好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

パルティア帝国

 

f:id:MeinFavorit:20210113133938p:plain

キメク汗国と同様、パルティア帝国の日本語の文献がない、と栗原慎一郎氏が言及されていました。記事を英語で見つけましたので、のんびり訳していきたいと思います。

中国語では、安息国と表記されます。安禄山が有名ですが、ソグド系、突厥系の人々で、姓は安氏が多かったようです。

www.crystalinks.com

 

アルサシッド帝国としても知られるパルティア帝国(紀元前247年-西暦224年)は、古代ペルシャにおけるイランの主要な政治的および文化的権力でした。後者の名前は、パルニ族の指導者として、紀元前3世紀半ばにイラン北東部のパルティア地方を征服し、その後セレウコス朝に反逆したサトラップ州を征圧したパルティアのアルサケス一世に由来します。

 

f:id:MeinFavorit:20210113140127p:plain

f:id:MeinFavorit:20210113140241p:plain

パルティアのミトラダテス1世(紀元前171〜138年)は、セレウコス朝からメディアとメソポタミアを奪取することで帝国を大きく拡大しました。パルティア帝国は、現在のトルコ南東部にあるユーフラテス川の北端からイラン東部まで広がっていました。地中海盆地のローマ帝国と中国の漢帝国の間のシルクロード交易路に位置する帝国は、貿易と商業の中心地となりました。

 

f:id:MeinFavorit:20210113140600p:plain

パルティア人は、ペルシャ、ヘレニズム、および地域の文化を含む、文化的に異質な帝国の芸術、建築、宗教的信念、および王室の紋章を採用しました。その存在の前半の間、アルサシッド裁判所はギリシャ文化の要素を採用しましたが、最終的にはイランの伝統が徐々に復活しました。アルサシッドの支配者たちは、アケメネス朝の相続人であるという主張として、「王の王」と名付けられました。実際、彼らは多くの地元の王を家臣として受け入れ、アケメネス朝は大部分が自律的ではあるが、中央で地方総督を任命したと思われる。裁判所は、主にイランの外で少数の地方総督を任命しましたが、これらの総督はアケメネス朝が強化するものより小さく、強力ではありませんでした。アルサシッドの権力の拡大に伴い、中央政府の所在地はトルクメニスタンのニサから、チグリス川(現代のバグダッドの南、イラク)に沿ってクテシフォンに移りましたが、他のいくつかの場所も、首都として機能していました。

 

パルティアの初期の敵は、西のセレウコス朝と、東のスキタイ人でした。

f:id:MeinFavorit:20210113141409p:plain

セレウコス朝は、アレキサンダー大王の東部征服から創設されたギリシャマケドニアの国家でした。その権力の頂点には、中央アナトリア、レバント、メソポタミアペルシャ、今日のトルクメニスタンパミール、そしてパキスタンの一部が含まれていました。セレウコス朝は、ギリシャの慣習の卓越性を維持し、ギリシャマケドニアの政治エリートが、主に都市部で支配したヘレニズム文化の主要な中心地でした。支配的なエリートを形成した都市のギリシャの人口は、ギリシャからの移民によって強化されました。エジプトへのセレウコス朝の拡大は、ローマ軍の手による決定的な敗北の後、突然停止されました。帝国の東部の多くは、紀元前2世紀半ばにパルティアのミトラダテス1世の下で、パルティア人によって征服されましたが、それでもセレウコス朝の王たちは、アルメニアの王ティグラネス大王による侵略と、ローマの将軍ポンペイによる最終的な転覆まで、シリアからの残存国家を支配し続けました。

 

f:id:MeinFavorit:20210113141840p:plain

 

スキタイは、ポントス・カスピ海の草原に住んでいた遊牧騎馬民族のうち、ペルシアのグループを指すために、ギリシャ人によって使用された言葉でした。但し、「スキタイ」と関連する「サカ族」(ペルシア語)は、スキタイ人に似ていると見なされる人々、または現在の中央アジア、ロシア、ルーマニアウクライナをカバーする広大な地域に住んでいた様々な人々を指すためにも使用され、文化的に類似した部族のネットワークとして説明されてきました。

歴史的なヨーロッパのスキタイ人は、古代ペルシャ語を話し、当時スキタイとして知られていた、ポントス・カスピ海の草原を支配していました。スキタイ文化と歴史的グループの起源は、学術的議論の焦点となっています。古典的な歴史と考古学的証拠は、スキタイ文化の起源の部分的な理解しかわかっていません。確かなことは、鉄器時代に、東ヨーロッパの草原からアルタイ山脈までの広大な地域で、広く類似したスキタイ文化が開花したことです。

しかし、パルティアが西に拡大するにつれて、彼らはアルメニア王国、最終的には後期共和制ローマと衝突しました。ローマとパルティアは、アルメニアの王を従属させるために、互いに競争しました。パルティア人は紀元前53年のカルラエの戦いでマーカスリシニウスクラサスを打ち負かし、紀元前40〜39年に、パルティア軍はタイレを除くレバント全体を攻略しました。

しかし、マルクス・アントニウスはパルティアに対する反撃を主導し、ローマ・パルティア戦争中に数人のローマ皇帝メソポタミアに侵入しました。ローマ人は、これらの紛争中に何度もセレウキアとクテシフォンの都市を占領しましたが、それらを保持することはできませんでした。パルティアの王位争いの頻繁な内戦は、外国の侵略よりも危険であることが判明し、ファールスのイスタフルの支配者であるアルダシール1世がアルサシッドに反乱を起こし、最後の支配者であるアルタバノス4世を西暦224年に殺害したときに、パルティアの権力は雲散霧消しました。アルダシール王朝はアルメニアアルサケス朝まで続いていましたが、アルダシールはササン朝ペルシア帝国を設立し、7世紀のイスラム教徒の征服までイランと近東の大部分を支配していました。

パルティア語、ギリシャ語、その他の言語で書かれたパルティアの情報源は、ササン朝ペルシャや以前のアケメネス朝の情報源と比較すると不足しています。散在する楔形文字、断片的な古代ギリシア陶片追放で用いられた投票札の陶片、岩の碑文、ドラクマの硬貨、およびいくつかの羊皮紙の文書を除いて、パルティアの歴史の多くは外部の情報源を通じてのみ知られています。これらには主にギリシアとローマの歴史が含まれますが、パルティア内の中国製品市場によって思い出された中国の歴史も含みます。パルティアの芸術作品は、社会や文化の側面を理解するための有効な情報源とみなされています。

History

 

Origins and Establishment 起源と成立

Before Arsaces I of Parthia founded the Arsacid Dynasty, he was chieftain of the Parni, an ancient Central-Asian tribe of Iranian peoples and one of several nomadic tribes within the Dahae confederacy. The Parni most likely spoke an eastern Iranian language, in contrast to the northwestern Iranian language spoken at the time in Parthia. The latter was a northeastern province, first under the Achaemenid, and then the Seleucid empires. After conquering the region, the Parni adopted Parthian as the official court language, speaking it alongside Middle Persian, Aramaic, Greek, Babylonian, Sogdian and other languages in the multilingual territories they would conquer.

パルティアのアルサケス1世がアルサケス朝を設立する前は、彼はパルニ氏族の長であり、イラン民族の古代中央アジアの部族であり、ダアイ連邦内の遊牧民の部族の1つでした。 パルティアで当時話されていた北西イラン語とは対照的に、パルニはおそらく東イラン語を話しました。 後者は北東部の州で、最初はアケメネス朝、次にセレウコス朝の下にありました。 地域を征服した後、パルティアは、公式の法廷言語としてパルティア語を採用し、征服する多言語領域で、ペルシア語、アラム語ギリシャ語、バビロニア語、ソグド語、およびその他の言語と一緒に話されました。

Why the Arsacid court retroactively chose 247 BC as the first year of the Arsacid era is uncertain. A.D.H. Bivar concludes that this was the year the Seleucids lost control of Parthia to Andragoras, the appointed satrap who rebelled against them. Hence, Arsaces I "backdated his regnal years" to the moment when Seleucid control over Parthia ceased. However, Vesta Sarkhosh Curtis asserts that this was simply the year Arsaces was made chief of the Parni tribe. Homa Katouzian and Gene Ralph Garthwaite claim it was the year Arsaces conquered Parthia and expelled the Seleucid authorities, yet Curtis and Maria Brosius state that Andragoras was not overthrown by the Arsacids until 238 BC.

アルサケス朝の裁判所が、紀元前247年をアルサケス朝時代の最初の年として遡及的に選択した理由は不明です。 A.D.H. ビバールは、今年はセレウコス朝がパルティアの支配をアンドラゴラスに失った年であると結論付けています。アンドラゴラスは彼らに反抗した任命されたサトラップです。 アルサケス1世は、パルティアに対するセレウコス朝の支配が停止した瞬間に「彼の御代の年をさかのぼりました」。 しかし、ベスタ・サーコーシュ・カーティスは、これは単にアルサケスがパルニ族の首長になった年であると主張しています。 HomaKatouzianとGeneRalph Garthwaiteは、アルサケスがパルティアを征服し、セレウコス朝当局を追放した年であると主張していますが、カーティスとマリアブロシアスは、アンドラゴラスは紀元前238年までアルサケスに倒されなかったと述べています。

For a time, Arsaces consolidated his position in Parthia and Hyrcania by taking advantage of the invasion of Seleucid territory in the west by Ptolemy III Euergetes (r. 246-222 BC) of Egypt. This conflict with Ptolemy, the Third Syrian War (246-241 BC), also allowed Diodotus I to rebel and form the Greco-Bactrian Kingdom in Central Asia. The latter's successor, Diodotus II, formed an alliance with Arsaces against the Seleucids, but Arsaces was temporarily driven from Parthia by the forces of Seleucus II Callinicus (r. 246-225 BC). After spending some time in exile among the nomadic Apasiacae tribe, Arsaces led a counterattack and recaptured Parthia. Seleucus II's successor, Antiochus III the Great (r. 222-187 BC), was unable to immediately retaliate because his troops were engaged in putting down the rebellion of Molon in Media.

アルサケスは、エジプトのプトレマイオス3世オイエルゲテス(紀元前246〜222年)による西部のセレウコス朝の領土への侵入を利用して、パルティアとヒュルカニアでの地位を固めました。 第三次シリア戦争(紀元前246年から241年)であるプトレマイオスとの対立により、ディオドトス1世は反乱を起こし、中央アジアグレコバクトリア王国を形成することができました。 後者の後継者であるディオドトス2世は、セレウコス朝に対してアルサケスと同盟を結びましたが、アルサケスは一時的にセレウコス2世カリニクス(紀元前246年から225年)の力によってパルティアから追い出されました。 遊牧民のアパシアカエ族としばらく過ごした後、アルサケスは反撃を主導し、パルティアを奪還しました。 セレウコス2世の後継者であるアンティオコス3世大王(紀元前222〜187年)は、彼の軍隊がメディアでモロンの反乱を鎮圧することに従事していたため、すぐに報復することができませんでした。

Antiochus III launched a massive campaign to retake Parthia and Bactria in 210 or 209 BC. He was unsuccessful, but did negotiate a peace settlement with Arsaces II. The latter was granted the title of king (Greek: basileus) in return for his submission to Antiochus III as his superior. The Seleucids were unable to further intervene in Parthian affairs following increasing Roman Republic encroachment and the Seleucid defeat at Magnesia in 190 BC. Phriapatius of Parthia (r. c. 191-176 BC) succeeded Arsaces II, and Phraates I of Parthia (r. c. 176-171 BC) eventually ascended the throne. Phraates I ruled Parthia without further Seleucid interference.

アンティオコス3世は、紀元前210年または209年に、パルティアとバクトリアを奪還する大規模な戦争を開始しましたが成功せず、アルサケス2世と和平交渉を行いました。 後者は、上司としてアンティオコス3世に服従した見返りに、王(ギリシャ語:バシレウス)の称号を与えられました。 セレウコス朝は、共和政ローマの侵略が増加し、紀元前190年にマグネシアでセレウコス朝が敗北した後、パルティア問題にさらに介入することができませんでした。 パルティアのプリアパティオス(紀元前191〜176年頃)はアルサケス2世の後継者であり、パルティアのフラーテス1世(紀元前176〜171年頃)は最終的に王位に就きました。 フラーテス1世はセレウコス朝の干渉なしにパルティアを支配しました。

 


 

Expansion and Consolidation 拡大と統合

Phraates I is recorded as expanding Parthia's control past the Gates of Alexander and occupied Apamea Ragiana, the locations of which are unknown. Yet the greatest expansion of Parthian power and territory took place during the reign of his brother and successor Mithridates I of Parthia (r. c. 171-138), whom Katouzian compares to Cyrus the Great (d. 530 BC), founder of the Achaemenid Empire.

フラーテス1世は、アレキサンダーの門を越えてパルティアの支配を拡大し、アパメア・ラギアナを占領したと記録されています。 しかし、パルティアの権力と領土の最大の拡大は、彼の兄弟で後継者であるパルティアのミトラダテス1世(r。c。171-138)の治世中に起こりました。カトウジアンは、アケメネス朝の創設者であるキュロス大王(d。530BC)と比較しています。

Relations between Parthia and Greco-Bactria deteriorated after the death of Diodotus II, when Mithridates' forces captured two eparchies of the latter kingdom, then under Eucratides I (r. c. 170-145 BC). Turning his sights on the Seleucid realm, Mithridates invaded Media and occupied Ecbatana in 148 or 147 BC; the region had been destabilized by a recent Seleucid suppression of a rebellion there led by Timarchus. This victory was followed by the Parthian conquest of Babylonia in Mesopotamia, where Mithridates had coins minted at Seleucia in 141 BC and held an official investiture ceremony. While Mithridates retired to Hyrcania, his forces subdued the kingdoms of Elymais and Characene and occupied Susa. By this time, Parthian authority extended as far east as the Indus River.

パルティアとグレコバクトリアの関係は、ディオドトス2世の死後、ミトリダテス二世の軍隊が後者の王国の2つのエパルキアを占領し、その後エウクラティデス1世(紀元前170〜145年頃)の治世で悪化しました。 セレウコス朝の領域に目を向けると、ミトリダテス1世はメディアに侵入し、紀元前148年または147年にエクバタナを占領しました。 この地域は、ティマルコスが率いる最近のセレウコス朝による反乱の鎮圧によって不安定化していました。 この勝利に続いて、メソポタミアでパルティアがバビロニアを征服しました。ミトリダテス一世は、紀元前141年にセレウキアで硬貨を鋳造し、公式の叙任式を行いました。 ミトリダテスがヒュルカニアに引退する間、彼の軍隊はエリマイスとカラケネの王国を征服し、スーサを占領しました。 この時までに、パルティアの権威はインダス川まで東に広がっていました。

Whereas Hecatompylos had served as the first Parthian capital, Mithridates established royal residences at Seleucia, Ecbatana, Ctesiphon and his newly founded city, Mithradatkert (Nisa, Turkmenistan), where the tombs of the Arsacid kings were built and maintained. Ecbatana became the main summertime residence for the Arsacid royalty. Ctesiphon may not have become the official capital until the reign of Gotarzes I of Parthia (r. c. 90-80 BC). It became the site of the royal coronation ceremony and the representational city of the Arsacids, according to Brosius.

Hecatompylosが最初のパルティアの首都として機能していたのに対し、Mithridatesは、セレウキア、エクバタナ、クテシフォン、および彼の新しく設立された都市、Mithradatkert(ニサ、トルクメニスタン)に王宮を設立しました。 エクバタナは、アルサシッド王族の夏の住居になりました。 クテシフォンは、パルティアのゴタルゼス1世の治世(紀元前90〜80年頃)まで、公式の首都にならなかった可能性があります。 ブロシウスによれば、ここは王室の戴冠式が行われ、アルサケス朝の代表的な都市になりました。

The Seleucids were unable to retaliate immediately as general Diodotus Tryphon led a rebellion at the capital Antioch in 142 BC. However, by 140 BC Demetrius II Nicator was able to launch a counter-invasion against the Parthians in Mesopotamia. Despite early successes, the Seleucids were defeated and Demetrius himself was captured by Parthian forces and taken to Hyrcania. There Mithridates treated his captive with great hospitality; he even married his daughter Rhodogune of Parthia to Demetrius.

Antiochus VII Sidetes (r. 138-129 BC), a brother of Demetrius, assumed the Seleucid throne and married the latter's wife Cleopatra Thea. After defeating Diodotus Tryphon, Antiochus initiated a campaign in 130 BC to retake Mesopotamia, now under the rule of Phraates II of Parthia (r. c. 138-128 BC).

セレウコス朝は、紀元前142年にディオドトス・トリフォン将軍が首都アンティオキアで反乱を起こしたため、すぐに報復することができませんでした。 しかし、紀元前140年までに、デメトリオス2世ニケーターは、メソポタミアのパルティア人に対して反撃を開始することができました。 初期の成功にもかかわらず、セレウコス朝は敗北し、ディミトリアス自身がパルティア軍に捕らえられ、ヒュルカニアに連れて行かれました。 ミトリダテス1世は、彼の捕虜を素晴らしいもてなしで扱いました。 ミトリダテス1世は、自分の娘ロドグネとデメトリウスを結婚されたほどです。

デメトリウスの兄弟であるアンティオコス7世シデテス(紀元前138〜129年)は、セレウコス朝の王位に就き、クレオパトラ・テアと結婚しました。 ディオドトス・トリフォンを破った後、アンティオコスは紀元前130年にメソポタミアを奪還するキャンペーンを開始し、現在はパルティアのフラーテス2世(紀元前138〜128年頃)の支配下にあります。 

Phraates II フラーテス二世

The Parthian general Indates was defeated along the Great Zab, followed by a local uprising where the Parthian governor of Babylonia was killed. Antiochus conquered Babylonia and occupied Susa, where he minted coins. After advancing his army into Media, the Parthians pushed for peace, which Antiochus refused to accept unless the Arsacids relinquished all lands to him except Parthia proper, paid heavy tribute, and released Demetrius from captivity. Arsaces released Demetrius and sent him to Syria, but refused the other demands.

パルティアの将軍インデートは大ザブ川に沿って敗北し、続いて地元の蜂起が起こり、パルティアのバビロニア知事が殺害されました。 アンティオコスはバビロニアを征服し、スーサを占領し、そこでコインを鋳造しました。 彼の軍隊をメディアに進めた後、パルティア人は平和を求めましたが、アルサシッドがパルティア以外のすべての土地を彼に放棄し、多大な敬意を払い、デメトリウスを捕われの身から解放しない限り、アンティオコスはそれを受け入れることを拒否しました。 アルサケスはデメトリアスを解放し、彼をシリアに送ったが、他の要求を拒否しました。

By Spring 129 BC, the Medes were in open revolt against Antiochus, whose army had exhausted the resources of the countryside during winter. While attempting to put down the revolts, the main Parthian force swept into the region and killed Antiochus in battle. His body was sent back to Syria in a silver coffin; his son Seleucus was made a Parthian prince and a daughter joined Phraates' harem.

紀元前129年の春までに、メデスはアンティオコスに対して公然と反乱を起こしました。アンティオコスの軍隊は冬の間に田舎の資源を使い果たしました。 反乱を鎮圧しようとしている間、主要なパルティア軍はこの地域に押し寄せ、戦闘でアンティオコスを殺害した。 彼の体は銀の棺でシリアに送り返されました。 彼の息子セレウコスはパルティアの王子になり、娘はフラーテスのハーレムに加わりました。

While the Parthians regained the territories lost in the west, another threat arose in the east. In 177-176 BC the nomadic Xiongnu confederation dislodged the nomadic Yuezhi from their homelands in what is now Gansu province in Northwest China; the Yuezhi then migrated west into Bactria and displaced the Saka (Scythian) tribes. The Saka were forced to move further west, where they invaded the Parthian Empire's northeastern borders. Mithridates was thus forced to retire to Hyrcania after his conquest of Mesopotamia.

パルティア人が西で失った領土を取り戻した一方で、東で別の脅威が発生しました。 紀元前177年から176年に、遊牧民匈奴連合は、現在の中国北西部の甘粛省にある故郷から遊牧民月氏を追い出しました。 その後、月氏は西にバクトリアに移住し、サカ(スキタイ)の部族を追放しました。 サカはさらに西に移動することを余儀なくされ、そこで彼らはパルティア帝国の北東の国境に侵入しました。 ミトリダテス1世はメソポタミアを征服した後、ヒュルカニアに引退することを余儀なくされました。

Some of the Saka were enlisted in Phraates' forces against Antiochus. However, they arrived too late to engage in the conflict. When Phraates refused to pay their wages, the Saka revolted, which he tried to put down with the aid of former Seleucid soldiers, yet they too abandoned Phraates and joined sides with the Saka. Phraates II marched against this combined force, but he was killed in battle. The Roman historian Justin reports that his successor Artabanus I of Parthia (r. c. 128-124 BC) shared a similar fate fighting nomads in the east. He claims Artabanus was killed by the Tocharians (identified as the Yuezhi), although Bivar believes Justin conflated them with the Saka. Mithridates II of Parthia (r. c. 124-90 BC) later recovered the lands lost to the Saka in Sistan.

Following the Seleucid withdrawal from Mesopotamia, the Parthian governor of Babylonia, Himerus, was ordered by the Arsacid court to conquer Characene, then ruled by Hyspaosines from Charax Spasinu. When this failed, Hyspaosines invaded Babylonia in 127 BC and occupied Seleucia.

サカの一部は、アンティオコスに対するフラーテスの軍隊に参加しました。しかし、彼らは到着が遅すぎて紛争に巻き込まれませんでした。フラーテスが賃金の支払いを拒否したとき、サカは反乱を起こし、元セレウコス朝の兵士の助けを借りてそれを鎮圧しようとしましたが、彼らもフラーテスを放棄し、サカと協力しました。フラーテス2世はこの合同部隊に対抗して進軍しましたが、彼は戦闘で殺されました。ローマの歴史家ジャスティンは、彼の後継者であるパルティアのアルタバノス1世(紀元前128〜124年頃)が、東部で遊牧民と戦う同様の運命を共有したと報告しています。彼は、アルタバノスがトハラ人(月氏として識別される)によって殺されたと主張しているが、ビバールはジャスティンが彼らをサカと混同したと信じている。パルティアのミトラダテス2世(紀元前124〜90年頃)は、後にシスタンのサカに失われた土地を取り戻しました。

セレウコス朝メソポタミアから撤退した後、パルティアのバビロニア総督ヒメルスは、カラケネを征服するようアルサシッド裁判所から命じられ、その後、カラクス・スパシヌのヒスパネシオスによって統治されました。これが失敗したとき、ヒスパネシオスは紀元前127年にバビロニアに侵入し、セレウキアを占領しました。


 

Mithridates II ミトリダテス二世

Mithridates II the Great was king of Parthian Empire from 123 to 88 BC. His name invokes the protection of Mithra. He adopted the title Epiphanes, "god manifest" and introduced new designs on his extensive coinage. Parthia reached its greatest extent during his reign. He saved the kingdom from the Saka tribes, who occupied Bactria and the east of Iran and killed two of his predecessors in battle. Mithridates II extended the limits of the empire, according to the 3rd century Roman historian Junianus Justinus who tends to confuse him with Mithridates III, under whom Parthia received severe setbacks. He defeated King Artavasdes I of Armenia and conquered seventy valleys, making the heir to the Armenian throne, prince Tigranes, a political hostage. In 123 BC and 115 BC he received Chinese ambassadors sent by the Han emperor Wu Di to reopen the Silk Road through negotiations. His later coins show him bearded, wearing the high domed Parthian crown applied with a star. He also interfered in the wars of the dynasts of Syria. He was the first Parthian king who entered into negotiations with Rome, then represented by Lucius Cornelius Sulla, praetor of Cilicia in 92 BC.

ミトラダテス2世は、紀元前123年から88年までパルティア帝国の王でした。彼の名前はミトラの保護を呼び起こします。彼は「神のマニフェスト」というタイトルのエピファネスを採用し、彼の広範な貨幣に新しいデザインを導入しました。パルティアは彼の治世中にその最大の範囲に達しました。彼はバクトリアとイランの東を占領し、戦いで前任者の2人を殺したサカ族から王国を救った。ミトラダテス2世は、3世紀のローマの歴史家ジュニア・ヌスジャスティヌスによると、帝国の限界を拡大しました。彼はアルメニアのアルタヴァスデス1世を破り、70の谷を征服し、アルメニアの王位継承者であるティグラネス王子を政治的人質にしました。紀元前123年と紀元前115年に、彼は交渉を通じてシルクロードを再開するために武帝から派遣された中国大使を迎えました。彼の後期の硬貨は、星が付けられた高いドーム型のパルティアの王冠を身に着けて、彼がひげを生やしたことを示しています。彼はまたシリア王朝の戦争に干渉しました。彼はローマと交渉を始めた最初のパルティア王であり、紀元前92年にCiliciaの司祭であるルキウス・コルネリウス・スラによって代表されました。 



By 122 BC, Mithridates II forced Hyspaosines out of Babylonia and made the kings of Characene vassals under Parthian suzerainty. After Mithridates extended Parthian control further west, occupying Dura-Europos in 113 BC, he became embroiled in a conflict with the Kingdom of Armenia. His forces defeated and deposed Artavasdes I of Armenia in 97 BC, taking his son Tigranes hostage, who would later become Tigranes II "the Great" of Armenia (r. c. 95-55 BC).

紀元前122年までに、ミトラダテス2世はヒスパネシオスをバビロニアから追い出し、パルティアの宗主国の下でカラケネの王をたてました。 ミトリダテスがパルティアの支配をさらに西に拡大し、紀元前113年にドゥラ・エウロポスを占領した後、彼はアルメニア王国との紛争に巻き込まれました。 彼の軍隊は紀元前97年にアルメニアのアルタヴァスデス1世を打ち負かし、息子のティグラネス2世を人質に取り、後にアルメニアの大王、ティグラネス2世(紀元前95〜55年頃)になりました。

The Indo-Parthian Kingdom, located in modern-day Afghanistan, Pakistan, and northern India, made an alliance with the Parthian Empire in the 1st century BC. Bivar claims that these two states considered each other political equals. After the Greek philosopher Apollonius of Tyana visited the court of Vardanes I of Parthia (r. c. 40-47 AD) in 42 AD, Vardanes provided him with the protection of a caravan as he traveled to Indo-Parthia. When Apollonius reached Indo-Parthia's capital Taxila, his caravan leader read Vardanes' official letter, perhaps written in Parthian, to an Indian official who treated Apollonius with great hospitality.

現代のアフガニスタンパキスタン、インド北部に位置するインド・パルティア王国は、紀元前1世紀にパルティア帝国と同盟を結びました。 Bivarは、これら2つの州が互いに政治的に同等であると見なしたと主張しています。 ギリシャの哲学者ティアナのアポロニウスが西暦42年にパルティアのヴァルダネス1世の宮廷を訪れた後(西暦40〜47年頃)、ヴァルダネスはインド・パルティアに旅行する際にキャラバンの保護を提供しました。 アポロニウスがインド・パルティアの首都タキシラに到着したとき、彼の隊商の指導者は、おそらくパルティア語で書かれたヴァルダネスの公式の手紙を読み、インドの役人に、アポロニウスを素晴らしい待遇でもてなしました。

Following the diplomatic venture of Zhang Qian into Central Asia during the reign of Emperor Wu of Han (r. 141-87 BC), the Han Empire of China sent a delegation to Mithridates II's court in 121 BC. The Han embassy opened official trade relations with Parthia via the Silk Road yet did not achieve a desired military alliance against the Xiongnu confederation. The Parthian Empire was enriched by taxing the Eurasian caravan trade in silk, the most highly priced luxury good imported by the Romans.

Pearls were also a highly valued import from China, while the Chinese purchased Parthian spices, perfumes, and fruits. Exotic animals were also given as gifts from the Arsacid to Han courts; in 87 AD Pacorus II of Parthia sent lions and Persian gazelles to Emperor Zhang of Han (r. 75-88 AD). Besides silk, Parthian goods purchased by Roman merchants included iron from India, spices, and fine leather. Caravans traveling through the Parthian Empire brought West Asian and sometimes Roman luxury glasswares to China.

漢の武帝の治世中(紀元前141-87年)、張騫が中央アジアに外交的に進出した後、中国の漢帝国は紀元前121年にミトラダテス2世の宮廷に代表団を派遣しました。漢大使館はシルクロードを経由してパルティアとの公式貿易関係を開始しましたが、匈奴連合に対して望ましい軍事同盟を達成しませんでした。パルティア帝国は、ユーラシアのキャラバン貿易、ローマ人によって輸入された最も高価な品である絹に、に課税することによって豊かになりました。

真珠も中国からの非常に価値のある輸入品でしたが、中国はパルティアのスパイス、香水、果物を購入しました。エキゾチックな動物もアルサケス朝から漢の宮廷への贈り物として与えられました。西暦87年、パルティアのパコルス2世は、ライオンとペルシャのガゼルを漢の章皇帝に送りました(西暦75〜88年)。シルクの他に、ローマの商人が購入したパルティアの商品には、インドの鉄、香辛料、上質な革が含まれていました。パルティア帝国を旅するキャラバンは、西アジア、時にはローマの高級ガラス製品を中国に持ち込みました。

 


 

Rome and Armeniaローマとアルメニア

The Yuezhi Kushan Empire in northern India largely guaranteed the security of Parthia's eastern border. Thus, from the mid-1st century BC onwards, the Arsacid court focused on securing the western border, primarily against Rome. A year following Mithridates II's subjugation of Armenia, Lucius Cornelius Sulla, the Roman proconsul of Cilicia, convened with the Parthian diplomat Orobazus at the Euphrates river. The two agreed that the river would serve as the border between Parthia and Rome, although Rose Mary Sheldon argues that Sulla only had authority to communicate these terms back to Rome.

インド北部の月氏クシャン帝国は、パルティアの東の国境の安全を大きく保証しました。 したがって、紀元前1世紀半ば以降、アルサケス朝アルメニアの裁判所は、主にローマに対して西側の国境を確保することに焦点を当てました。 ミトラダテス2世がアルメニアを征服した翌年、ローマのシリシア総領事であるルキウス・コルネリウス・スラと、パルティアの外交官オロバズスが、ユーフラテス川に集まりました。 ローズ・メアリー・シェルドンは、スラにはこれらの条件をローマに伝える権限しかないと主張しているが、2人はユーフラテス川を、パルティアとローマの国境とすることに同意しました。

Despite this agreement, in 93 or 92 BC Parthia fought a war in Syria against the tribal leader Laodice and her Seleucid ally Antiochus X Eusebes (r. 95-92? BC), killing the latter. When one of the last Seleucid monarchs, Demetrius III Eucaerus, attempted to siege Beroea (modern Aleppo), Parthia sent military aid to the inhabitants and Demetrius was defeated.

Following the rule of Mithridates II, Gotarzes I ruled Babylonia, while Orodes I (r. c. 90-80 BC) ruled Parthia separately. This system of split monarchy weakened Parthia, allowing Tigranes II of Armenia to annex Parthian territory in western Mesopotamia. This land would not be restored to Parthia until the reign of Sanatruces of Parthia (r. c. 78-71 BC).

この合意にもかかわらず、紀元前93年または92年に、パルティアはシリアで部族の指導者ラオディケと彼女のセレウコス朝の同盟国アンティオコスXエウセベス(紀元前95-92年?)と戦い、後者を殺害しました。 最後のセレウコス朝の君主の1人であるデメトリオス3世ユーカエルスがベロエア(現代のアレッポ)を包囲しようとしたとき、パルティアは住民に軍事援助を送り、デメトリオスは敗北しました。

ミトラダテス2世の支配に従い、ゴタルゼス1世はバビロニアを支配し、オロデス1世(紀元前90〜80年頃)はパルティアを別々に支配しました。 この分割君主制のシステムはパルティアを弱体化させ、アルメニアのティグラネス2世がメソポタミア西部のパルティア領土を併合することを可能にしました。 この土地は、パルティアのシナトルケスの治世(紀元前78-71年頃)までパルティアに戻りませんでした。

Following the outbreak of the Third Mithridatic War, Mithridates VI of Pontus (r. 119-63 BC), an ally of Tigranes II of Armenia, requested aid from Parthia against Rome, but Sanatruces refused help. When the Roman commander Lucullus marched against the Armenian capital Tigranocerta in 69 BC, Mithridates VI and Tigranes II requested the aid of Phraates III of Parthia (r. c. 71-58). Phraates did not send aid either, and after the fall of Tigranocerta he reaffirmed with Lucullus the Euphrates as the boundary between Parthia and Rome.

第三次ミトリダス戦争の勃発後、アルメニアのティグラネス2世の同盟国であるポントゥスのミトリダテス6世(紀元前119〜63年)は、ローマに対してパルティアに援助を要請しましたが、シナトルケスは援助を拒否しました。 ローマの司令官ルクルスが紀元前69年にアルメニアの首都ティグラノセルタに向かって行進したとき、ミトリダテス6世とティグラネス2世は、パルティアのフラーテス3世の援助を要請しました(r。c.71-58)。 フラーテスも援助を送りませんでした、そして、ティグラノセルタの崩壊の後、彼はルキウスと、パルティアとローマの境界はユーフラテス川であることを再確認しました。

Tigranes the Younger, son of Tigranes II of Armenia, failed to usurp the Armenian throne from his father. He fled to Phraates III and convinced him to march against Armenia's new capital at Artaxarta. When this siege failed, Tigranes the Younger once again fled, this time to the Roman commander Pompey. He promised Pompey that he would act as a guide through Armenia, but, when Tigranes II submitted to Rome as a client king, Tigranes the Younger was brought to Rome as a hostage. Phraates demanded Pompey return Tigranes the Younger to him, but Pompey refused. In retaliation, Phraates launched an invasion into Corduene (southeastern Turkey) where, according to two conflicting Roman accounts, the Roman consul Lucius Afranius forced the Parthians out by either military or diplomatic means.

アルメニアのティグラネス2世の息子であるティグラネス・ザ・ヤンガーは、父親からアルメニアの王位を奪うことができませんでした。 彼はフラーテス3世に、アルメニアの新しい首都アルタハタに向かって行進するよう説得しました。 この包囲が失敗したとき、ティグラネス・ザ・ヤンガーは今度はローマの司令官ポンペイに逃げました。 彼はポンペイアルメニアのガイドとして行動することを約束しましたが、ティグラネス2世が王としてローマに認められたとき、ティグラネス2世は人質としてローマに連れて行かれました。 フラーテスはポンペイにティグラネス・ザ・ヤンガーを返還するよう要求しましたが、ポンペイは拒否しました。 報復として、フラーテスはコードゥネ(トルコ南東部)への侵攻を開始しました。2つの相反するローマの記述によると、ローマ執政官ルキウス・アフラニウスは、軍事的または外交的手段によってパルティア人を追い出しました。

Phraates III was assassinated by his sons Orodes II of Parthia and Mithridates III of Parthia, after which Orodes turned on Mithridates, forcing him to flee from Media to Roman Syria. Aulus Gabinius, the Roman proconsul of Syria, marched in support of Mithridates to the Euphrates, but had to turn back to aid Ptolemy XII Auletes (r. 80-58; 55-51 BC) against a rebellion in Egypt. Despite losing his Roman support, Mithridates managed to conquer Babylonia, and minted coins at Seleucia until 54 BC. In that year, Orodes' general, known only as Surena after his noble family's clan name, recaptured Seleucia, and Mithridates was executed.

フラーテス3世は、息子であるパルティアのオロデス2世とパルティアのミトリダテス3世に暗殺され、オロデスはミトリダテスを攻撃したので、ミトリダテスはメディアからシリアへの逃亡を余儀なくされました。

シリアのローマ総領事であるアウルス・ガビニウスは、ミトリダテスを支持してユーフラテス川に向かって行進しましたが、エジプトでの反乱に対してプトレマイオス12世オーレテス(紀元前80-58年;紀元前55-51年)を支援するために引き返す必要がありました。 ミトリダテスはローマの支持を失ったにもかかわらず、なんとかバビロニアを征服し、紀元前54年までセレウキアで硬貨を鋳造しました。 その年、オロデスの将軍(彼の高貴な家族の氏族名にちなんでスレナとしてのみ知られていました)は、セレウキアを奪還し、ミトリダテスは処刑されました。

Marcus Licinius Crassus, one of the triumvirs who was now proconsul of Syria, launched an invasion into Parthia in 53 BC in belated support of Mithridates. As his army marched to Carrhae (modern Harran, southeastern Turkey), Orodes II invaded Armenia, cutting off support from Rome's ally Artavasdes II of Armenia (r. 53-34 BC). Orodes persuaded Artavasdes to a marriage alliance between the crown prince Pacorus I of Parthia (d. 38 BC) and Artavasdes' sister.

Surena, with an army entirely on horseback, rode to meet Crassus. Surena's 1,000 cataphracts, armed with lances, and 9,000 horse archers were outnumbered roughly four to one by Crassus' army, comprising seven Roman legions and auxiliaries including mounted Gauls and light infantry.

現在シリアの総領事であった三頭政治の一人であるマーカス・リキニウス・クラサスは、紀元前53年に、遅ればせながらパルティアへの侵攻を開始しました。 彼の軍隊がCarrhae(現代のハッラーン、トルコ南東部)に行進すると、オロデス2世はアルメニアに侵入し、ローマの同盟国であるアルメニアのアルタウァスデス2世(紀元前53〜34年)からの支援を遮断しました。 オロデスはアルタウァスデスを説得して、パルティアの皇太子パコルス1世(紀元前38年)とアルタウァスデスの妹との婚姻同盟を結びました。

騎馬軍隊を持ったスレナは、クラサスに会うために馬に乗りました。 槍で武装したスレナの1,000の歩兵および9,000の騎兵は、弓騎兵や軽歩兵を含む7つのローマ軍団と補助兵からなるクラサスの軍隊よりも、およそ4対1で数が多かった。

Relying on a baggage train of about 1,000 camels, the Parthian horse archers were given constant supplies of arrows. They employed the "Parthian shot" tactic, where the horsemen would fake a retreat, only to turn and fire upon their opponents. This tactic, combined with the use of heavy composite bows on flat plain devastated Crassus' infantry. With some 20,000 Romans dead, approximately 10,000 captured, and roughly another 10,000 escaping west, Crassus fled into the Armenian countryside. At the head of his army, Surena approached Crassus, offering a parley, which Crassus accepted. However, he was killed when one of his junior officers, suspecting a trap, attempted to stop him from riding into Surena's camp.

約1,000頭のラクダの手荷物列車に頼って、パルティアの弓騎兵は絶えず矢を与えられました。 彼らは「パルティアショット」戦術を採用しました。それは、騎手は後退すると見せかけて、敵に振り向きながら矢を射るものでした。 この戦術は、平野のクラサスの歩兵に対して、重い複合弓を使用することと組み合わされました。約2万人のローマ人が亡くなり、約1万人が捕らえられ、さらに約1万人が西に逃げ出したため、クラサスはアルメニアの田園地帯に逃げ込みました。 スレナはクラサスに近づき、クラサスが受け入れた和平交渉を提案しました。 しかし、罠を疑った彼の尉官の一人が彼がスレナの野営地に行くのを止めようとしたとき、クラサスは殺されました。

Crassus' defeat at Carrhae was one of the worst military defeats of Roman history. Parthia's victory cemented its reputation as a formidable if not equal power with Rome. With his camp followers, war captives, and precious Roman booty, Surena traveled some 700 km (430 mi) back to Seleucia where his victory was celebrated. However, fearing his ambitions even for the Arsacid throne, Orodes had Surena executed shortly thereafter.

Carrhaeでのクラサスの敗北は、ローマ史上最悪の軍事的敗北の一つでした。 パルティアの勝利は、ローマと同等ではないにしても手ごわい権力としての評判を確固たるものにしました。 戦争の捕虜、そして貴重なローマの戦利品と共に、スレナは彼の勝利が祝われたセレウキアに約700 km(430マイル)戻りました。 しかし、アルサケス朝の王位に対する彼の野心を恐れて、オロデス二世は、スレナをその直後に処刑させました。

Emboldened by the victory over Crassus, the Parthians attempted to capture Roman-held territories in Western Asia. Crown prince Pacorus I and his commander Osaces raided Syria as far as Antioch in 51 BC, but were repulsed by Gaius Cassius Longinus, who ambushed and killed Osaces.

The Arsacids sided with Pompey in his civil war against Julius Caesar and even sent troops to support the anti-Caesarian forces at the Battle of Philippi in 42 BC. Quintus Labienus, a general loyal to Cassius and Brutus, sided with Parthia against the Second Triumvirate in 40 BC; the following year he invaded Syria alongside Pacorus I.

クラサスに対する勝利によって大胆になり、パルティア人は西アジアのローマが支配する領土を占領しようとしました。 皇太子パコルス1世とその指揮官オサセスは、紀元前51年にアンティオキアまでシリアを襲撃しましたが、オサセスを待ち伏せして殺したガイウス・カッシウス・ロンギヌスに撃退されました。

アルサケス朝アルメニアは、ジュリアス・シーザーとの内戦でポンペイを支持し、紀元前42年のフィリッピの戦いで反帝王切開軍を支援するために軍隊を派遣しました。 カシウスとブルータスに忠誠を誓うクィントゥス・ラビエヌスは、紀元前40年に第2の勝利者に対してパルティアを支持しました。 翌年、彼はパコルス1世と一緒にシリアを侵略しました。

The triumvir Mark Antony was unable to lead the Roman defense against Parthia due to his departure to Italy, where he amassed his forces to confront his rival Octavian and eventually conducted negotiations with him at Brundisium. After Syria was occupied by Pacorus' army, Labienus split from the main Parthian force to invade Anatolia while Pacorus and his commander Barzapharnes invaded the Roman Levant.

They subdued all settlements along the Mediterranean coast as far south as Ptolemais (modern Acre, Israel), with the lone exception of Tyre. In Judea, the pro-Roman Jewish forces of high priest Hyrcanus II, Phasael, and Herod were defeated by the Parthians and their Jewish ally Antigonus II Mattathias (r. 40-37 BC); the latter was made king of Judea while Herod fled to his fort at Masada.

三頭政治マルクス・アントニウスは、イタリアへの出発のためにパルティアに対するローマの防衛を主導することができませんでした。そこで彼はライバルのオクタヴィアンと対峙するために軍隊を集め、最終的にブリンディジで彼と交渉を行いました。 シリアがパコルスの軍隊に占領された後、ラビエヌスはパルティアの主要部隊から分裂してアナトリアに侵入し、パコルスと彼の指揮官バルザファルネスはローマのレバントに侵入しました。

彼らは、タイレを除いて、プトレマイス(現代のエーカー、イスラエル)まで南の地中海沿岸に沿ったすべての入植地を鎮圧しました。 ユダヤでは、大祭司のヒルカヌス2世、ファサエル、ヘロデの親ローマ系ユダヤ人軍が、パルティア人とそのユダヤ人の同盟国であるアンティゴノス2世マタティアス(紀元前40〜37年)に敗北しました。 ヘロデがマサダの砦に逃げる間、後者はユダヤの王になりました。

Despite these successes, the Parthians were soon driven out of the Levant by a Roman counteroffensive. Publius Ventidius Bassus, an officer under Mark Antony, defeated and then executed Labienus at the Battle of the Cilician Gates (in modern Mersin Province, Turkey) in 39 BC. Shortly afterward, a Parthian force in Syria led by general Pharnapates was defeated by Ventidius at the Battle of Amanus Pass. As a result, Pacorus I temporarily withdrew from Syria. When he returned in the spring of 38 BC, he faced Ventidius at the Battle of Mount Gindarus, northeast of Antioch. Pacorus was killed during the battle, and his forces retreated across the Euphrates. His death spurred a succession crisis in which Orodes II chose Phraates IV of Parthia (r. c. 38-2 BC) as his new heir.

これらの成功にもかかわらず、パルティア人はすぐにローマの反撃によってレバントから追い出されました。 マルクス・アントニウスの将校であるプブリウス・ヴェンティディウス・バサスは、紀元前39年のギュレク峠の戦い(トルコの現代メルシン州)で、クィントゥス・ラビエヌスを破り、処刑しました。 その後まもなく、アマヌス街道の戦いで、ファルナパテス将軍が率いるシリアのパルティア軍が、ヴェンティディウスに敗北しました。 その結果、パコルス1世はシリアから一時的に撤退しました。 紀元前38年の春に戻ったとき、彼はアンティオキアの北東にあるギンダロス山の戦いでヴェンティディウスと対峙しました。 パコルスは戦闘中に殺され、彼の軍隊はユーフラテス川を越えて撤退した。 彼の死は、オロデス2世が新しい相続人としてパルティアのフラーテス4世(紀元前38-2年頃)を選んだ継承危機に拍車をかけました。

 

Phraates IV

Upon assuming the throne, Phraates IV eliminated rival claimants by killing and exiling his own brothers. One of them, Monaeses, fled to Antony and convinced him to invade Parthia. Antony defeated Parthia's Judaean ally Antigonus in 37 BC, installing Herod as a client king in his place. The following year, when Antony marched to Erzurum, Artavasdes II of Armenia once again switched alliances by sending Antony additional troops.

フラーテス4世は王位に就くと、自分の兄弟を殺して追放することにより、ライバルの原告を排除しました。 そのうちの一人、モナエセスはアントニーに逃げ、パルティアに侵入するよう説得しました。 アントニーは紀元前37年にパルティアのユダヤ人の同盟国アンティゴノスを破り、ヘロデを傀儡の王として、彼の代わりに立てました。 翌年、アントニーがエルズルムに行進したとき、アルメニアのアルタウァスデス2世は、アントニーに追加の軍隊を送ることによって再び同盟を切り替えました。

Antony invaded Media Atropatene (modern Azerbaijan), then ruled by Parthia's ally Artavasdes I of Media Atropatene, with the intention of seizing the capital Praaspa, the location of which is now unknown. However, Phraates IV ambushed Antony's rear detachment, destroying a giant battering ram meant for the siege of Praaspa; after this, Artavasdes abandoned Antony's forces.

The Parthians pursued and harassed Antony's army as they fled to Armenia. Eventually, the greatly weakened force reached Syria. After this, Antony lured Artavasdes II into a trap with the promise of a marriage alliance. He was taken captive in 34 BC, sent back to Rome, and executed. Antony attempted to strike an alliance with Artavasdes I of Media Atropatene, whose relations with Phraates IV had recently soured. This was abandoned when Antony and his forces withdrew from Armenia in 33 BC; they escaped a Parthian invasion while Antony's rival Octavian attacked his forces to the west. Following Antony's departure, the Parthian ally Artaxias II reassumed the throne of Armenia.

アンソニーはメディア・アトロパテネ(現代のアゼルバイジャン)に侵入しました。その後パルティアの同盟国であるメディア・アトロパテネのアルタヴァスデス1世によって統治され、現在は場所が不明な首都プラアスパを占領することを目的としていました。

しかし、フラーテス4世はアンソニーの後方分遣隊を待ち伏せし、プラスパの周りの巨大な破城槌を破壊しました。この後、アルタウァスデスはアントニーの軍隊を放棄しました。

パルティア人はアルメニアに逃げるときに、アンソニーの軍隊を追跡し、嫌がらせをしました。最終的に、非常に弱体化した力がシリアに到達しました。この後、アンソニーは結婚同盟を約束して、アルタウァスデス2世を罠に誘い込みました。彼は紀元前34年に捕虜になり、ローマに送り返され、処刑されました。アンソニーは、最近フラーテス4世との関係が悪化したメディア・アトロパテンのアルタヴァスデス1世と同盟を結ぶことを試みました。これは、アンソニーと彼の軍隊が紀元前33年にアルメニアから撤退したときに放棄されました。アンソニーのライバルであるオクタヴィアンが西を攻撃している間、彼らはパルティアの侵略を免れました。アンソニーが去った後、パルティアの同盟国であるアルタクシアス2世はアルメニアの王位を取り戻しました。

 


 

Peace with Rome, court intrigue and contact with Chinese generals
ローマとの平和、法廷の陰謀、中国の将軍との接触

Following the defeat of Antony at the Battle of Actium in 31 BC, Octavian consolidated his political power and in 27 BC was named Augustus by the Roman Senate, becoming the first Roman emperor. Around this time, Tiridates II of Parthia briefly overthrew Phraates IV, who was able to quickly reestablish his rule with the aid of Scythian nomads.

紀元前31年のアクティウムの海戦でアンソニーが敗北した後、オクタヴィアンは彼の政治力を強化し、紀元前27年にローマ上院からアウグストゥスに指名され、最初のローマ皇帝になりました。 この頃パルティアのティリダテス二世は、スキタイの遊牧民の助けを借りて、支配を迅速に再確立することができたフラーテス四世を一時的に倒しました。

Tiridates fled to the Romans, taking one of Phraates' sons with him. In negotiations conducted in 20 BC, Phraates arranged for the release of his kidnapped son. In return, the Romans received the lost legionary standards taken at Carrhae in 53 BC, as well as any surviving prisoners of war. The Parthians viewed this exchange as a small price to pay to regain the prince. Augustus hailed the return of the standards as a political victory over Parthia; this propaganda was celebrated in the minting of new coins, the building of a new temple to house the standards, and even in fine art such as the breastplate scene on his statue Augustus of Prima Porta.

ティリダテス二世は、フラーテスの息子の一人を連れて、ローマに逃げました。 紀元前20年に行われた交渉で、フラーテスは誘拐された息子の釈放を手配しました。 その見返りに、ローマ人は紀元前53年にCarrhaeで取られた軍団と、生き残った捕虜を受け取りました。 パルティア人は、この交換を王子を取り戻すために支払う小さな代償と見なしていました。 アウグストゥスは、パルティアに対する政治的勝利として基準の復活を歓迎しました。 この宣伝は、新しいコインの鋳造、基準を収容するための新しい寺院の建設、さらにはプリマポルタのアウグストゥス像の胸当てシーンなどの美術でも祝われました。

Along with the prince, Augustus also gave Phraates IV an Italian slave-girl, who later became Queen Musa of Parthia. To ensure that her child Phraataces would inherit the throne without incident, Musa convinced Phraates IV to give his other sons to Augustus as hostages. Again, Augustus used this as propaganda depicting the submission of Parthia to Rome, listing it as a great accomplishment in his Res Gestae Divi Augusti.

アウグストゥスは王子と一緒に、後にパルティアのムサ女王になった、イタリアの奴隷少女ムサもフラーテス四世に与えました。 彼女の子供Phraatacesフラーテスが、問題なく王位を継承することを確実にするため、ムサはフラーテス四世に、彼の他の息子を人質としてアウグストゥスに与えるように説得しました。 繰り返しになりますが、アウグストゥスはこれをローマへのパルティアの提出を描いた宣伝として使用し、彼のRes Gestae Divi Augustiで大きな成果として挙げています。

When Phraataces took the throne as Phraates V of Parthia (r. c. 2 BC - 4 AD), Musa married her own son and ruled alongside him. The Parthian nobility, disapproving of both the incestuous relationship and the notion of a king with non-Arsacid blood, forced the pair into exile in Roman territory.[95] Phraates' successor Orodes III of Parthia lasted just two years on the throne, and was followed by Vonones I of Parthia, who had adopted many Roman mannerisms during time in Rome. The Parthian nobility, angered by Vonones' sympathies for the Romans, backed a rival claimant, Artabanus II of Parthia (r. c. 10-38 AD), who eventually defeated Vonones and drove him into exile in Roman Syria.

フラーテスがパルティアのフラーテス5世として王位に就いたとき(紀元前2年から西暦4年頃)、ムサは自分の息子と結婚し、彼と一緒に支配しました。 パルティアの貴族は、近親相姦の関係と非アルサシッドの血を持った王の概念の両方を否定し、ローマの領土に亡命させました。 フラーテスの後継者であるパルティアのオロデス3世は、わずか2年間王位に就き、その後、ローマで多くのマニエリスムを採用したパルティアのヴォノネス1世が続きました。 ローマ人に対するヴォノネスの同情に怒りを覚えたパルティアの貴族は、ライバルの主張者であるパルティアのアルタバノス2世(西暦10〜38年頃)を支持しました。

During the reign of Artabanus II, two Jewish commoners and brothers, Anilai and Asinai from Nehardea (near modern Fallujah, Iraq), led a revolt against the Parthian governor of Babylonia. After defeating the latter, the two were granted the right to govern the region by Artabanus II, who feared further rebellion elsewhere. Anilai's Parthian wife poisoned Asinai out of fear he would attack Anilai over his marriage to a gentile. Following this, Anilai became embroiled in an armed conflict with a son-in-law of Artabanus, who eventually defeated him. With the Jewish regime removed, the native Babylonians began to harass the local Jewish community, forcing them to emigrate to Seleucia. When that city rebelled against Parthian rule in 35-36 AD, the Jews were expelled again, this time by the local Greeks and Aramaeans. The exiled Jews fled to Ctesiphon, Nehardea, and Nisibis.

アルタバノス二世の治世中、ネハルデア(現代のイラクファルージャの近く)出身のユダヤ人兄弟アニライとアシナイが、パルティアのバビロニア知事に対して反乱を起こしました。 知事を打ち負かした後、2人は他の場所でのさらなる反乱を恐れたアルタバノス2世によってこの地域を統治する権利を与えられました。 アニライのパルティアの妻は、異邦人との結婚をめぐってアニライを攻撃することを恐れて、アシナイを毒殺しました。 これに続いて、アニライはアルタバノスの義理の息子との武力紛争に巻き込まれ、アルタバノスは最終的に彼を打ち負かしました。 ユダヤ人政権が撤廃されると、バビロニア人は地元のユダヤ人コミュニティに嫌がらせを始め、ユダヤ人たちはセレウキアへの移住を余儀なくされました。 その都市が西暦35〜36年にパルティアの支配に反抗したとき、ユダヤ人は地元のギリシャ人とアラム人によって追放されました。 追放されたユダヤ人は、クテシフォン、ネハルデア、ニシビスに逃げました。

Although at peace with Parthia, Rome still interfered in its affairs. The Roman emperor Tiberius (r. 14-37 AD) became involved in a plot by Pharasmanes I of Iberia to place his brother Mithridates on the throne of Armenia by assassinating the Parthian ally King Arsaces of Armenia.

Artabanus II tried and failed to restore Parthian control of Armenia, prompting an aristocratic revolt that forced him to flee to Scythia. The Romans released a hostage prince, Tiridates III of Parthia, to rule the region as an ally of Rome. Shortly before his death, Artabanus managed to force Tiridates from the throne using troops from Hyrcania.

パルティアとの和平はあったものの、ローマは依然としてその問題に干渉していました。 ローマ皇帝ティベリウス(西暦14〜37年)は、パルティアの同盟国であるアルメニアのアルサス王を暗殺することにより、弟のミトリダテスをアルメニアの王位に置くというイベリアのファーズマン1世の陰謀に巻き込まれました。

アルタバノス二世は、パルティアによるアルメニアの支配を回復しようとしましたが失敗し、貴族の反乱を引き起こし、スキタイに逃げることを余儀なくされました。 ローマ人は、ローマの同盟国としてこの地域を統治するために、人質の王子、パルティアのティリダテス三世を解放しました。 彼の死の少し前に、アルタバノス二世はヒュルカニアからの軍隊を使って、ティリダテス三世を王位から追いおとすことに成功しました。

After Artabanus' death in 38 AD, a long civil war ensued between the rightful successor Vardanes I of Parthia and his brother Gotarzes II of Parthia. After Vardanes was assassinated during a hunting expedition, the Parthian nobility appealed to Roman emperor Claudius (r. 41-54 AD) in 49 AD to release the hostage prince Meherdates to challenge Gotarzes. This backfired when Meherdates was betrayed by the governor of Edessa and Izates bar Monobaz of Adiabene; he was captured and sent to Gotarzes, where he was allowed to live after having his ears mutilated, an act that disqualified him from inheriting the throne.

西暦38年にアルタバノスが亡くなった後、パルティアの正当な後継者であるヴァルダネス1世と彼の兄弟であるパルティアのゴタルゼス2世の間で、長い内戦が起こりました。 ヴァルダネス一世が狩猟遠征中に暗殺された後、パルティアの貴族は西暦49年にローマ皇帝クラウディウス(西暦41〜54年)に、人質の王子メヘルデートを解放してゴタルゼスに挑戦するよう訴えました。 これは、メヘルデートがエデッサの知事とアディアバネのイザテス・バーモノバズによって裏切られたときに裏目に出ました。 彼は捕らえられてゴタルゼスに送られ、そこで耳を切断された後、生きることが許されました。これは彼が王位を継承する資格を失った印です。

In 97 AD, the Chinese general Ban Chao, the Protector-General of the Western Regions, sent his emissary Gan Ying on a diplomatic mission to reach the Roman Empire. Gan visited the court of Pacorus II of Parthia at Hecatompylos before departing towards Rome. He traveled as far west as the Persian Gulf, where Parthian authorities convinced him that an arduous sea voyage around the Arabian Peninsula was the only means to reach Rome.

西暦97年、西部地域の保護総長である中国の将軍バン・チャオは、ローマ帝国に到達するための外交使節団に彼の使者甘英を派遣しました。 甘英はローマに向けて出発する前に、ヘカトンピュロスにあるパルティアのパコルス2世の宮廷を訪れました。 彼はペルシャ湾まで西に旅し、パルティア当局は、アラビア半島周辺の困難な航海がローマに到達する唯一の手段であると彼に確信させました。

Discouraged by this, Gan Ying returned to the Han court and provided Emperor He of Han (r. 88-105 AD) with a detailed report on the Roman Empire based on oral accounts of his Parthian hosts. William Watson speculates that the Parthians would have been relieved at the failed efforts by the Han Empire to open diplomatic relations with Rome, especially after Ban Chao's military victories against the Xiongnu in eastern Central Asia. However, Chinese records maintain that a Roman embassy, perhaps only a group of Roman merchants, arrived at the Han capital Luoyang in 166 AD, during the reigns of Marcus Aurelius (r. 161-180 AD) and Emperor Huan of Han (r. 146-168 AD).

これに落胆した甘英は、漢の法廷に戻り、漢の皇帝(r。88-105AD)に、パルティアの口頭による説明に基づいた、ローマ帝国に関する詳細な報告を提供しました。 ウィリアム・ワトソンは、特に中央アジア東部の匈奴に対するバン・チャオ将軍の軍事的勝利の後、ローマとの外交関係を開くための漢帝国による努力は失敗して、パルティア人は安心しただろうと推測している。 しかし、中国の記録によれば、ローマ大使館、おそらくローマの商人のグループだけは、マルクス・アウレリウス(161-180年)と桓帝( 146-168 AD)の時代である紀元前166年に漢帝国の首都に到達しました。

 

Continuation of Roman Hostilities and Parthian Decline
ローマの敵意とパルティアの衰退

Map of the troop movements during the first two years of the Roman Parthian War of 58-63 AD over the Kingdom of Armenia, detailing the Roman offensive into Armenia and capture of the country by Gnaeus Domitius Corbulo

アルメニア王国をめぐる西暦58年から63年のパルティア戦争の最初の2年間の軍隊の動きの地図。アルメニアへのローマの攻勢と、グナエウス・ドミティウス・コルブロによる国の占領について詳しく説明しています。

 



After the Iberian king Pharasmanes I had his son Rhadamistus (r. 51-55 AD) invade Armenia to depose the Roman client king Mithridates, Vologeses I of Parthia (r. c. 51-77 AD) planned to invade and place his brother, the later Tiridates I of Armenia, on the throne. Rhadamistus was eventually driven from power, and, beginning with the reign of Tiridates, Parthia would retain firm control over Armenia - with brief interruptions - through the Arsacid Dynasty of Armenia. Even after the fall of the Parthian Empire, the Arsacid line lived on through the Armenian kings.

イベリアの王ファーズマン1世の後、息子のラダミストゥス(r。51-55AD)がアルメニアに侵入して、ローマの傀儡王ミトリダテスを追放しました。パルティアのヴォロジェス1世(西暦51〜77年頃)は、彼の兄弟である後のアルメニアのティリダテス1世を侵略して王位に就くことを計画していました。王位に就いたアルメニアのラダミストゥスは最終的に権力から追いやられ、ティリダテスの治世から始まって、パルティアはアルメニアアルサケス朝を通してアルメニアをしっかりと支配し続けました。 パルティア帝国の崩壊後も、アルメニアの王たちを通してアルサシッドの路線が生き続けました。

When Vardanes II of Parthia rebelled against his father Vologeses I in 55 AD, Vologeses withdrew his forces from Armenia. Rome quickly attempted to fill the political vacuum left behind. In the Roman-Parthian War of 58-63 AD, the commander Gnaeus Domitius Corbulo achieved some military successes against the Parthians while installing Tigranes VI of Armenia as a Roman client. However, Corbulo's successor Lucius Caesennius Paetus was soundly defeated by Parthian forces and fled Armenia. Following a peace treaty, Tiridates I traveled to Naples and Rome in 63 AD. At both sites the Roman emperor Nero (r. 54-68 AD) ceremoniously crowned him king of Armenia by placing the royal diadem on his head.

パルティアのヴァルダネス2世が、西暦55年に父親のヴォロジェス1世に反抗したとき、ヴォロジェスはアルメニアから部隊を撤退させました。 ローマはすぐに取り残された政治的空白を埋めようとしました。 西暦58〜63年のローマ・パルティア戦争では、司令官グナエウス・ドミティウス・コルブロが、ローマの傀儡としてアルメニアのティグラネス6世を立てている間、パルティアに対していくつかの軍事的成功を収めました。 しかし、コルブロの後継者であるルキウス・カセネニウス・パエトゥスはパルティア軍に大敗し、アルメニアから逃亡しました。 平和条約に続いて、ティリダテス一世は、西暦63年にナポリとローマに旅行しました。 両方の場所で、ローマ皇帝ネロ(r。54-68AD)は、王冠をティリダテス一世の頭に置くことによって、アルメニアの王を儀式的に戴冠させました。

A long period of peace between Parthia and Rome ensued, with only the invasion of Alans into Parthia's eastern territories around 72 AD mentioned by Roman historians. Whereas Augustus and Nero had chosen a cautious military policy when confronting Parthia, later Roman emperors invaded and attempted to conquer the eastern Fertile Crescent, the heart of the Parthian Empire along the Tigris and Euphrates.

パルティアとローマの間の長い平和が続き、ローマの歴史家が言及したのは、西暦72年頃のパルティアの東部領土へのアラン人の侵入だけでした。 アウグストゥスとネロはパルティアと対峙する際に慎重な軍事政策を選択しましたが、後にローマ皇帝が侵入し、ティグリス川とユーフラテス川に沿った、パルティア帝国の中心である肥沃な三日月地帯を征服しようとしました。

The heightened aggression can be explained in part by Rome's military reforms. To match Parthia's strength in missile troops and mounted warriors, the Romans at first used foreign allies (especially Nabataeans), but later established a permanent auxilia force to complement their heavy legionary infantry. The Romans eventually maintained regiments of horse archers (sagittarii) and even mail-armored cataphracts in their eastern provinces. Yet the Romans had no discernible grand strategy in dealing with Parthia and gained very little territory from these invasions. The primary motivations for war were the advancement of the personal glory and political position of the emperor, as well as defending Roman honor against perceived slights such as Parthian interference in the affairs of Rome's client states.

攻撃性の高まりは、ローマの軍事改革によって部分的に説明することができます。 矢を射る軍隊と騎馬戦士におけるパルティアの強さに匹敵するために、ローマ人は最初は外国の同盟国(特にナバテア人)を使用しましたが、後に彼らの重い軍団歩兵を補完するために恒久的な補助部隊を設立しました。 ローマ人は最終的に彼らの東部の州で弓騎兵(サジタリー)の連隊と完全武装隊さえ維持しました。 それでも、ローマ人はパルティアに対処する際に認識できる大戦略を持っておらず、これらの侵略からほとんど領土を獲得していませんでした。 戦争の主な動機は、皇帝の個人的な栄光と政治的立場の向上、およびローマの傀儡国の情勢における、パルティアの干渉などからローマの名誉を守ることでした。

Hostilities between Rome and Parthia were renewed when Osroes I of Parthia (r. c. 109-128 AD) deposed the Armenian king Tiridates and replaced him with Axidares, son of Pacorus II, without consulting Rome. The Roman emperor Trajan (r. 98-117 AD) had the next Parthian nominee for the throne, Parthamasiris, killed in 114 AD, instead making Armenia a Roman province.

パルティアのオスロエス1世(西暦109〜128年頃)がアルメニアのティリダテス王を追放し、ローマに相談せずにパコルス2世の息子であるアクシダレスと交代させたとき、ローマとパルティアの間の敵意が新たに生まれました。 ローマ皇帝トラヤヌス(r。98-117AD)は、次のパルティアの王位候補であるパルティアマシリスを紀元114年に殺害し、代わりにアルメニアを属州にしました。

His forces, led by Lusius Quietus, also captured Nisibis; its occupation was essential to securing all the major routes across the northern Mesopotamian plain. The following year, Trajan invaded Mesopotamia and met little resistance from only Meharaspes of Adiabene, since Osroes was engaged in a civil war to the east with Vologases III of Parthia. Trajan spent the winter of 115-116 at Antioch, but resumed his campaign in the spring. Marching down the Euphrates, he captured Dura-Europos, the capital Ctesiphon and Seleucia, and even subjugated Characene, where he watched ships depart to India from the Persian Gulf.

ルシウス・クィエトゥスが率いる彼の軍隊もニシビスを占領しました。 その占領は、メソポタミア平原北部を横断するすべての主要ルートを確保するために不可欠でした。 翌年、オスロエスがパルティアのヴォロガセス3世と東の内戦に従事していたため、トラヤヌスメソポタミアに侵入しましたが、アディアバネのメバルサペスからの少し抵抗されただけでした。

トラヤヌスは115-116年の冬をアンティオキアで過ごしましたが、春に戦闘を再開しました。 ユーフラテス川を下って行進し、彼は首都クテシフォンとセレウキアであるドゥラ・エウロポスを占領し、さらにはカラケネを征服し、そこで船がペルシャ湾からインドに向けて出発するのを見ました。

In the last months of 116 AD, Trajan captured the Persian city of Susa. When Sanatruces II of Parthia gathered forces in eastern Parthia to challenge the Romans, his cousin Parthamaspates of Parthia betrayed and killed him: Trajan crowned him the new king of Parthia. Never again would the Roman Empire advance so far to the east.

西暦116年の最後の数か月で、トラヤヌスペルシャの都市スーサを占領しました。 パルティアのシナトルケス2世がローマ人に挑戦するためにパルティア東部に軍隊を集めたとき、彼のいとこパルティアのパルタマスパテスは、彼を裏切って殺しました。トラヤヌスは彼をパルティアの新しい王として戴冠させました。 ローマ帝国が東に進むことは二度とありません。

On Trajan's return north, the Babylonian settlements revolted against the Roman garrisons. Trajan was forced to retreat from Mesopotamia in 117 AD, overseeing a failed siege of Hatra during his withdrawal. His retreat was-in his intentions-temporary, because he wanted to renew the attack on Parthia in 118 AD and "make the subjection of the Parthians a reality," but Trajan died suddenly in August 117 AD.

トラヤヌスの北への帰還で、バビロニアの入植地はローマの守備隊に対して反乱を起こしました。 トラヤヌスは西暦117年にメソポタミアから撤退することを余儀なくされ、撤退中にハトラの包囲が失敗しました。 西暦118年にパルティアへの攻撃を再開し、パルティア人の服従を現実のものにしたかったため、彼の退却は一時的なものでしたが、トラヤヌスは西暦117年8月に突然亡くなりました。

During his campaign, Trajan was granted the title Parthicus by the Senate and coins were minted proclaiming the conquest of Parthia. However, only the 4th-century AD historians Eutropius and Festus allege that he attempted to establish a Roman province in lower Mesopotamia.

彼の進軍中に、トラヤヌスは上院からパルティクスの称号を与えられ、パルティアの征服を宣言するコインが鋳造されました。 しかし、4世紀のADの歴史家、エウトロピウスとフェストゥスだけが、メソポタミア南部に属州を設立しようとしたと主張しています。

Trajan's successor Hadrian (r. 117-138 AD) reaffirmed the Roman-Parthian border at the Euphrates, choosing not to invade Mesopotamia due to Rome's now limited military resources. Parthamaspates fled after the Parthians revolted against him, yet the Romans made him king of Osroene. Osroes I died during his conflict with Vologases III, the latter succeeded by Vologases IV of Parthia (r. c. 147-191 AD) who ushered in a period of peace and stability. However, the Roman-Parthian War of 161-166 AD began when Vologases invaded Armenia and Syria, retaking Edessa. Roman emperor Marcus Aurelius (r. 161-180 AD) had co-ruler Lucius Verus (r. 161-169 AD) guard Syria while Marcus Statius Priscus invaded Armenia in 163 AD, followed by the invasion of Mesopotamia by Avidius Cassius in 164 AD.

トラヤヌスの後継者ハドリアヌス(r。117-138AD)は、ユーフラテス川でのローマとパルティアの国境を再確認し、ローマの軍事資源が限られているため、メソポタミアに侵入しないことを選択しました。 パルティア人が彼に反乱を起こした後、パルタマスパテスは逃げましたが、ローマ人は彼をオスロエネの王にしました。 オスロエス1世は、ヴォロガセス3世との対立の最中に亡くなりました。後者は、平和と安定の時代を迎えたパルティアのヴォロガセス4世(西暦147〜191年頃)に引き継がれました。 しかし、西暦161〜166年のローマ・パルティア戦争は、ヴォロガセスがアルメニアとシリアに侵入し、エデッサを奪還したときに始まりました。 ローマ皇帝マルクス・アウレリウス(r。161-180AD)は、共同支配者のルキウス・ヴェルス(r。161-169AD)がシリアを守っていましたが、マルクス・スタティウス・プリスカスは163 ADにアルメニアに侵攻し、続いて164ADにアビディウス・カシウスがメソポタミアに侵攻しました。 

The Romans captured and burnt Seleucia and Ctesiphon to the ground, yet they were forced to retreat once the Roman soldiers contracted a deadly disease (possibly smallpox) that soon ravaged the Roman world. Although they withdrew, from this point forward the city of Dura-Europos remained in Roman hands.

ローマ人はセレウキアとクテシフォンを占領して焼き払ったが、ローマの兵士が致命的な病気(おそらく天然痘)にかかり、すぐに彼らは撤退を余儀なくされました。 彼らは撤退しましたが、この時点から、ドゥラ・エウロポスの街はローマの手に残りました。

When Roman emperor Septimius Severus (r. 193-211 AD) invaded Mesopotamia in 197 AD during the reign of Vologases V of Parthia (r. c. 191-208 AD), the Romans once again marched down the Euphrates and captured Seleucia and Ctesiphon. After assuming the title Parthicus Maximus, he retreated in late 198 AD, failing as Trajan once did to capture Hatra during a siege.

ローマ皇帝セプティミウス・セウェルス(西暦193-111年)がパルティアのヴォロガセス5世(西暦191-208年頃)の治世中にメソポタミアに侵入したとき、ローマ人は再びユーフラテス川を下ってセレウキアとクテシフォンを占領しました。 Parthicus Maximusという称号を獲得した後、彼は西暦198年後半に撤退し、トラヤヌスが包囲中にハトラを占領したことがあったように失敗しました。

Around 212 AD, soon after Vologases VI of Parthia (r. c. 208-222 AD) took the throne, his brother Artabanus IV of Parthia (d. 224 AD) rebelled against him and gained control over a greater part of the empire. Meanwhile, the Roman emperor Caracalla (r. 211-217 AD) deposed the kings of Osroene and Armenia to make them Roman provinces once more. He marched into Mesopotamia under the pretext of marrying one of Artabanus' daughters, but-because the marriage was not allowed-made war on Parthia and conquered Arbil east of the Tigris river.

西暦212年頃、パルティアのヴォロガセス6世(西暦208〜222年頃)が王位に就いた直後、彼の兄弟であるパルティアのアルタバノス4世(西暦224年)は彼に反抗し、帝国の大部分を支配しました。 一方、ローマ皇帝カラカラ(r。211-217AD)は、オスロエネとアルメニアの王を再びローマの属州にするために証言しました。 彼はアルタバノスの娘の一人と結婚するという名目でメソポタミアに行進したが、結婚が許可されなかったため、パルティアと戦争をし、チグリス川の東にあるアルビールを征服しました。

Caracalla was assassinated the next year on the road to Carrhae by his soldiers. After this debacle, the Parthians made a settlement with Macrinus (r. 217-218) where the Romans paid Parthia over two-hundred million denarii with additional gifts.

カラカラ皇帝は、翌年兵士によって暗殺されました。 この大失敗の後、パルティア人はマクリヌス(r。217-218)と和解し、ローマ人はパルティアに2億ディナリ以上の追加の贈り物を支払いました。

But the Parthian Empire, weakened by internal strife and wars with Rome, was soon to be followed by the Sassanid Empire. Indeed shortly afterward, Ardashir I, the local Iranian ruler of Persis (modern Fars Province, Iran) from Estakhr began subjugating the surrounding territories in defiance of Arsacid rule. He confronted Artabanus IV in battle on 28 April 224 AD, perhaps at a site near Isfahan, defeating him and establishing the Sassanid Empire. There is evidence, however, that suggests Volageses VI continued to mint coins at Seleucia as late as 228 AD.

しかし、内戦とローマとの戦争によって弱体化したパルティア帝国は、すぐにサーサーン朝ペルシャ帝国にとって変わられました。 その直後、イスタフル出身の地元イランのペルシス統治者であるアルダシール1世(現代のファールス州、イラン)は、アルサケス朝の統治を無視して周辺地域を征服し始めました。 彼は西暦224年4月28日、おそらくイスファハンの近くの場所でアルタバノス4世と戦い、彼を打ち負かし、ササン朝を樹立しました。 しかし、ボラゲセス六世が西暦228年までセレウキアで硬貨を鋳造し続けたことを示唆する証拠があります。

The Sasanians would not only assume Parthia's legacy as Rome's Persian nemesis, but they would also attempt to restore the boundaries of the Achaemenid Empire by briefly conquering the Levant, Anatolia, and Egypt from the Eastern Roman Empire during the reign of Khosrau II (r. 590-628 AD). However, they would lose these territories to Heraclius-the last Roman emperor before the Arab conquests.

ササン朝は、パルティアの遺産をペルシャの宿敵と見なすだけでなく、コスロー2世の治世中に、東ローマ帝国からレバント、アナトリア、エジプトを簡単に征服することによって、アケメネス朝の境界を回復しようとしました(r。 590-628 AD)。 しかし、彼らはこれらの領土をヘラクレイオス(アラブ征服前の最後のローマ皇帝)によって失うことになります。


 

Historical Depictions 歴史的描写

Local and foreign written accounts, as well as non-textual artifacts have been used to reconstruct Parthian history. Although the Parthian court maintained records, the Parthians had no formal study of history; the earliest universal history of Iran, the Khwaday-Namag, was not compiled until the reign of the last Sassanid ruler Yazdegerd III (r. 632-651 AD).

パルティアの歴史を再構築するために、国内および海外の書面による説明、および非テキストが使用されてきました。 パルティアの裁判所は記録を保持していましたが、パルティアには歴史に関する正式な研究はありませんでした。 イランの最も初期の普遍史であるフワダーイ・ナマグは、最後のササーン朝の支配者ヤズデガルド3世(西暦632-651年)の治世まで編集されませんでした。

Indigenous sources on Parthian history remain scarce, with fewer of them available than for any other period of Iranian history. Most contemporary written records on Parthia contain Greek as well as Parthian and Aramaic inscriptions. The Parthian language was written in a distinct script derived from the Imperial Aramaic chancellery script of the Achaemenids, and later developed into the Pahlavi writing system.

パルティアの歴史に関する情報源は依然として不足しており、イランの歴史の他のどの期間よりも入手可能なものは少ない。 パルティアに関するほとんどの現代の書面による記録には、ギリシャ語、パルティア語、アラム語の碑文が含まれています。 パルティア語は、アケメネス朝の帝国アラム文字から派生した別個の文字で書かれ、後にパフラヴィー文字体系に発展しました。

The most valuable indigenous sources for reconstructing an accurate chronology of Arsacid rulers are the metal drachma coins issued by each ruler. These represent a "transition from non-textual to textual remains," according to historian Geo Widengren. Other Parthian sources used for reconstructing chronology include cuneiform astronomical tablets and colophons discovered in Babylonia. Indigenous textual sources also include stone inscriptions, parchment and papyri documents, and pottery ostraca. For example, at the early Parthian capital of Mithradatkert/Nisa in Turkmenistan, large caches of pottery ostraca have been found yielding information on the sale and storage of items like wine. Along with parchment documents found at sites like Dura-Europos, these also provide valuable information on Parthian governmental administration, covering issues such as taxation, military titles, and provincial organization.

アルサケス朝アルメニアの支配者の正確な年表を再構築するための最も価値のある先住民の情報源は、各支配者によって発行された金属ドラクマコインです。 歴史家のジオ・ワイデングレンによれば、これらは「非テキストからテキストの遺物への移行」を表しています。 年代学を再構築するために使用される他のパルティアの情報源には、バビロニアで発見された楔形文字の天文記念碑と奥付が含まれます。 現地の原文には、石碑文、羊皮紙とパピルスの文書、陶器の投票陶片も含まれています。 たとえば、トルクメニスタンの初期パルティアの首都であるミスラダトケルト/ニサでは、陶器の破片の大規模に発見され、ワインなどのアイテムの販売と保管に関する情報が得られています。 Dura-Europosのようなサイトで見つかった羊皮紙の文書に加えて、これらはまた、課税、軍の称号、州の組織などの問題をカバーする、パルティアの政府行政に関する貴重な情報を提供します。
The Greek and Latin histories, which represent the majority of materials covering Parthian history, are not considered entirely reliable since they were written from the perspective of rivals and wartime enemies. These external sources generally concern major military and political events, and often ignore social and cultural aspects of Parthian history.

パルティアの歴史をカバーする資料の大部分を表すギリシャとラテンの歴史は、ライバルと戦時中の敵の観点から書かれているため、完全に信頼できるとは見なされていません。 これらの外部情報源は一般に主要な軍事的および政治的出来事に関係しており、パルティアの歴史の社会的および文化的側面をしばしば無視します。

The Romans usually depicted the Parthians as fierce warriors but also as a culturally refined people; recipes for Parthian dishes in the cookbook Apicius exemplifies their admiration for Parthian cuisine. Apollodorus of Artemita and Arrian wrote histories focusing on Parthia, which are now lost and survive only as quoted extracts in other histories. Isidore of Charax, who lived during the reign of Augustus, provides an account of Parthian territories, perhaps from a Parthian government survey. To a lesser extent, people and events of Parthian history were also included in the histories of Justin, Strabo, Diodorus Siculus, Plutarch, Cassius Dio, Appian, Josephus, Pliny the Elder, and Herodian.

ローマ人は通常、パルティア人を激しい戦士としてだけでなく、文化的に洗練された人々として描写しました。 Apiciusのパルティア料理のレシピは、パルティア料理に対する彼らの賞賛を示しています。 アルテミタのアポロドルスとアッリアノスはパルティアに焦点を当てた歴史を書きましたが、現在は失われ、他の歴史の引用された抜粋としてのみ生き残っています。 アウグストゥスの治世中に住んでいたカラクスのイシドレは、おそらくパルティア政府の調査から、パルティア領土の説明を提供します。 少ないですが、パルティアの歴史の人々や出来事は、ジャスティン、ストラボン、ディオドロス・シキュラス、プルタルコス、カッシウス・ディオ、アピアン、ヨセフス、プリニー・ザ・エルダー、ヘロディアンの歴史にも含まれていました。

Parthian history can also be reconstructed via the Chinese historical tradition. In contrast to Greek and Roman histories, the early Chinese histories maintained a more neutral view when describing Parthia, although the habit of Chinese chroniclers to copy from older works makes it difficult to establish a chronological order of events.

パルティアの歴史は、中国の歴史的伝統を通じて再構築することもできます。 ギリシャやローマの歴史とは対照的に、初期の中国の歴史はパルティアを説明する際に、より中立的な見方を維持しましたが、中国の年代記執筆者が古い作品からコピーする習慣があるため、出来事の時系列を確立することは困難です。
The Chinese called Parthia, perhaps after the Greek name for the Parthian city Antiochia in Margiana. However, this could also have been a transliteration of "Arsaces", after the dynasty's eponymous founder. The works and historical authors include the Shiji (Records of the Grand Historian) by Sima Qian, the Han shu (Book of Han) by Ban Biao, Ban Gu, and Ban Zhao, and the Hou Han shu (Book of Later Han) by Fan Ye.

中国人は、おそらくマルギアナのパルティアの都市アンティオキアのギリシャ語の名前にちなんで、パルティアと呼んだ。 しかし、これは王朝の名を冠した創設者の後の「アルサケス」の音訳であった可能性もあります。 作品や歴史的作家には、司馬遷史記、盤彪、盤固、盤昭の漢書後漢書などがあります。 
They provide information on the nomadic migrations leading up to the early Saka invasion of Parthia and valuable political and geographical information. For example, the Shiji (ch. 123) describes diplomatic exchanges, exotic gifts given by Mithridates II to the Han court, types of agricultural crops grown in Parthia, production of wine using grapes, itinerant merchants, and the size and location of Parthian territory. The Shiji also mentions that the Parthians kept records by "writing horizontally on strips of leather," that is, parchment.

それらは、パルティアの初期のサカ侵攻に至る遊牧民の移動に関する情報と、貴重な政治的地理的情報を提供します。 たとえば、Shiji(ch。123)は、ミトラダテス2世から漢宮に贈られたエキゾチックな贈り物、パルティアで栽培されている農作物の種類、ブドウを使ったワインの生産、巡回商人、パルティアの領土の大きさと場所について説明しています。  Shijiはまた、パルティア人が「革の細片、つまり羊皮紙に横に書く」ことによって記録を保持したと述べています。

Government and Administration 政府と行政

Central authority and Semi-autonomous Kings 中央権威と半自治的な王たち

Compared with the earlier Achaemenid Empire, the Parthian government was notably decentralized. An indigenous historical source reveals that territories overseen by the central government were organized in a similar manner to the Seleucid Empire. They both had a threefold division for their provincial hierarchies: the Parthian marzipan, xsatrap, and dizpat, similar to the Seleucid satrapy, eparchy, and hyparchy.

The Parthian Empire also contained several subordinate semi-autonomous kingdoms, including the states of Caucasian Iberia, Armenia, Atropatene, Gordyene, Adiabene, Edessa, Hatra, Mesene, Elymais, and Persis. The state rulers governed their own territories and minted their own coinage distinct from the royal coinage produced at the imperial mints.

以前のアケメネス朝と比較して、パルティア政府は特に地方分権化されていました。 先住民の歴史的資料によると、中央政府が統治する領土は、セレウコス朝と同様の方法で組織されていました。 セレウコス朝のサトラップ、エパルキア、およびハイパルキアと同様に、どちらも州の階層に3つの区分がありました。パルティアのmarzipan、xsatrap、およびdizpatです。

パルティア帝国には、コーカサス・イベリア、アルメニア、アトロパテネ、ゴルディエン、アディアバネ、エデッサ、ハトラ、メセネ、エリマイス、ペルシスなど、いくつかの従属的な半自治王国も含まれていました。 州の統治者は自分たちの領土を管理し、帝国の造幣局で生産された王室の硬貨とは異なる、独自の硬貨を鋳造しました。

This was not unlike the earlier Achaemenid Empire, which also had some city-states, and even distant satrapies who were semi-independent but "recognized the supremacy of the king, paid tribute and provided military support", according to Brosius. However, the satraps of Parthian times governed smaller territories, and perhaps had less prestige and influence than their Achaemenid predecessors. During the Seleucid period, the trend of local ruling dynasties with semi-autonomous rule, and sometimes outright rebellious rule, became commonplace, a fact reflected in the later Parthian style of governance.

これは、いくつかの都市国家があり、半独立しているが「王の覇権を認め、敬意を表し、軍事的支援を提供した」遠方のサトラップさえあった初期のアケメネス朝とは似ていませんでした。 しかし、パルティア時代のサトラップはより小さな領土を統治し、おそらくアケメネス朝の前任者よりも威信と影響力が弱かったと思われます。 セレウコス朝の時代には、半自治の支配で、時には完全な反抗的な支配を伴う、地方の支配王朝の傾向が当たり前になり、その事実は後のパルティアの統治スタイルに反映されました。

 


 

Nobility 貴族

The King of Kings headed the Parthian government. He maintained polygamous relations, and was usually succeeded by his first-born son. Like the Ptolemies of Egypt, there is also record of Arsacid kings marrying their nieces and perhaps even half-sisters; Queen Musa married her own son, though this was an extreme and isolated case.

王の中の王は、パルティア政府を率いていました。 彼は一夫多妻の関係を維持し、通常は長男に引き継がれました。 エジプトのプトレマイオス朝のように、アルサケス王が姪やおそらく異母姉妹と結婚したという記録もあります。 ムーサ女王は自分の息子と結婚しましたが、これは極端で滅多にないケースでした。

Brosius provides an extract from a letter written in Greek by King Artabanus II in 21 AD, which addresses the governor (titled "archon") and citizens of the city of Susa. Specific government offices of Preferred Friend, Bodyguard and Treasurer are mentioned and the document also proves that "while there were local jurisdictions and proceedings to appointment to high office, the king could intervene on behalf of an individual, review a case and amend the local ruling if he considered it appropriate."

ブロシウスは、西暦21年にアルタバノス2世がギリシャ語で書いた手紙からの抜粋を提供しています。この手紙は、知事(「アルコン」と題されています)とスーサ市の市民に宛てたものです。 特定の政府機関は、優先された友人、ボディーガード、会計を任務とすることが言及されており、文書はまた、「地方の管轄権と高官への任命の手続きがあったが、国王が適切だと考えたなら、国王は個人に代わって介入し、事件を検討し、地方の判決を修正することができた。」と書かれています。

The hereditary titles of the hierarchic nobility recorded during the reign of the first Sassanid monarch Ardashir I most likely reflect the titles already in use during the Parthian era. There were three distinct tiers of nobility, the highest being the regional kings directly below the King of Kings, the second being those related to the King of Kings only through marriage, and the lowest order being heads of local clans and small territories.

最初のサーサーン朝の君主アルダシール1世の治世中に記録された、階層的な貴族の称号は、おそらくパルティア時代にすでに使用されていた称号を反映しています。 貴族には3つの異なるランクがあり、最も高いクラスは王の王の真下にある地域の王であり、2番目は結婚によってのみ王の中の王に関連する氏族であり、最も低いクラスは、地元の氏族と小さな領土の長でした。

By the 1st century AD, the Parthian nobility had assumed great power and influence in the succession and deposition of Arsacid kings. Some of the nobility functioned as court advisers to the king, as well as holy priests. Of the great noble Parthian clans listed at the beginning of the Sasanian period, only two are explicitly mentioned in earlier Parthian documents: the House of Suren and the House of Karen. The historian Plutarch noted that members of the Suren clan, the first among the nobility, were given the privilege of crowning each new Arsacid King of Kings during their coronations. Later on, some of the Parthian Kings would claim Achaemenid descent. This has recently been corroborated via the possibility of an inherited disease (neurofibromatosis) demonstrated by the physical descriptions of rulers and from evidence of familial disease on ancient coinage.

西暦1世紀までに、パルティアの貴族は、アルサシッド王の継承と廃位に大きな影響力を持ってていました。 一部の貴族は、王の法廷顧問や聖職者として機能しました。 ササーン朝の初めからいた偉大で高貴なパルティアの氏族のうち、スーレン家とカレン家の2つだけが以前のパルティアの文書に明確に言及されています。 歴史家のプルタルコスは、貴族の中で最初のスレン氏族のメンバーが、戴冠式の間にそれぞれの新しいアルサケス王の中の王を戴冠する特権を与えられたと述べました。 後で、パルティアの王の何人かは、アケメネス朝の家柄を主張するでしょう。 これは最近、支配者の身体的記述によって示される遺伝性疾患(神経線維腫症)の可能性と、古代の硬貨の家族的疾患の証拠によって裏付けられています。

 

Military 軍事



A Parthian stucco relief of an infantryman, from the
walls of Zahhak Castle, East Azarbaijan Province, Iran
イラン、東アゼルバイジャン州ザッハク城の壁にある、

歩兵のパルティアレリーフ


 



The Parthian Empire had no standing army, yet were able to quickly recruit troops in the event of local crises. There was a permanent armed guard attached to the person of the king, comprising nobles, serfs and mercenaries, but this royal retinue was small. Garrisons were also permanently maintained at border forts; Parthian inscriptions reveal some of the military titles granted to the commanders of these locations. Military forces could also be used in diplomatic gestures. For example, when Chinese envoys visited Parthia in the late 2nd century BC, the Shiji maintains that 20,000 horsemen were sent to the eastern borders to serve as escorts for the embassy, although this figure is perhaps an exaggeration.

パルティア帝国には常備軍がいませんでしたが、地元の危機が発生した場合には、迅速に軍隊を徴募することができました。 王には、貴族、農奴、傭兵からなる恒久的な武装近衛隊がいましたが、この王室の従者は小さかった。 守備隊も国境の砦で恒久的に維持されていました。 パルティアの碑文は、これらの場所の司令官に与えられた軍の称号のいくつかを明らかにしています。 軍事力は、外交ジェスチャーでも使用できます。 たとえば、紀元前2世紀後半に中国の使節がパルティアを訪れたとき、Shijiは大使館の護衛として2万人の騎手が東の国境に送られたと主張していますが、この数字はおそらく誇張です。

The main striking force of the Parthian army was its cataphracts, heavy cavalry with man and horse decked in mailed armor.The cataphracts were equipped with a lance for charging into enemy lines, as well as bows and arrows. Due to the cost of their equipment and armor, cataphracts were recruited from among the aristocratic class who, in return for their services, demanded a measure of autonomy at the local level from the Arsacid kings.

パルティア軍の主な攻撃力は完全装備の武装部隊、鎧で飾られた人と馬の重騎兵でした。武装部隊には、敵の戦線に突撃するための槍と、弓と矢が装備されていました。 彼らの装備と鎧の費用のために、武装部隊は、アルサケス王に地方レベルでの自治手段を要求した貴族階級の中から採用されました。

The light cavalry was recruited from among the commoner class and acted as horse archers; they wore a simple tunic and trousers into battle. They used composite bows and were able to shoot at enemies while riding and facing away from them; this technique, known as the Parthian shot, was a highly effective tactic. The heavy and light cavalry of Parthia proved to be a decisive factor in the Battle of Carrhae where a Persian force defeated a much larger Roman army under Crassus. Light infantry units, composed of levied commoners and mercenaries, were used to disperse enemy troops after cavalry charges.

軽騎兵は庶民階級の中から採用され、弓騎兵として行動しました。 彼らはシンプルなチュニックとズボンを着て戦いました。 彼らは複合弓を使用し、馬に乗って振り向きながら敵を撃つことができました。 パルティアン・ショットとして知られるこのテクニックは、非常に効果的な戦術でした。 パルティアの騎兵隊は、ペルシャ軍がクラサスの下ではるかに大きなローマ軍を打ち負かしたカルラエの戦いの決定的な要因であることが証明されました。 徴兵された傭兵と傭兵で構成される軽歩兵部隊は、騎兵隊の突撃後に敵軍を追い払うために使用されました。

The size of the Parthian army is unknown, as is the size of the empire's overall population. However, archaeological excavations in former Parthian urban centers reveal settlements which could have sustained large populations and hence a great resource in manpower. Dense population centers in regions like Babylonia were no doubt attractive to the Romans, whose armies could afford to live off the land.

パルティア軍の規模は不明で、帝国全体の人口の規模も不明です。 しかし、かつてのパルティアの都市中心部での発掘調査により、大規模な人口を支え、大きな人的資源を維持できた可能性のある集落が明らかになりました。 バビロニアのような地域の人口密集地は、軍隊が土地を離れて暮らす余裕のあるローマ人にとって間違いなく魅力的でした。

 


 

Currency 貨幣

Usually made of silver, the Greek drachma coin, including the tetradrachm, was the standard currency used throughout the Parthian Empire. The Arsacids maintained royal mints at the cities of Hecatompylos, Seleucia, and Ecbatana. They most likely operated a mint at Mithridatkert/Nisa as well. From the empire's inception until its collapse, drachms produced throughout the Parthian period rarely weighed less than 3.5 g or more than 4.2 g. The first Parthian tetradrachms, weighing in principle around 16 g with some variation, appear after Mithridates I conquered Mesopotamia and were minted exclusively at Seleucia.

通常銀貨で、テトラドラクマを含むギリシャドラクマ硬貨は、パルティア帝国全体で使用される標準通貨でした。 アルサシッドは、ヘカトンピュロス、セレウキア、エクバタナの各都市で王室の造幣局を維持していました。 彼らはおそらくMithridatkert / Nisaでも造幣局を操業していました。 帝国の誕生から崩壊まで、パルティア時代に生産されたドラクマ硬貨の重さは、3.5g以上4.2g未満でした。 ミトラダテス1世がメソポタミアを征服し、セレウキアで独占的に鋳造された後、最初のパルティアのテトラドラクマは、原則として約16 gの重さがあり、多少のばらつきがあります。
On his coins, Arsaces I is depicted in apparel similar to Achaemenid satraps. According to A. Shahbazi, Arsaces "deliberately diverges from Seleucid coins to emphasize his nationalistic and royal aspirations, and he calls himself Karny/Karny (Greek: Autocratos), a title already borne by Achaemenid supreme generals, such as Cyrus the Younger." In line with Achaemenid traditions, rock-relief images of Arsacid rulers were carved at Mount Behistun, where Darius I of Persia (r. 522-486 BC) made royal inscriptions.

彼のコインには、アケメネス朝のサトラップに似た服装でアルサケス1世が描かれています。 A.シャーバジによれば、アルサケスは「彼の民族主義的で王室の願望を強調するためにセレウコス朝の硬貨から故意に分岐し、彼は自分自身をカーニー(ギリシャ語:オートクラトス)と呼んでいます。 アケメネス朝の伝統に沿って、ペルシャのダレイオス1世(紀元前522年から486年)が王家の碑文を書いたベヒストゥン山に、アルサシッドの支配者の岩のレリーフ像が刻まれました。

Moreover, the Arsacids claimed familial descent from Artaxerxes II of Persia (r. 404-358 BC) as a means to bolster their legitimacy in ruling over former Achaemenid territories, i.e. as being "legitimate successors of glorious kings" of ancient Iran. Artabanus III named one of his sons Darius and laid claim to Cyrus' heritage. The Arsacid kings chose typical Zoroastrian names for themselves and some from the "heroic background" of the Avesta, according to V.G. Lukonin. The Parthians also adopted the use of the Babylonian calendar with names from the Achaemenid Iranian calendar, replacing the Macedonian calendar of the Seleucids.

さらに、アルサケス朝アルメニアは、ペルシャのアルタクセルクセス2世(紀元前404〜358年)からの子孫を、旧アケメネス朝の領土を支配する正当性を強化する手段として、つまり古代イランの「栄光の王の正当な後継者」であると主張しました。 アルタバノス3世は、息子の1人をダリウスと名付け、サイラスの遺産を主張しました。 V.G.ルコーニンによると、アルサケス王は自分たちのために典型的なゾロアスター教徒の名前や、アヴェスターの英雄からいくつかの名前を選びました。 パルティア人はまた、セレウコス朝マケドニア暦ではなく、アケメネス朝のイラン暦の名前があるバビロニア暦の使用を採用しました。

 


 

Society and Culture 社会と文化

Hellenism and the Iranian revival ヘレニズムとイランの復活

Although Greek culture of the Seleucids was widely adopted by peoples of the Near East during the Hellenistic period, the Parthian era witnessed an Iranian cultural revival in religion, the arts, and even clothing fashions. Conscious of both the Hellenistic and Persian roots of their kingship, the Arsacid rulers styled themselves after the Persian King of Kings and affirmed that they were also philhellenes ("friends of the Greeks").

セレウコス朝ギリシャ文化は、ヘレニズム時代に近東の人々に広く受け入れられましたが、パルティア時代には、宗教、芸術、さらには衣類のファッションにおいてイランの文化的復活が見られました。 彼らの王権のヘレニズムとペルシャのルーツの両方を意識して、アルサシッドの支配者はペルシャの王の王に倣い、彼らも親ギリシア人(「ギリシャ人の友人」)であると断言しました。

The word "philhellene" was inscribed on Parthian coins until the reign of Artabanus II. The discontinuation of this phrase signified the revival of Iranian culture in Parthia. Vologeses I was the first Arsacid ruler to have the Parthian script and language appear on his minted coins alongside the now almost illegible Greek. However, the use of Greek-alphabet legends on Parthian coins remained until the collapse of the empire.

「親ギリシア」という言葉は、アルタバノス2世の治世までパルティアの硬貨に刻まれていました。 このフレーズの中止は、パルティアのイラン文化の復活を意味しました。 ボロゲーゼ1世は、パルティア語の文字と言語を、今ではほとんど判読できないギリシャ語と一緒に硬貨に表示させた最初のアルサケス朝の支配者でした。 しかし、パルティアの硬貨にギリシャ文字を使用することは、帝国が崩壊するまで続きました。

Greek cultural influence did not disappear from the Parthian Empire, however, and there is evidence that the Arsacids enjoyed Greek theatre. When the head of Crassus was brought to Orodes II, he, alongside Armenian king Artavasdes II, were busy watching a performance of The Bacchae by the playwright Euripides (c. 480-406 BC). The producer of the play decided to use Crassus' actual severed head in place of the stage-prop head of Pentheus.

ギリシャの文化的影響はパルティア帝国から消えることはなく、アルサシッドがギリシャの劇場を楽しんだという証拠があります。 クラサスの支配者がオロデス2世に連れてこられたとき、アルサシッドはアルメニアの王アルタヴァスデス2世と一緒に、劇作家エウリピデス(紀元前480〜406年頃)によるバッコスの劇を見るのに忙しかった。 劇の演出家は、ペンテウスの舞台小道具の首の代わりに、クラサスの実際の切断された首を使用することにしました。


 

Religion 宗教

The Parthian Empire, being culturally and politically heterogeneous, had a variety of religious systems and beliefs, the most widespread being those dedicated to Greek and Iranian cults. Aside from a minority of Jews and early Christians, most Parthians were polytheistic.

パルティア帝国は、文化的および政治的に混成であり、さまざまな宗教体系と信念を持っていましたが、最も普及しているのはギリシャとイランの宗派に捧げられたものです。 少数のユダヤ人と初期のキリスト教徒を除いて、ほとんどのパルティア人は多神教徒でした。

Greek and Iranian deities were oftentimes blended together as one. For example, Zeus was often equated with Ahura Mazda, Hades with Angra Mainyu, Aphrodite and Hera with Anahita, Apollo with Mithra, and Hermes with Shamash. Aside from the main gods and goddesses, each ethnic group and city had their own designated deities. As with Seleucid rulers, Parthian art indicates that the Arsacid kings viewed themselves as gods; this cult of the ruler was perhaps the most widespread.

ギリシャとイランの神々はしばしば一つに混ざり合っていました。 たとえば、ゼウスはアフラマズダー、ハデスはアングラ・マインユ、アフロディーテとヘラはアナーヒター、アポロはミトラ、ヘルメスはシャマシュと同一視されることがよくありました。 主な神々と女神を除いて、各民族グループと都市には独自の指定された神々がありました。 セレウコス朝の支配者と同様に、パルティアの芸術は、アルサシッドの王たちが自分たちを神と見なしたことを示しています。 支配者のこの宗派はおそらく最も広まりました。

The extent of Arsacid patronism of Zoroastrianism is debated in modern scholarship. The followers of Zoroaster would have found the bloody sacrifices of some Parthian-era Iranian cults to be unacceptable. However, there is evidence that Vologeses I encouraged the presence of Zoroastrian magi priests at court and sponsored the compilation of sacred Zoroastrian texts which later formed the Avesta. The Sassanid court would later adopt Zoroastrianism as the official state religion of the empire.

ゾロアスター教アルサケス朝パトロンの程度は、現代の学問で議論されています。 ゾロアスター教の信奉者たちは、パルティア時代のイランの宗派の血なまぐさい犠牲が受け入れられないことに気づいたでしょう。 しかし、ボロゲーゼ一世が、ゾロアスター教のマギの司祭の法廷での存在を奨励し、後にアヴェスターを形成した神聖なゾロアスター教のテキストの編集を後援したという証拠があります。 ササン朝の法廷は、後にゾロアスター教を帝国の国教として採用することになりました。

Although Mani (216-276 AD), the founding prophet of Manichaeism, did not proclaim his first religious revelation until 228/229 AD, Bivar asserts that his new faith contained "elements of Mandaean belief, Iranian cosmogony, and even echoes of Christianity - it may be regarded as a typical reflection of the mixed religious doctrines of the late Arsacid period, which the Zoroastrian orthodoxy of the Sasanians was soon to sweep away."

マニ教の創設預言者であるマニ(216-276 AD)は、228/229 ADまで最初の宗教的啓示を宣言しませんでしたが、ビバールは彼の新しい信仰には「マンダの信念、イランの宇宙、さらにはキリスト教の反響の要素が含まれている」と主張しています。 それは、ササーン朝のゾロアスター教の正統性が間もなく一掃された、アルサシッド後期の混合宗教教義の典型的な反映と見なされるかもしれません。」

There is scant archaeological evidence for the spread of Buddhism from the Kushan Empire into Iran proper.However, it is known from Chinese sources that An Shigao (fl. 2nd century AD), a Parthian nobleman and Buddhist monk, traveled to Luoyang in Han China as a Buddhist missionary and translated several Buddhist canons into Chinese.

仏教がクシャン帝国からイラン本土に広まったことを示す考古学的証拠はほとんどありませんが、中国の情報筋から、パルティアの貴族で仏教の僧侶である安世高(西暦2世紀)が、漢の羅陽に仏教伝道師として旅行したことが知られています。 彼は、いくつかの仏教の経典を中国語に翻訳しました。


 

Art and Architecture 芸術と建築

A wall mural depicting a scene from the Book of Esther at the Dura-Europos synagogue, dated 245 AD, which Curtis and Schlumberger describe as a fine example of 'Parthian frontality'

カーティスとシュルンベルジェが「パルティアの正面性」の良い例として説明している、西暦245年のドゥラ・エウロポス シナゴーグエステル記のシーンを描いた壁画。


Parthian art can be divided into three geo-historical phases: the art of Parthia proper; the art of the Iranian plateau; and the art of Parthian Mesopotamia. The first genuine Parthian art, found at Mithridatkert/Nisa, combined elements of Greek and Iranian art in line with Achaemenid and Seleucid traditions. In the second phase, Parthian art found inspiration in Achaemenid art, as exemplified by the investiture relief of Mithridates II at Mount Behistun. The third phase occurred gradually after the Parthian conquest of Mesopotamia.

パルティアの芸術は、3つの地理的歴史的段階に分けることができます。 イラン高原の芸術、そしてパルティアのメソポタミアの芸術。 Mithridatkert / Nisaで発見された最初の本物のパルティア芸術は、アケメネス朝とセレウコス朝の伝統に沿った、ギリシャとイランの芸術の要素を組み合わせたものです。 第二段階では、パルティアの芸術は、ベヒストゥン山でのミトラダテス2世の叙任レリーフに示されるように、アケメネス朝の芸術にインスピレーションを得ました。 パルティアがメソポタミアを征服した後に、第三段階が徐々に起こりました。

Common motifs of the Parthian period include scenes of royal hunting expeditions and the investiture of Arsacid kings.Use of these motifs extended to include portrayals of local rulers. Common art mediums were rock-reliefs, frescos, and even graffiti. Geometric and stylized plant patterns were also used on stucco and plaster walls. The common motif of the Sassanid period showing two horsemen engaged in combat with lances first appeared in the Parthian reliefs at Mount Behistun.

パルティア時代の一般的なモチーフには、王室の狩猟遠征のシーンやアルサシッド王の叙任が含まれます。これらのモチーフの使用は、地元の支配者の描写を含むように広がりました。 一般的な芸術媒体は、岩のレリーフフレスコ画、さらには落書きでした。 幾何学的で様式化された植物のパターンは、漆喰や漆喰の壁にも使用されました。 槍との戦闘に従事している2人の騎手を示すササーン時代の共通の意匠は、ベヒストゥン山のパルティアのレリーフに最初に現れました。

In portraiture the Parthians favored and emphasized frontality, meaning the person depicted by painting, sculpture, or raised-relief on coins faced the viewer directly instead of showing his or her profile. Although frontality in portraiture was already an old artistic technique by the Parthian period, Daniel Schlumberger explains the innovation of Parthian frontality:

肖像画では、パルティア人は正面性を支持し強調しました。つまり、絵画、彫刻、または硬貨の浮き彫りで描かれた人物は、横顔を表示するのではなく、見る者に直接向かい合いました。 肖像画の正面性は、パルティア時代にはすでに古い芸術的手法でしたが、ダニエル・シュルンベルガーは、パルティアの正面性の革新について次のように説明しています。

        'Parthian frontality', as we are now accustomed to call it, deeply differs both from ancient Near Eastern and from Greek frontality, though it is, no doubt, an offspring of the latter. For both in Oriental art and in Greek art, frontality was an exceptional treatment: in Oriental art it was a treatment strictly reserved for a small number of traditional characters of cult and myth; in Greek art it was an option resorted to only for definite reasons, when demanded by the subject, and, on the whole, seldom made use of.
        「パルティアの正面性」は、私たちが今それと呼ぶことに慣れているように、古代オリエントギリシャの正面性の両方とは大きく異なりますが、間違いなく後者の子孫です。 オリエンタル芸術とギリシャ芸術の両方にとって、正面性は例外的な扱いでした。オリエンタル芸術では、宗派と神話の少数の伝統的な人格のために厳密に留保された扱いでした。 ギリシャ芸術では、それは主題によって要求されたときに明確な理由のためにのみ頼られるオプションであり、全体として、めったに利用されませんでした。

With Parthian art, on the contrary, frontality becomes the normal treatment of the figure. For the Parthians frontality is really nothing but the habit of showing, in relief and in painting, all figures full-face, even at the expense (as it seems to us moderns) of clearness and intelligibility. So systematic is this use that it amounts to a complete banishment de facto of the side-view and of all intermediate attitudes. This singular state of things seems to have become established in the course of the 1st century A.D.

逆に、パルティアの芸術では、正面性が人物の通常の扱いになります。 パルティア人にとって、正面性は、明確さと明瞭さを犠牲にして(現代のように思われるように)、すべての人物を浮き彫りにし、絵画で見せることの習慣に他なりません。 この使用法は非常に体系的であるため、側面とすべての中間的な態度を事実上完全に追放することになります。 この特異な状態は、西暦1世紀の間に確立されたようです。

Parthian art, with its distinct use of frontality in portraiture, was lost and abandoned with the profound cultural and political changes brought by the Sassanid Empire. However, even after the Roman occupation of Dura-Europos in 165 AD, the use of Parthian frontality in portraiture continued to flourish there. This is exemplified by the early 3rd-century AD wall murals of the Dura-Europos synagogue, a temple in the same city dedicated to Palmyrene gods, and the local Mithraeum.

肖像画で正面性を明確に使用しているパルティアの芸術は、ササーン朝によってもたらされた深刻な文化的および政治的変化によって失われ、放棄されました。 しかし、紀元165年にローマがドゥラ・エウロポスを占領した後も、肖像画におけるパルティアの正面の表現は、そこで繁栄し続けました。 これは、パルミラ帝国の神々に捧げられた同じ都市の寺院であるドゥラ・エウロポス・シナゴーグの3世紀初頭の壁画と地元のミトレーアムによって例示されています。

Parthian architecture adopted elements of Achaemenid and Greek architecture, but remained distinct from the two. The style is first attested at Mithridatkert/Nisa. The Round Hall of Nisa is similar to Hellenistic palaces, but different in that it forms a circle and vault inside a square space. However, the artwork of Nisa, including marble statues and the carved scenes on ivory rhyton vessels, is unquestionably influenced by Greek art.

パルティア建築は、アケメネス朝とギリシャ建築の要素を採用しましたが、2つとは区別されたままでした。 このスタイルは、Mithridatkert / Nisaで最初に証明されました。 ニサの丸いホールはヘレニズムの宮殿に似ていますが、正方形の空間内に円と丸天井を形成するという点で異なります。 しかし、大理石の彫像や象牙のリュトンの器に刻まれたシーンなど、ニサの芸術品は、間違いなくギリシャの芸術の影響を受けています。

A signature feature of Parthian architecture was the iwan, an audience hall supported by arches and/or barrel vaults and open on one side. Use of the barrel vault replaced the Hellenic use of columns to support roofs. Although the iwan was known during the Achaemenid period and earlier in smaller and subterranean structures, it was the Parthians who first built them on a monumental scale.The earliest Parthian iwans are found at Seleucia, built in the early 1st century AD. Monumental iwans are also commonly found in the ancient temples of Hatra and perhaps modeled on the Parthian style.The largest Parthian iwans at that site have a span of 15 m (50 ft).

パルティア建築の特徴は、アーチや樽型の丸天井で支えられ、片側が開いているホール、イーワーンでした。 アーチ型の天井の使用は、古代ギリシャの屋根を支える柱の使用に取って代わりました。 イーワーンはアケメネス朝以前の小さな地下構造で知られていましたが、最初に記念碑的な規模で建てたのはパルティア人でした。最も初期のパルティアのイーワーンは、紀元1世紀初頭に建てられたセレウキアにあります。 記念碑的なイーワーンは、ハトラの古代寺院にもよく見られ、おそらくパルティア様式をモデルにしています。その場所で最大のパルティアのイーワーンは、15 m(50フィート)の径間を持っています。

 


 

Clothing and Apparel 服装と衣類

The typical Parthian riding outfit is exemplified by the famous bronze statue of a Parthian nobleman found at Shami, Elymais. Standing 1.9 m (6 ft), the figure wears a V-shaped jacket, a V-shaped tunic fastened in place with a belt, loose-fitting and many-folded trousers held by garters, and a diadem or band over his coiffed, bobbed hair. His outfit is commonly seen in relief images of Parthian coins by the mid-1st century BC.

典型的なパルティアの乗馬服は、エリマイスのシャミで見つかったパルティア貴族の有名な銅像によって例示されています。 身長1.9m(6フィート)の人物は、ボブの髪型で、V字型のジャケット、ベルトで固定されたV字型のチュニック、ガーターで固定されたゆったりとした折り畳まれたズボン、そして彼の腰に巻いた王冠またはバンドを身に着けています。 彼の服装は、紀元前1世紀半ばまでのパルティア硬貨のレリーフ画像によく見られます。

Examples of clothing in Parthian inspired sculptures have been found in excavations at Hatra, in northwestern Iraq. Statues erected there feature the typical Parthian shirt (qamis), combined with trousers and made with fine, ornamented materials.The aristocratic elite of Hatra adopted the bobbed hairstyles, headdresses, and belted tunics worn by the nobility belonging to the central Arsacid court. The trouser-suit was even worn by the Arsacid kings, as shown on the reverse images of coins. The Parthian trouser-suit was also adopted in Palmyra, Syria, along with the use of Parthian frontality in art.

パルティア風の彫刻の衣服の例は、イラク北西部のハトラでの発掘調査で発見されました。 そこに建てられた彫像は、典型的なパルティアのシャツ(カミス)をズボンと組み合わせ、上質な装飾素材で作られています。ハトラ貴族のエリートは、中央アルサシッド裁判所に属する貴族が着用したボブの髪型、頭飾り、ベルト付きチュニックを採用しました。 コインの裏の画像に示されているように、ズボンスーツはアルサケス王によってさえ着用されていました。 パルティアのズボンスーツは、芸術におけるパルティアの正面性の使用とともに、シリアのパルミラでも採用されました。

Parthian sculptures depict wealthy women wearing long-sleeved robes over a dress, with necklaces, earrings, bracelets, and headdresses bedecked in jewelry. Their many-folded dresses were fastened by a brooch at one shoulder. Their headdresses also featured a veil which was draped backwards.

パルティアの彫刻は、ネックレス、イヤリング、ブレスレット、宝石で飾られた頭飾りを付け、ドレスの上に長袖の長い衣服を着た裕福な女性を描いています。 多くの折り畳まれたドレスは、片方の肩にブローチで留められていました。 頭飾りはまた、後ろに覆われたベールを特徴としていました。

As seen in Parthian coinage, the headdresses worn by the Parthian kings changed over time. The earliest Arsacid coins show rulers wearing the soft cap with cheek flaps, known as the bashlyk (Greek: kyrbasia). This may have derived from an Achaemenid-era satrapal headdress and the pointy hats depicted in the Achaemenid reliefs at Behistun and Persepolis.The earliest coins of Mithridates I show him wearing the soft cap, yet coins from the latter part of his reign show him for the first time wearing the royal Hellenistic diadem. Mithridates II was the first to be shown wearing the Parthian tiara, embroidered with pearls and jewels, a headdress commonly worn in the late Parthian period and by Sassanid monarchs.

パルティアの硬貨に見られるように、パルティア王が身に着けている頭飾りは、時間とともに変化しました。 初期のアルサケス朝の硬貨は、バシリク(ギリシャ語:キルバシア)として知られる、頬の飾りが付いた柔らかい帽子をかぶった支配者を示しています。 これは、アケメネス朝時代のサトラップの頭飾りと、ベヒストゥンとペルセポリスのアケメネス朝のレリーフに描かれたとがった帽子に由来している可能性があります。

ミトラダテス1世の初期の硬貨は、彼が柔らかい帽子をつけていることを示していますが、彼の治世の後半の硬貨は、ヘレニズムの王冠を身に着けていることを初めて示しています。 ミトラダテス2世は、真珠と宝石で刺繍されたパルティアのティアラを初めて身に着けていることが示されました。頭飾りは、パルティア後期に一般的に着用され、サーサーン朝の君主によって着用されました。

 

Writing and Literature 文学

It is known that during the Parthian period the court minstrel recited poetic oral literature accompanied by music. However, their stories, composed in verse form, were not written down until the subsequent Sasanian period. In fact, there is no known Parthian-language literature that survives in original form, since it was written down in the following centuries. It is believed that such stories as the romantic tale Vis and Ramin and epic cycle of the Kayanian dynasty were part of the corpus of oral literature from Parthian times, although compiled much later. Although literature of the Parthian language was not committed to written form, there is evidence that the Arsacids acknowledged and respected written Greek literature.

パルティア時代には、法廷の吟遊詩人が音楽を伴う詩的な口承文学を引用したことが知られています。 しかし、詩の形で構成された彼らの物語は、次のササーン朝の時代まで書き留められませんでした。 実際、それが次の世紀に書き留められたので、元の形で生き残る既知のパルティア語の文学はありません。 ロマンチックな物語ヴィスとラミン、カヤーニー王朝の叙事詩などの物語は、パルティア時代の口承文学の言語資料の一部であったと考えられていますが、かなり後に編集されました。 パルティア語の文学は書面による形式に残されていませんでしたが、アルサシッド朝が書かれたギリシャ文学を認め、尊重したという根拠があります。

 



Prehistory
Achaemenid Empire (558 - 330 BC), also called "First Persian Empire"
Sassanid Empire (224 - 651 AD), also called "Neo-Persian Empire" and "Second Persian Empire"