好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

フィリップ王配殿下の葬儀に演奏された曲

まだ葬儀で使われた全ての音楽の映像が拾えていませんが、見つかった曲は、追加しました。

北欧王室だと、チャペルの二階に演奏者と歌手がいるケースが多いと思いますが、今回は、棺を祭壇前に安置し、出席者が着席した後に、チャペル入り口にて聖ジョージチャペル専属のクワイアが歌っているようです。

f:id:MeinFavorit:20210418154402p:plain

f:id:MeinFavorit:20210418154413p:plain 

f:id:MeinFavorit:20210418182821p:plain f:id:MeinFavorit:20210418182739p:plain

f:id:MeinFavorit:20210418200620p:plain  f:id:MeinFavorit:20210418200628p:plain

ギリシャ国王コンスタンティヌスとアンヌ・マリー王妃からのリース

f:id:MeinFavorit:20210418112706p:plain

実際に演奏された一部がこちらです

www.youtube.com
フィリップ殿下が選ばれて、葬儀に演奏された曲をyoutubeで探しました。ここに音楽だけ集めておきます。音楽が心に訴えてきますね。

 

I Vow to Thee My Country

Supreme Sacrifice

Jerusalem

Isle of Beauty

Nimrord

Funeral March by Johan Heinrich Walch

Beethoven Funeral March No1

Beethoven Funeral March No3

賛美歌  Eternal Father, Strong to Save-The service Hymn of the Royal Navy

賛美歌 Jubilate   詩篇Psalm 100

賛美歌 詩篇Psalm 104

賛美歌  The Russian Kontakion of the Departed

バグパイプの曲

トランペットの曲

God Save the Queen

 

実際の映像

The Supreme Sacrifice の曲と共に、緑のランドローバーが静かに入ってきます。棺が乗る前から、厳かに堂々と進んできます。曲と映像がとても綺麗にマッチしています。緑のランドローバーに棺が乗せられ、王子、王女達が後ろを歩いて、ウィンザー城を出発する時には、チャペルの鐘が鳴り、弔砲も同時に鳴らされています。ポニーも最後のお見送りです。

f:id:MeinFavorit:20210418162102p:plain

f:id:MeinFavorit:20210418162112p:plain

www.youtube.com

 The Supreme Sacrifice 画像が大変美しく、演奏者以外がこうべを垂れて殿下を偲ぶ様子がわかります。殿下のポニーも、端で聞いています。しめやかに演奏されています。

www.youtube.com

f:id:MeinFavorit:20210418152131p:plain

The key moments of Prince Philipp's funeral

https://www.youtube.com/watch?v=2ynBRJEQ5fE

埋め込みができないこの動画の1:14から、知らない音楽が流れます。この音楽と共に、緑のランドローバーは、ウィンザー城を後にして、聖ジョージチャペルへと行進します。ご存知のかた、是非コメントくださいませ。

Jerusalemはウィリアム王子の結婚式でも歌われていました。

www.youtube.com

このピアノ演奏しんみりします

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

ベルリンフィル

www.youtube.com

www.youtube.com

Eternal Father, Strong to save-The Service Hymn of the Royal Navy

A hymn to honour duke's service at sea

www.youtube.com

実際に葬儀に使われた賛美歌の歌唱がこちらです。

歌っている場所は、聖ジョージチャペルの入り口付近ではないかと思われます。聖ジョージチャペルクワイアによるPsalm104 です。この曲、ドラマティックですね。フィリップ殿下の75歳誕生日に捧げられた曲で、殿下が気に入って葬儀に使うようリクエストされたそうです。

At Prince Philip's request, Psalm 104 was sung at his funeral at the Saint George's Chapel by the strongest voiced quartet, within the walls of the Windsor Castle, where the Duke of Edinburgh peacefully passed away. May he rest in peace. Psalm 104 – at the request of The Duke of Edinburgh, was to be set to music by William Lovelady (b. 1945), abridged and arranged for choir and organ by James Vivian (b. 1974) with the composer’s permission. Words from Psalm 104, adapted by Sam Dyer (b. 1945).

www.youtube.com

The funeral anthem, the Russian Kontakion of the Departedの実際の映像です。

"Give rest, O Christ, to thy servant with thy Saints," they sing. "Where sorrow and pain are no more."

www.youtube.com

 葬儀の最後にバグパイプの演奏があります。下の動画の1:12

f:id:MeinFavorit:20210418172748p:plain

それからトランペットがあって、最後がクワイヤによるGod Save the Queenでした。ベートーベンの葬送行進曲は、棺の行進の際に演奏されたのかなと思います。

f:id:MeinFavorit:20210418173242p:plain

f:id:MeinFavorit:20210418173253p:plain

www.youtube.com

 

Beethoven Funeral March No.1 指揮バーンスタイン

www.youtube.com

Beethoven Funeral March No.3

指揮クラウディオ・アバド

www.youtube.com

22:59 Music accompanies coffin's arrival in the castle grounds

Music was played by the tri-service band in the Quadrangle of Windsor Castle before the arrival of the coffin.

The pieces played were I Vow to Thee My Country, Supreme Sacrifice, Jerusalem, Isle of Beauty and Nimrord.

As the funeral procession stepped off, the Band of the Grenadier Guards played Beethoven Funeral March No1 and Beethoven Funeral March No3.