなコレクションから出るのでしょうか。

novosti333.ru

Crimea: Theodosian earrings. Lost technologies of the past
September 22, 2017
 

f:id:MeinFavorit:20201101153121p:plain

 
1853年、有名なフェオドシヤの芸術家であるアイヴァゾフスキーは、帝国裁判所省とラヴェドフからフェオドシヤ地域で考古学的な調査を行う公式の許可を受けました。調査の目的は、古代のフェオドシヤを探すこと。19世紀半ば、世界中の科学者が中世のカファ、フェオドシヤの位置について論争を起こしたと言われています。ある人は聖エリヤ岬の中のテペ・オパの斜面だと想定、ある人は今日のコクテベルのカラダグの麓だと想定、ある人は古代のカファの70キロ東であるケープオプクであると想定しました。
ある日、その時の有名な考古学者シベリアンA.A.がテペの斜面を歩いている時に、紀元前5世紀と思われる古代ギリシャのコインを発見しました。シベリアンは、有名なフェオドシアンの画家イヴァン・アイヴァゾフスキーと彼の発見を共有し、テペ・オバ尾根の斜面にあるセントエリヤ岬の地域に「古代都市」の存在についての自説を説明しました。アイヴァゾフスキーはシベリアンA.A.の考えを完全に支持し、考古学探検隊の組織に直接参加しました。
1853年の春には尾根の斜面は検索され、すぐに5つの古墳が発見されました。4つの古墳は完全に空でしたが、5番目の古墳には、おそらく紀元前4〜5世紀の女性が発見され、多くの陶器の品だけでなく、フェオドシヤの職人技の中でも独特で興味深い宝飾品全体が発見されました。
独創的なフェオドシヤ出土品発見のニュースは世界中に知れ渡り、貨幣収集家、アンティークディーラー、金細工師の注目を集めました。世界中の宝石商が装飾をコピーしようとしましたが、できませんでした。古代ギリシャの巨匠の技術は取り返しのつかないほど失われました。「フェオドシヤン・イヤリング」を再現しようとした有名なカール・ファベルジュでさえ、完全な大失敗に苦しみました。
 

f:id:MeinFavorit:20201101153503p:plain

 
信じられないほどの発見に励まされ、エネルギッシュなアイヴァゾフスキーは考古学的な検索を続け、1853年の夏秋の間に、フェオドシヤの近くに80以上の古墳を開き、幸運は再び画家に微笑みました。テペオバの尾根の埋葬地の一つも宝石でいっぱいでした。当然のことながら、見つかったすべての宝石は再計算され、説明され、サンクトペテルブルクに送られ、エルミタージュで公開されました。 アオヴァゾフスキー率いる考古学的探検の結果によると、次の結論が出されました。テペ・オバ尾根の斜面には、紀元前約4〜5世紀のギリシャの埋葬地がありました。
 
「フェオドシヤン・イヤリング」についてのこの美しい物語は、フェオドシヤのガイドから聞いたり、数多くの「歴史的な」サイトで読むことができます。しかし、現実ははるかに厳しく、卑劣でした。実際、コピーされないいわゆる「アンティークジュエリー」の数は非常に多く、何百、何千ものジュエリーがあります。当然のことながら、このグループには、スキタイ人の古墳出土の宝石、いわゆる「スキタイ人の黄金」が含まれています。 「スキタイの黄金」の発見場所の地理は非常に広範です。アルタイからドナウ川の東から西まで、そして白海から北アフリカまで。「スキタイの装飾」の多くは本当にユニークであり、装飾技法は、今日でもわかっていません。
次の写真(「最初のフェオドシヤン・イヤリング」)は、全く異なる場所でのスキタイの古墳の発掘中に見つかった「黄金の女性のイヤリング」のほんの一部を示しています。南シベリア、タヴリヤ、タマン、アンダーリニュアリー、ヴォルガ。これらのユニークな製品は一つのことを結びつけるでしょう。 それらは本当に独創的であり、非常に困難であり、多くの場合それらを偽造することは不可能であり、その技術は取り返しのつかないほど失われている古代ギリシャのアンティークジュエリー巨匠の芸術作品です。

f:id:MeinFavorit:20201101153739p:plain

スキタイの古墳には「古代ギリシャの黄金」シベリアとアルタイを含みます! それがどのようにそこに来たか、現代の「歴史科学」は絶対に興味がありません。しかも、ほとんどバザーで、セールで買いました! 古代ギリシャのための唯一の議論は、スキタイ人遊牧民であり、遊牧民は独創的な傑作を作成することができないという発言です。

「フェオドシヤンイヤリング」に戻ります。テペ・オバ尾根の斜面でアイヴァゾフスキーの指導の下、考古学探検隊は、紀元前4世紀のギリシャの埋葬地と特定された場所で約90の古墳が発見されました。50年後、ドイツの森林監督官のF.シーボルトはテペ尾根の同じ斜面で、中世のテオドシアの水道システムの約30のものと、多くのセラミックパイプを発見しました。当然ながら、セラミック水道管は紀元前4世紀ではなく、15世紀から16世紀にかけて作られました。

中世の水力システムは、古代ギリシャの埋葬地(ネクロポリス)に直接構築されました! セラミック配管を造った私たちの祖先の2人のうちの1人は、衛生学について知らなかったか、厚かましく嘘をついていました。しかし、私たちの祖先が古墳の真ん中に水力システムを構築するとは思わないので、それは違います!

ところで、シベリアン・アイヴァゾフスキーの探検隊がテペ・オバ尾根に約90の古墳を発見したことが知られています。原則として、価値のあるものが見つかるすべての古墳には、名前(クルガン・クル・オバ、ソロク古墳、王の古墳)がついています。フェオドシヤン・イヤリングが発見された古墳は何と呼ばれていますか。

f:id:MeinFavorit:20201101161754p:plain

 

F.シーボルトは、1900年にテペ・オバ尾根を描写し、水圧構造に加えて、他の構造物の多数の石の遺跡に言及しましたが、それは絶対に埋葬地ではありませんでした。大きな問題は、なぜ19世紀半ばの歴史家は、「古代のフェオドシヤ」の場所について話すのみで、これらの遺跡や水圧構造を見なかったのですか? しかし、1817年にフェオドシアで生まれたと思われるアイヴァゾフスキーは、当時は非常に異なる外観だったはずのテペ・オバのいくつかの遺跡について確かに知っていたはずです。

1842年のK.ボッソリの絵画では、私たちは非常に興味深い風景を観察することができます。前景には農奴と構造物があり、背景には都市自体が谷の中にあります。イタリアの芸術家が尾根の斜面の絵を描いたことは明らかです。そのような角度が見つかりません。問題は、15年後にこれらの構造に何が起こったのかということです。跡形もなく姿を消したのか、埋葬地の古墳に変わったのか?

スキタイの古墳からなるギリシャの埋葬地(ネクロポリス)は存在しないことを認めなければなりません。テペ・オバ尾根には異なる性質の構造があり、死者の都の目的には絶対に相容れないものでした。しかし、この場合、シベリアン・アイヴァゾフスキーの考古学的探検が行われたのはいつですか?

確かに、フェオドシヤの近くには、墓地として識別することができる多くのはっきりしない丘があります。ちょうどフェオドシヤの北と北東、すなわちテペ・オバの反対側に位置しています。古墳に似たいくつかの丘は、2つの錨湾の谷の尾根の南にありますが、要塞の残骸かもしれません。 いずれにせよ、19世紀半ばのテオドシアの近くには、古代ギリシア時代の興味深い、略奪されていないモニュメントがたくさんありました。

Крым: Феодосийские серьги. Утраченные технологии прошлого

間違いなく、考古学者トレジャーハンターは、非常に豊かな利益を持っていました。非常に興味深い瞬間があります。クリミアの多くの古墳の年代は約2000年以上です。公式の歴史によると、この2000年の間に何十もの部族や人々がクリミアを通過しましたが、何らかの理由で、古代の研究発掘が始まった19世紀まで、これらの古墳ピラミッドに何が保存されているかを見たいという願望はありませんでした。したがって、何世紀にもわたってクリミア半島には、Taurusタウラスの子孫である1人しか住んでいなかったたことを認めるべきです。他の場合、すべての埋葬地と古墳は19世紀のずっと前に破壊されたでしょう。19世紀には半島の所有者の変化がありました。彼はロシア帝国の一部となり、その名前にもかかわらず、ロシアの人々の利益を表すものではなく、むしろ反対でした。したがって、例外なく、クリミア半島のすべての考古学的調査は、偉大な人々の過去のモニュメントを破壊することと、可能な限り、タウラス半島の領土に蓄積された富を得ることの2つの目標を追求しました。

アイヴァゾフスキーの考古学探検隊も例外ではありません。探検隊の主任考古学者、パートタイムのアンティークディーラー、シベリアンA.A.、友人の常連客でパトロンのJ.ライヒェル、B.ケーン、I.バルトロメイ、P.Y.サバティエの人格を見るのに十分です。これらの紳士は、ロシア人ではなく、ロマノフ家によって直接管理を任された帝国考古学協会の創設者です。これらの人々はすべてヨーロッパでジュエリーと金のアンティークコインの最大のコレクションを持っていました。この富がどこから来たのかを証明すべきとは思いません。これは物事の順序で起こりました。略奪された宝石やアンティークのほとんどは、単に「考古学的発掘」を主導した人々の手に残り、多数のプライベートコレクションに落ち着いたのです。小さな部分は博物館へ行きました。 

ところで、アイヴァゾフスキーは、かなり大きなジュエリーコレクションを持っていました。1900年の没後、未亡人A.ブルナジアン・サルキソワはジュエリーコレクションを相続しました。10月革命の後、未亡人のコレクションは狩りを手配され、クリミアでは権力が1年に数回変わったので、文字通りすべてを没収しました。

I.アイヴァゾフスキーの元友人であるクリミアのソロモン・ソロモノビッチの占領、カライテ・ドイツ政府と"黒い男爵"ヴランゲルとチェキスト。後者は、最も成功したと言わねばなりません。ブルナタン未亡人はHPCに逮捕され、少なくとも6ヶ月間刑務所で過ごし、宝石のコレクションを新しい当局に引き渡さなければ出ることはできませんでした。

大祖国戦争中に画家のコレクションから何らかの形でテオドシアを占領するドイツ人で終わったことが知られているように、ブルナジアン未亡人はコレクションの一部を保存することができた可能性があります。アイヴァゾフスキーのジュエリーコレクションのさらなる運命は、闇から闇へ、不明です。

 

wikiから:

イヴァン・アイヴァゾフスキー
Ivan Aivazovsky
Aivazovsky - Self-portrait 1874.jpg
自画像
生誕 1817年7月29日
ロシア帝国フェオドシヤ
死没 1900年5月5日
ロシア帝国、フェオドシヤ
著名な実績 風景画家

イヴァン・コンスタンチノヴィチ・アイヴァゾフスキー1817年7月29日 - 1900年5月5日は、ウクライナ生まれの帝政ロシアの画家。民族的にはアルメニア人で、作品のいくつかにアルメニア文字で本名ホヴァネス・アイヴァジヤーンՀովհաննես Այվազյան)と記入している。

その大半が海をモチーフにしており、ウィンズロウ・ホーマーと並ぶ海洋画家である。

クリミア半島フェオドシヤに、貧しいアルメニア人を両親に生まれる。傑出した画才ゆえに援助金を受けてシンフェロポリギムナジウムに入学。その後はペテルブルク美術アカデミーに進み、金メダルを得て卒業した。初期の風景画や海洋画で稼いだ賞金でクリミアに行き、黒海沿岸の諸都市で肖像画家として活動した後、ヨーロッパ各地を旅して回った。後に海洋画の評判によってロシア海軍から長年にわたって作品を委嘱されるようになった。

1845年スルタンアブデュルメジト1世に招聘されてイスタンブールに行き、その後も含めて1890年まで計8回同市を訪れた。イスタンブールに長期滞在中に、オスマン帝国宮廷画家に任命され、歴代皇帝(アブデュルメジト1世アブデュルアズィズアブデュルハミト2世)から数々の作品を委嘱されている。そのうち30点は現在もドルマバフチェ宮殿に飾られており、その他の多くの委嘱作品は、トルコのさまざまな美術館に展示されている。

長寿に恵まれたおかげで、当時としてはロシアで最も多作な画家となり、1900年に歿したときには優に6000点を超える作品を残した。芸術家としての成功で得られた資金により、故郷のフェオドシヤに美術学校や美術館を開いている。アイヴァゾフスキー作品は、競売の売上がこれまで総額320万ドルに達しており、国際的な評価は伸び続けている。そのためか、ロシアのすべての画家の中でも最も贋作が多いと言われている。