好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

Edward Elgar

エルガーといえば、「愛の挨拶」「威風堂々」がすぐ思い浮かびますが、フィリップ王配殿下の葬儀でエルガーエニグマより、ニムロッド、そしてエルサレムの2曲が演奏されていたのを見て、おや、英国王室とエルガーの関係は?と思ってwikiを見てみたら、ものすご〜く長いです。一言で言えば、紆余曲折があったものの、困窮した音楽家が多い中、エルガーは王室から勲章をもらったり、ナイトに叙されたり、国王の音楽師範を務めるなど、かなりハイソなところに上り詰めた人だったのですね。

f:id:MeinFavorit:20210422171722p:plain

初代準男爵サー・エドワード・ウィリアム・エルガー(Sir Edward William Elgar, 1st Baronet, OM, GCVO1857年6月2日 - 1934年2月23日)は、イングランド作曲家指揮者。もとは音楽教師でありヴァイオリニストでもあった。

最もよく知られるのは『エニグマ変奏曲』や行進曲威風堂々』、ヴァイオリン協奏曲チェロ協奏曲、2曲の交響曲などである。また、『ゲロンティアスの夢』をはじめとする合唱作品、室内楽曲や歌曲も作曲した。

1904年(47歳)にナイト1931年(74歳)准男爵に叙されている。1924年からは国王の音楽師範を務めた。

エルガーレコード録音に初めて真剣に取り組んだ作曲家とされる。1914年旧吹込み)以来、エルガーはレコーディング活動にも積極的であった。1925年に新しく開発されたマイクロフォンによる電気吹込みが導入されると、遥かに正確な音の再現が可能となる。彼は『ゲロンティアスの夢』の抜粋など自身の作品の主だったものを自ら指揮して非常に多く録音しており、演奏家としての活動も注目される。なお1シーズンのみであるが1911年ロンドン交響楽団の首席指揮者に就いている。政治的には保守主義の立場であった。『威風堂々』はエルガーの遺志により、保守党以外の使用を認められていない。

エルガー1904年ナイトに叙され、1911年にはメリット勲章を受章した。1920年にはベルギーの王冠勲章(Order of the Crown)の十字章を授けられている。1924年国王の音楽師範に任ぜられると、翌年にはロイヤル・フィルハーモニック協会からゴールド・メダルを授与された。1928年にはロイヤル・ヴィクトリア勲章ナイト・コマンダーを贈られた。

1900年から1931年にかけて、エルガーケンブリッジダラムリーズオックスフォードイェールアバディーンウェスタン・ペンシルベニアバーミンガムロンドンの各大学から名誉学位を授与されている。また、多数の国外のアカデミーのメンバーとなっており、ローマサンタ・チェチーリア国立アカデミアフィレンツェのAccademia del Reale Istituto Musicale、パリ芸術アカデミーフランス学士院アメリカ芸術アカデミーが挙げられる。1931年にはウスター、ブロードヒース准男爵となった

以下延々と続きます。

初めて聞いた、素敵なエルガーの曲と、有名曲を殿下を偲んで聞いてみました。 

www.youtube.com

3つのバイエルン舞曲

www.youtube.com

www.youtube.com

弦楽セレナードホ短調 作品20

www.youtube.com

生命の光

www.youtube.com

セヴァーン組曲

www.youtube.com

交響曲第2番 作品63

www.youtube.com

www.youtube.com

エルサレム

www.youtube.com

ニムロッド

www.youtube.com

ニムロッド

www.youtube.com

威風堂々  指揮者を始め、聴衆の盛り上がりぶりがすごいですね。

www.youtube.com

威風堂々   ベルリンフィルだとちょっと違う感じ

www.youtube.com

チェロ協奏曲

www.youtube.com

エルガーの伝記作家の動画

www.youtube.com

国歌と戴冠式頌歌

www.youtube.com