好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

縄文土器 山梨県

謙譲の美徳からすればおこがましいでしょうが、世界の文明の発祥が古代日本だった説を、高橋良典+日本学術探検協会

「太古、日本の王は世界を治めた」「太古日本の宇宙文明が地球を導いた」

という本が写真付きで書いています。それによれば、日本のアヒル草文字、出雲文字などの神代文字で、世界中の謎とされていた石碑などの未読の文字がすべて読めるというものです。

この土器は、南米のアステカ神話ケツアルコトアルやメキシコのマヤ文明のククルカン(羽毛を纏った蛇)のように見えます。古代日本にも、蛇信仰はあり、太い縄で表したと言います。吉野裕子さんは、神社の注連縄は蛇の交尾を表しているという説を書いています。

山梨県甲府市 一の沢遺跡出土

f:id:MeinFavorit:20200906113716p:plainf:id:MeinFavorit:20200908150324p:plain

 以下の2枚は同じ土器です。私には、コブラを模したものに見えるのですが。

f:id:MeinFavorit:20200908150745p:plain

f:id:MeinFavorit:20200908150756p:plainf:id:MeinFavorit:20200906113943p:plain

 

山梨県甲府市及び北杜市 甲ッ原(かぶっぱら)遺跡出土

 

f:id:MeinFavorit:20200910150539p:plain

f:id:MeinFavorit:20200908190555p:plain

www.pref.yamanashi.jp

 

アステカ神話 ケツァルコトアル

古代ナワトル語で「羽毛ある蛇」(ケツァルが鳥の名前、コアトルが蛇の意)

f:id:MeinFavorit:20200907110059p:plain

アステカのコアトリクエ像

f:id:MeinFavorit:20200907105919p:plain

マヤ文明 ククルカン

f:id:MeinFavorit:20200907110652p:plain

 

球戯場とか。バスケットボールのような球戯?このドーナツモチーフが縄文土器にもありますね。縄文土器1の記事にいくつかドーナツがついている土器の写真を載せました。

f:id:MeinFavorit:20200907130033p:plain

マヤ文明 ウシュマル遺跡

f:id:MeinFavorit:20200907125501p:plain

総督の館。行政府だったらしい。蛇がいますね。

f:id:MeinFavorit:20200907125623p:plain

亀の館 

f:id:MeinFavorit:20200907125227p:plain

 

f:id:MeinFavorit:20200906113736p:plain

 

山梨県 釈迦堂遺跡

ナスカの地上絵に似ていませんか?

f:id:MeinFavorit:20200906113818p:plain

 

f:id:MeinFavorit:20200909113021p:plain

 

f:id:MeinFavorit:20200909113228p:plain

 

f:id:MeinFavorit:20200910151329p:plain

f:id:MeinFavorit:20200906113923p:plain

www.eps4.comlink.ne.jp

 

山梨県甲州市勝沼町 天神堂遺跡出土

f:id:MeinFavorit:20200908164643p:plain

 

山梨県甲州市 大木戸遺跡出土

f:id:MeinFavorit:20200908181539p:plain

 

山梨県甲府市 酒呑場遺跡出土

f:id:MeinFavorit:20200908185734p:plain

f:id:MeinFavorit:20200906114314p:plain

f:id:MeinFavorit:20200906113652p:plain

山梨県立考古博物館

www.pref.yamanashi.jp

 

山梨県南アルプス市野牛島 鋳物師屋遺跡出土

この人がついている可愛らしい土器は、何を入れたのでしょうか?

f:id:MeinFavorit:20200908120706p:plain

f:id:MeinFavorit:20200908121112p:plain

bunka.nii.ac.jp

 

山梨県甲府市下曽根 安藤寺遺跡出土

猪と蛇だそうです。詳細は文化遺産オンラインをご覧ください。

f:id:MeinFavorit:20200908122011p:plain

f:id:MeinFavorit:20200908122105p:plain

f:id:MeinFavorit:20200910150237p:plain

bunka.nii.ac.jp

 

山梨県笛吹市 桂野遺跡出土

f:id:MeinFavorit:20200908191812p:plain 

渦巻きの感じがこの光背の渦巻きに似ていると思うのですが、如何でしょうか。そもそも、なぜ仏像の光背には、渦巻きがあるのでしょうか???

考えてみましたが、この渦巻き模様の縄文土器を作った日本人は海洋民族でもあり、水とは切っても切れない人々だった。その子孫が仏教を取り入れた時に、光背に伝統模様の渦巻きを取り入れた。という答えでは如何でしょうか。

高句麗は高麗(KOMA)という発音だったようです。現在の高麗神社があるように、昔から日本にも住み着いていたでしょう。小林恵子説では、高麗、渤海百済新羅は、天皇家と親戚関係にあったようです。渦巻き模様は、主に天皇家の好みだったのでは?普段使いではない、凝った縄文土器も、仏像も、神様に捧げるとか、神として崇めるわけですよね。だから高貴な文様で飾るのでは。

 

高句麗「延嘉七年」銘金銅仏立像

「延嘉七年」銘金銅仏立像 image

東魏 仏立像

f:id:MeinFavorit:20200909090541p:plain

 

山梨県甲府市 殿林遺跡出土

これはとても優美で、なんとなくギリシャの竪琴のようです。竪琴の縦の飾りは、現代にも18金ネックレスであるような感じです。高さ72cm、口径56cmと大型です。

渦巻き模様、この時代から一貫して日本の美術にありますね。波のようにも見えますし、お寺の石庭もこんな感じですし、法隆寺釈迦三尊像の光背にも、こんな風な模様があります。北魏の仏像の光背にも、よく渦巻きがありました。その関連を指摘した本は記憶にないので、もしかしたら、私が最初でしょうか?

f:id:MeinFavorit:20200905131726p:plain

法隆寺金堂 釈迦三尊像の光背 

細い流れる線が渦巻きになっているデザインが、上の山梨県甲州市塩山 殿林遺跡出土の壺とよく似ていると思います。下記の法隆寺のサイトに光背の鮮明な拡大写真がありますので、ご覧ください。

f:id:MeinFavorit:20200910153325p:plain

www.horyuji.or.jphttp://www.horyuji.or.jp/garan/kondo/detail/

 

design-archive.pref.yamanashi.jp

 

山梨県北杜市 津金御所遺跡出土

f:id:MeinFavorit:20200910153531p:plain

 

「星降る中部高地の縄文の世界」とても素晴らしいレポートでお薦めです。

https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/app/upload/heritage_data_file/061-1391533551976836.pdf