好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

トルコの歴史をかいつまんで

突厥については書かれていませんでした。この写真の遺跡について書かれていることを期待していたのですが書かれていませんでした。写真はネムルート山です。世界紀行社さんの記事からネムルート山の神像について引用させていただきます。

marin.ru

www.sekai-kikoh.net

上記 世界紀行社の記事から:

「ヘレニズム時代、王国を強化したコンマゲネ王朝のアンティオコス一世は、自らを偉大なるペルシャギリシャの神々と同格化し、亡くなった後の魂は神と一体化すると信じていました。神は天から光に乗って自分たちの土地に降りてくると信じ、領土の中で墓所に最も適した場所を探し求めました。そして最終的にたどり着いたのがネムルート山だったのです。山頂にある高さ50m、直径150mの墳墓は、王アンティオコス一世と王族の墓と言われています。2150mの山頂に何トンもの石を運び上げ、墳墓を築き、神聖なるテラスを建造しました。東西の礎の上に置かれた神々の玉座には高さ9mの神像群が鎮座しています。頭部や身体の一部は失われてはいるものの、今でもその貫禄は十分です。テラスに点在する崩れ落ちた頭部は人間の背丈よりも大きいものがほとんどです。」

f:id:MeinFavorit:20201127190619p:plain

f:id:MeinFavorit:20201127190629p:plain

f:id:MeinFavorit:20201129192131p:plain

 

トルコでは、あなたが歴史自体に挨拶します。古代は過ぎ去った時代の遺物や記念碑に住んでいます。ホメロス・トロイの古代、ギリシャの寺院の大理石、雄大なローマの円形闘技場、古代キリスト教の教会やビザンチウムの大聖堂の絵画、モスクのミナレット-これらはすべてトルコの過去であり、驚くべき魅力的なものです。

In Turkey, you are greeted by History itself. Antiquity lives in relics and monuments of bygone eras - the antiquity of Homeric Troy, marble of Greek temples, majestic Roman amphitheaters, paintings of ancient Christian churches and cathedrals of Byzantium and minarets of mosques - all this is Turkey's past, amazing and bewitching.

南東アナトリアはすでに旧石器時代に住んでいました。最初の入植は紀元前7000-6500年にさかのぼります。チャタルフユク(紀元前6500年から5500年)の古代集落の発見は、人々が新石器時代にどのように住んでいたかを理解することを可能にしました。陶器と青銅は日常生活で広く使われていました。トロイでの発掘が示しているように、銅の時代は紀元前3千年頃に始まりました。

Southeast Anatolia was inhabited already in the Paleolithic. The first settlements date back to 7000-6500. BC. The discovery of the ancient settlement of Chatal-Huyuk (6500-5500 BC) made it possible to understand how people lived in the Neolithic era. Ceramics and bronze were widely used in everyday life. As excavations in Troy have shown, the Copper Age began around the 3rd millennium BC.

 

ミタンニとヒッタイト(紀元前II千年紀初期-紀元前XII世紀)Mitanni and Hittites

 

紀元前2千年の初め小アジアアルメニア高地の地域には、さまざまな部族、特にフルリ人とハッティ人が住んでいました。ヒッタイトのインド・ヨーロッパ部族がこれらの土地に浸透したことで(その名前は前任者であるハッティ、つまりプロトヒッティテスから借用されたようです)、この地域の新しい民族形成の強化に貢献しました。それらの1つはミタンニ民族コミュニティでした。 

At the beginning of the 2nd millennium BC. the regions of Asia Minor and the Armenian Highlands were inhabited by different tribes, in particular the Hurrians and Hatti. The penetration of the Indo-European tribe of the Hittites into these lands (whose name was apparently borrowed from their predecessors - the Hatti, i.e. the Proto-Hittites) contributed to the consolidation of new ethnic formations in this region. One of them was the Mitanni ethnic community. In the XVI-XV centuries. BC.

フルリ民族に基づいて形成され、セム族・アモリ人とインド・ヨーロッパの文化の両方を含むミタンニの原始国家は、急速に発展し始めました。ミタンニの全盛期と成功は、主に馬が引く戦争戦車に基づく軍事力に基づいていました。ミタンニの政治分野への参入は、この州とエジプトとの衝突につながりました。エジプトの支配者たちは、ミタンニとさまざまな成功を収めて戦争を繰り広げました。ミタニア人は州の境界を大幅に拡大し、アッシリアの一部を彼らの支配下に置き、ヒッタイト人を追放し、クティアンの山岳民族を征服することができました。

The proto-state of Mitanni, which was formed on the Hurrian ethno basis and included a lot (both from the Semitic-Amorite and from the Indo-European culture), began to develop at a rapid pace. The heyday and success of the Mitanni were based on military strength, primarily on horse-drawn war chariots. Mitanni's entry into the political arena led to a clash of this state with Egypt, whose rulers waged wars with Mitanni with varying success. The Mitannians were able to significantly expand the borders of the state, placing part of Assyria under their rule, ousting the Hittites, and conquering the mountain tribes of the Kutians.

ミタンニは15世紀初頭にエジプトのファラオ・トトメス3世から最初の深刻な敗北を喫しました。その結果、ミタンニはエジプトの支部になります。 紀元前XIV世紀の後半にミタンニ州は、強化されたヒッタイト勢力の支配下にあり、紀元前XIII世紀になりついにアッシリアの打撃を受けて崩壊しました。

The Mitanni received their first serious defeat at the beginning of the 15th century. BC. - from the Egyptian pharaoh Thutmose III, as a result of which Mitanni becomes a tributary of Egypt. In the second half of the XIV century. BC. the state of Mitanni fell under the rule of the strengthened Hittite power, and in the XIII century. BC. finally collapsed under the blows of Assyria.

ヒッタイト州は、ミタニアン州と同様に、紀元前2千年紀の初めに小アジアで発生しました。前述のように、ヒッタイトの前任者はHattiでした。 アッシリア・アモリ人商人の取引コロニーは、ヒッタイト州の形成に大きな影響を及ぼしました。

伝統的に、ヒッタイト州の歴史は2つの期間に分けられます。古代のヒッタイト州は紀元前17世紀から16世紀にかけて存在しました。紀元前 XIV世紀にミタンニの衰退とともに、ニューヒッタイト州は最高の権力に達しました。

Traditionally, the history of the Hittite state is divided into two periods. The ancient Hittite state existed from the 17th to the 16th centuries. BC. In the XIV century. BC. with the decline of the Mitanni, the New Hittite state reached its highest power.

有名なヒッタイト王Suppiluliuma(1380〜1340 BC)の戦争により、ヒッタイトの影響は東地中海全体、エジプトの国境まで広がることができました。ミタンニの征服を成し遂げたのはSuppiluliumであり、彼の後継者であるMursili II(1340〜1305 BC)の下で、ヒッタイトエーゲ海の海岸に到達しました。ヒッタイトとエジプトの衝突は、王国の権力の終焉の始まりを示しました。 紀元前XIII世紀から強化されたアッシリアヒッタイトを東から押し始めました。 紀元前XII世紀の初めに地中海の部族の連合(「海の人々」)は、ヒッタイト州を破壊しました。

The wars of the famous Hittite king Suppiluliuma (1380-1340 BC) allowed the influence of the Hittites to spread throughout the Eastern Mediterranean, right up to the borders of Egypt. It was Suppilulium who achieved the conquest of Mitanni, and under his successor Mursili II (1340-1305 BC), the Hittites reached the shores of the Aegean Sea. The clash of the Hittites with Egypt marked the beginning of the end of the kingdom's power. Strengthened Assyria from the XIII century. BC. began to push the Hittites from the east. At the beginning of the XII century. BC. a coalition of Mediterranean tribes ("Sea Peoples") destroyed the Hittite state.

 

フリジアとリディア(紀元前XII世紀-紀元前VII世紀) Phrygia and Lydia

 

紀元前XII世紀ヒッタイト王国の崩壊後、紀元前 VIII世紀に小アジアの中央地域には、バルカンから来たトラキアの部族が定住しました。紀元前 VIII世紀フリジア人は、ゴルディオン(ゴルディウス)の首都と団結して王国を設立しました。フリジア王国は小アジアの大部分をカバーしていました。フリジアはミダス王の下で最も強力な州になりました(紀元前725年まで)。フリジア人の首都は、東西ルートとサンガリア川の戦略的交差点に位置するゴルディウスでした。

Since the XII century. BC e. after the fall of the Hittite kingdom, the central regions of Asia Minor were inhabited by Thracian tribes who came from the Balkans. In the VIII century. BC. The Phrygians united and founded their kingdom with the capital at Gordion (Gordius). By the end of the VIII century. BC. The Phrygian kingdom covered most of Asia Minor. Phrygia became the most powerful state under King Midas (by 725 BC). The capital of the Phrygians was Gordius, located at the strategic intersection of the east-west route and the Sangaria River.

ミダスの時代、ゴルディウスは6メートルの石の壁で保護された大都市でした。ゴルディアの建築は、古代の西アナトリアの原型を彷彿とさせます。その自立型の切妻屋根の建物は、青銅器時代メガロン(ギリシア小アジアの住宅に見られる主室;14本の支柱に囲まれた炉がある正方形の一室とその前の深い前室から構成される)を彷彿とさせます。紀元前8世紀フリジア人たちは、東洋的原型を少し模倣して彫刻を作りましたが、独自の特別な様式で創りました。最も有名なフリジア人の芸術作品は、陶器の幾何学的な装飾品、モザイク、家具用の木彫りです。最も興味深い産業は冶金学であり、その芸術は間違いなく東アナトリアの隣人からフリジア人に引き継がれました。

In Midas's time, Gordius was a large city, protected by a 6-meter stone wall. Gordia's architecture is reminiscent of ancient Western Anatolian prototypes; its free-standing, gabled-roofed buildings are reminiscent of Bronze Age megaras. Phrygians in the 8th century. BC. made their sculptures slightly imitating oriental prototypes, but performed them in their own special style. The most famous Phrygian works of art are geometric ornaments on pottery, mosaics and wood carvings for furniture. The most interesting industry was metallurgy, the art of which was undoubtedly adopted by the Phrygians from their East Anatolian neighbors.

アッシリア人はミダスミタ、またはムシキと呼んでいました。実際、Mushkiはおそらく、ミダスによって征服された東アナトリアの部族(ギリシャ人にはMoskhoiとして知られている)の言語からの適切な名前です。フリジア人自身も西洋との緊密な関係を維持していました。ギリシャの伝統によると、ミダスはギリシャの女性と結婚し、デルファイの聖域に祭壇を設置しました。

The Assyrians called Midas Mita, or Mushki. In fact, Mushki is probably a proper name from the language of one of the East Anatolian tribes (known to the Greeks as Moskhoi), conquered by Midas. The Phrygians themselves maintained close relations with the West. According to Greek tradition, Midas married a Greek woman and set up an altar in the sanctuary at Delphi.

フリジア王国の終焉は悲劇的でした。火と剣でアナトリア高原を横切って行進したコーカサスからの遊牧民のシメリア人によって、地球の表面から一掃されました。その前に、彼らはウラルトゥを攻撃しました。

The end of the Phrygian kingdom was tragic. It was swept off the face of the earth by nomad Cimmerians from the Caucasus, who marched across the Anatolian plateau with fire and sword. Before that, they attacked Urartu.

紀元前696年。シメリア人たちはゴルディウスに着き、略奪し、石すら残しませんでした。ギリシャ人によると、ミダスは絶望から自殺し、彼の墓は1957年に発見されました。フリジア王室の宝物が、古墳の下の木製の埋葬室に積み上げられました。布地、豪華に彫刻された家具、そして多くの青銅(そのうちのいくつかは、ウラルトゥなどの遠隔地からもたらされました)。ミダスが古代世界で占めていた卓越した位置は、墓で見つかった遺物と、高さ49mの丘にそびえる、彼の前任者と後継者の墓石のサイズによって確認できます。

In 696 BC. they got to Gordius, plundered him, and left no stone unturned. According to the Greeks, Midas committed suicide out of despair. His grave was discovered in 1957. Samples of royal Phrygian treasures were piled in a wooden burial chamber under a mound: fabrics, richly carved furniture and a mass of bronze, some of which was acquired in such remote places as Urartu. The prominent position that Midas occupied in the ancient world is confirmed by the objects found in the tomb and the size of the gravestone hill, which rises above the cemetery of his predecessors and successors (the height of the hill is 49 m).

リディア

フリジア国家の崩壊後、リディア人の役割は増えました。小アジアの西、主に東への最も重要な貿易ルートが通過したゲルム川とミアンダー川の谷に住んでいた部族です。リディア人は、シメリア人のヨークを捨てて、貿易と文化のつながりを長く維持してきた小アジアの西海岸にあるギリシャの都市を征服しました。

After the collapse of the Phrygian state, the role of the Lydians increased - a tribe that lived in the west of Asia Minor, mainly in the valleys of the Germ and Meander rivers, through which the most important trade routes to the East passed. Throwing off the yoke of the Cimmerians, the Lydians conquered the Greek cities on the western coast of Asia Minor, with which they had long maintained trade and cultural ties.

サルディス市は州都となり、支配王朝はマームナッド(ギゲス王、アリアット王、クロエサス王)であり、ガリス川までの小アジアの東全体を統治していると主張した。リディアの貴族は、貿易関係の著しい発展と国内の豊富な金鉱床の存在のおかげで莫大な富を蓄積しました。リディア人が歴史上初めてコインの鋳造を始めたと考えられています(紀元前7世紀)。

The city of Sardis became the capital of the state, and the ruling dynasty was the Mermnads (kings Gyges, Aliatt, Croesus), who asserted their rule over the entire east of Asia Minor up to the Galis River. The Lydian aristocracy amassed enormous wealth thanks to the significant development of trade relations and the presence of rich gold deposits in the country. It is believed that the Lydians were the first in history to start minting coins (VII century BC).

紀元前547年ペルシャのサイラス王二世はリディアの王クロエサスを打ち破り、リディアはペルシャの統治になりました。ヘロドトスはこの新しい戦争について十分に詳細に語っています。

In 547 BC. the Persian king Cyrus II defeated the Lydian king Croesus, and Lydia became a Persian satrapy. Herodotus tells about this new war in sufficient detail.

その時、リディアは小アジア全体を団結させました。クロエサス王は、東部で最も裕福で最も強力な主権者の1人と見なされていました。強さに自信があり、彼は紀元前547年にかつてメデスに属していたカッパドキアに侵入しましたが、ペルシャ支配下に置かれました。ガリス川で敵同士の血なまぐさい戦いが起こり、無駄に終わりました。

At that time, Lydia united the whole of Asia Minor under her rule. Its king Croesus was considered one of the richest and most powerful sovereigns of the East. Confident in his strength, he in 547 BC. invaded Cappadocia, which used to belong to the Medes, and then came under the rule of the Persians. A bloody battle between opponents took place on the Galis River and ended in vain.

クロエサス王は、戦争への準備を整えるために、首都のサルダムに撤退するのが最善だと考えました。彼は近い将来カッパドキアに戻ることを期待していましたが、サイラス王は彼が力を集める前に、突然サルディスに全軍と共に現れました。

サイラス王は、主に槍で武装した騎兵隊で構成されていた彼の軍隊に会いました。急速な攻撃を避けるために、サイラス王は彼の指揮官ハーパガスの助言からトリックを思いつきました。彼は列車で移動しているすべてのラクダを荷物から解放し、彼らに兵士を乗せ、この独特の騎兵隊を彼の軍隊の前に置くように命じました。

Cyrus meeting his army, which consisted mostly of cavalry armed with spears. In order to avoid her rapid attack, Cyrus, on the advice of his commander Harpagus, came up with such a trick: he ordered to release all the camels traveling in the train from their luggage, put soldiers on them and put this peculiar cavalry in front of his army.

戦いが始まると、ラクダの視覚と匂いに慣れていないリディア人の馬は逃げました。ラ騎兵たちは馬から飛び降り、徒歩で敵と戦うことを余儀なくされました。必死の抵抗にもかかわらず、彼らは最終的に敗北し、サルディスに逃げました。

When the battle began, the Lydian horses, not accustomed to the sight and smell of camels, fled. The riders were forced to jump off them and fight the enemy on foot. Despite desperate resistance, they were eventually defeated and fled to Sardis.

この難攻不落の要塞の包囲は14日間続きました。ペルシャ人は、アクロポリスの急な壁を登る秘密の道を見つけることができました。この予期せぬ攻撃が戦争全体の結果を決定しました。リディア人は鎮圧され、クロエサス王はサイラス王に捕らえられました。この直後、リディアの支配下にあったハーパガスは、イオニアとアエオリスのギリシャ人の小アジアのすべての沿岸都市を征服しました。

 

小アジアギリシャ人 ギリシャの植民地 

 

紀元前9世紀、小アジア東海岸には、ギリシャの3つの主要な部族グループの1つであるイオニア人が住んでいました。その後、イオニア人は、キオス、エフェソス、サモス、ミレトゥス、プリエンなどを含む12の都市の政治的連合で疲弊しました。この連合は、政治的および神聖な動機に由来するため、紀元前6世紀にその実行可能性を証明しました。イオニア人がリディアとペルシャを混乱させ始めたとき。 2つの主要な貿易ルートの交差点での有利な位置のため北から南へ、そして西から東へ、イオニアの都市は、特に紀元前7〜6世紀に、経済的および文化的に繁栄しました。工芸品と貿易の発展、東洋文化との接触:執筆、文学、哲学、幾何学、カレンダー、重量の測定など。

By the IX century. BC. the east coast of Asia Minor was inhabited by the Ionians, one of the three main Greek tribal groups. Later, the Ionians became impoverished in a political union of 12 cities, which included: Chios, Ephesus, Samos, Miletus, Priene, etc. This union, owing its origin to political and sacred motives, proved its viability in the VI century. BC, when the Ionians began to press the Lydians and Persians. Due to its advantageous position at the crossroads of two main trade routes from north to south and from west to east), the Ionian cities reached economic and cultural flourishing, especially in the 7th-6th centuries. BC. (development of crafts and trade, contacts with oriental culture: writing, literature, philosophy, geometry, calendar, measures of weight).

生産力の台頭は、自由で開かれた世界の生き方の繁栄と、民主的な憲法の創設につながりました。イオニアの都市はすぐにギリシャ人の経済的および文化的生活の中心地となり、東部の文化的影響力をギリシャに広める仲介者となりました。 紀元前6世紀多くのイオニアの都市州では、頻繁な内部紛争と外部からの絶え間ない脅威のために、民主的な政府形態が専制政治に変わっています。

The rise of the productive forces led to the flourishing of a free, open to the world way of life and the creation of a democratic constitution. The Ionian cities soon became the center of the economic and cultural life of the Greeks, as well as intermediaries in the spread of the cultural influence of the East to Greece. In the VI century. BC. in many Ionian city-states, the democratic form of government, due to frequent internal conflicts and constant threats from the outside, has turned into tyranny.

紀元前6世紀の半ばにイオニア人はリディア王の支配下に置かれましたが、大部分は彼らの自治権を保持していました。後に彼らはペルシャ人に従属しました。紀元前500年ペルシャの支配に対して反乱を起こし、それは抑制されましたが、ギリシャペルシャ戦争の始まりとなりました。

In the middle of the VI century. BC. the Ionians were brought under the control of the kings of Lydia, but largely retained their autonomy. Later they were subordinated to the Persians. In 500 BC. raised a revolt against the Persian domination, which was suppressed, but served as the beginning of the Greco-Persian wars.

 

ギリシャ-ペルシャ戦争紀元前500-449年 GRECO-PERSIAN WARS (500-449 BC)

 

小アジアの後、バビロンとエジプトは、紀元前5世紀の初めにサイラス二世とカンビセス二世、ダリウス一世によって征服されました。拡大主義政策を継続し、その間、彼は小アジアギリシャの都市といくつかのギリシャ都市国家との間の対立に直面しました。イオニア蜂起に対するアテネの支援は、報復の名目でペルシャ軍をギリシャ本土に連れて行く言い訳として役立ちました。

After Asia Minor, Babylon and Egypt were conquered by Cyrus II and Cambyses II, Darius I at the beginning of the 5th century. BC. continued the expansionist policy, during which he faced the confrontation between the Greek cities of Asia Minor and some Greek city-states. Athens' support for the Ionian uprising served as an excuse to bring Persian troops into mainland Greece under the pretext of retaliation.

ペルシャの軍事行動は部分的にしか成功せず、敗北に終わりました(紀元前492年-アトス;紀元前490年-マラソン;紀元前480年-サーモピラエ、アルテミシウス、サラミス;紀元前479年)。紀元前-プラティア、ミカレ;紀元前468年-ユーリメドン;紀元前450年-マリミヌスとキプロス)。キリエフの平和(紀元前449-448年)の条件の下で、イオニアの沿岸都市は独立し、ペルシャ王はギリシャの情勢に干渉しないことを約束し、エーゲ海小アジアの海岸は、ペルシャ-フェニキアの艦隊に閉鎖されました。さらに、エーゲ海黒海でのすべての取引は、ギリシャ人の管理下に置かれました。

The Persian campaigns were only partially successful and ended in defeats (492 BC - Athos; 490 BC - Marathon; 480 BC - Thermopylae, Artemisius, Salamis; 479 BC). BC - Plateia, Mikale; 468 BC - Eurymedon; 450 BC - Maliminus and Cyprus). Under the terms of the Peace of Killiev (449-448 BC), the Ionian coastal cities received independence, the Persian king pledged not to interfere in Greek affairs, and the Aegean and the coast of Asia Minor were closed to the Persian-Phoenician fleet. In addition, all trade in the Aegean and Black Seas came under the control of the Greeks.

ギリシャ人を軍事的および政治的に大幅に弱体化させたペロポネソス戦争の後、紀元前387年ペルシャ人は、再び帝政支持世界で小アジアギリシャの都市の保護を受けましたが、40年後、アレクサンダー大王ペルシャに対する彼の東部方面作戦を開始し、敗北に終わりました。

After the Peloponnesian War, which greatly weakened the Greeks militarily and politically, the Persians in 387 BC. once again received a protectorate over the Greek cities of Asia Minor over the Tsarist world, but forty years later Alexander the Great began his eastern campaign against Persia, which ended in its defeat.

 

アレキサンダー大王 ALEXANDER THE GREAT

 

334年、その時までにギリシャを征服していたマケドニアの王アレクサンダー3世は、ペルシャ人に対して3万人の歩兵、5千人の騎兵、160人の軍艦の軍隊を率いました。

In 334, the Macedonian king Alexander III, who had subdued Greece by that time, led an army of 30 thousand infantry, 5 thousand cavalry and 160 warships against the Persians.

ペルシャ軍の数値的優位性にもかかわらず、アレクサンダー大王の軍事的才能が役割を果たしました。小アジアでの最初の戦いに勝った後、彼はフェニキアの都市を紀元前332年に鎮圧し、エジプトを征服。シリアに戻ると、彼はチグリス川のほとりに移動し、紀元前331年10月1日のガウガメラの戦いで、ペルシャ人に破滅的な敗北をもたらしました。

Despite the significant numerical superiority of the Persian army, Alexander's military genius played a role. Having won the first battles in Asia Minor, he then subdued the cities of Phenicia and in 332 BC. captured Egypt. Returning to Syria, he moved to the banks of the Tigris and in the battle of Gaugamela, October 1, 331 BC, inflicted a crushing defeat on the Persians.

アレクサンダー大王の死後、ディアドキの司令官の争いにより、帝国はいくつかの独立した王国に分裂しました。これらの最大のものは、Seleucid王朝によって支配されました。

After the death of Alexander the Great, his empire split into several independent kingdoms due to the strife of the Diadochi commanders. The largest of these was ruled by the Seleucid dynasty.

 

ペルガマム、ローマ、ビザンチウム Pergamum, Rome and Byzantium

 

ペルガマムとローマ PERGAM AND ROMANS

 

ディアドクのリシマハスとセレウカスの闘いを巧みに利用して、ペルガモンのフィリッター王は紀元前3世紀の初めにペルガモン王国の国家独立を果たしました。ユメネス一世 Eumenes I(263-241 BC)は、紀元前129年にペルガモン王国を海岸とアイダ市(トロイの近く)に拡大しました。ペルガマムは、紀元前133年に亡くなったAttalus IIIの意志に従って、アジアにおけるローマ州の州都になります。

 
Competently using the struggle of the diadochs Lysimachus and Seleucus, the Pergamon king Filiter achieves at the beginning of the 3rd century. BC. state independence of the Pergamon kingdom. Eumenes I (263-241 BC) expanded the Pergamon kingdom to the coast and to the city of Ida (near Troy). In 129 BC. e. Pergamum - in accordance with the will of Attalus III, who died in 133 BC - becomes the capital of the Roman province of Asia.
 
すぐにローマは小アジア全体を支配し始め、知事が率いるいくつかの州(アジア、ビティニア、ポントゥス、リシア、パンフィリア、チリシア、カッパドキア、ガラティア)に分割しました。しかし、入植地は独立性を維持し、経済的および文化的に急速に発展しました。ディオクレティア皇帝(243-316)の治世中の野蛮人の侵入は、帝国の崩壊の始まりでした。
 
Soon Rome began to dominate the whole of Asia Minor, dividing it into several provinces headed by governors (Asia, Bithynia, Pontus, Lycia, Pamphylia, Cilicia, Cappadocia and Galatia). The settlements, however, retained their independence and developed rapidly economically and culturally. The invasion of the barbarians during the reign of Emperor Diocletian (243-316) marked the beginning of the collapse of the empire.
 
 
306年にコンスタンティノスはローマ帝国の皇帝になりました。彼はキリスト教の信奉者でした。 313年のミラノの判決は宗教の自由を意味しました。 325年、ニセア評議会はキリスト教を公式の宗教と宣言しました。 361年にジュリアンはビザンチウムの皇帝になり、使徒職と呼ばれました。彼の治世の2年間、彼は異教を取り戻そうとしました。 395年、テオドシウス1世の死後、ローマ帝国はついに2人の息子に分割されました。ホノリウスは西ローマ帝国を統治しアルカディウスは東ローマ帝国を統治しました。西ローマ帝国西ゴート族の侵入に耐えることができませんでした。東ローマ帝国はなんとかドイツの部族の攻撃を撃退し、東ローマ帝国は残されました。
偉大なローマの相続人。ジャスティニアン皇帝(527-565)は、ビザンチウムの歴史の中で重要な位置を占めています。彼の下で、東ローマ帝国の国境はカスピ海からジブラルタルまで広がっていました。ジャスティニアンはローマ法を体系化しました。 532年、ジャスティニアン皇帝の治世の初めに、コンスタンチノープルで「ナイキ」と呼ばれる強力な蜂起が起こりました。 「青」と「緑」の2つの野党グループを統合。7世紀に帝国はスラブ、アラブ、ペルシャと継続的に戦争を繰り広げ、その領土は半分になりました。
In 306 Constantine became the emperor of the Roman Empire. He was an adherent of Christianity. The Edict of Milan in 313 meant freedom of religion. In 325, the Council of Nicea declared Christianity the official religion. In 361 Julian became emperor of Byzantium, nicknamed the Apostate - the apostate. During the two years of his reign, he tried to restore paganism. In 395, after the death of Theodosius I, the Roman Empire was finally divided between his two sons: Honorius began to rule the Western Roman Empire, and Arcadius - the Eastern Roman Empire. The Western Empire could not withstand the invasion of the Visigoths; Eastern managed to repel the offensive of the Germanic tribes, and she was left alone
- the heiress of the great Rome. Emperor Justinian (527-565) occupies an important place in the history of Byzantium. Under him, the borders of the Eastern Roman Empire stretched from the Caspian to Gibraltar. Justinian codified Roman law. In 532, at the beginning of the reign of Emperor Justinian, a powerful uprising broke out in Constantinople, which was called "Nike". United two opposition groups - "blue" and "green". In the VII century, the empire waged continuous wars with the Slavs, Araba and Persians. Its territory was halved.
717年にレオ三世が王位に就きました。彼は高い税金を課し、聖職者の富に対する主張を表明し、アイコンの崇拝を偶像主義として宣言し、それがすべての層に不満を引き起こしました。
In 717 Leo III ascended the throne. He imposed high taxes on the population and laid claim to the wealth of the clergy, declaring the veneration of icons as idolatry, which caused discontent among all segments of the population.
コンスタンティンコプロニムスの下で、紛争はさらに激化しました。彼は教会の破壊、亡命、拷問、処刑を伴っていました。そして、842年になってようやくアイコンの崇拝が厳粛に回復しました。しかし、偶像破壊の主な課題である修道院の土地所有との戦いは解決されました。偶像破壊の暗い年の後、マケドニア王朝(867-1081)の即位で、、ビザンチウムの発展に新しい時代が始まりました。
Under Constantine Copronymus, the conflict flared up even more. He was accompanied by the destruction of churches, exile, torture, executions. And only in 842 the veneration of icons was solemnly restored. But the main task of the iconoclasts - the fight against monastic land ownership - was solved. After the dark years of iconoclasm, with the enthronement of the Macedonian dynasty (867-1081), a new period began in the development of Byzantium.
1054年正教会カトリックから分離しました。それは帝国にとってもう一つの黄金時代でした。しかし、地方の確執的な貴族と官僚的な貴族の間の対立のために、帝国は再び崩壊に陥りました。 1071年マンジケルトの戦いで、ビザンチン軍がセルジュクトルコ人に完全に敗北しました。
In 1054, the Orthodox Church separated from the Catholic. It was another golden age for the empire. But due to the confrontation between the provincial feudal nobility and the bureaucratic aristocracy, the empire again fell into decay. In 1071, at the Battle of Manzikert, a huge Byzantine army was utterly defeated by the Seljuk Turks.
同じ年に、ノルマン人はイタリアのビザンチンの土地を占領しました。11世紀にビザンチウムはその所有物のほとんどを失いました。 コンスタンチノープルは、ノルマン人の攻撃から身を守るためにヴェネツィアと同盟を結びましたが、このようにして、海上貿易での優位性を失いました。当時、ビザンチウムと西洋の関係は大きく拡大しました。しかし、十字軍の始まりとともに、これらの2つの世界は反対の立場を取りました。教皇イノセント三世がキリスト教の土地を攻撃することを禁じたにもかかわらず、1204年に十字軍はコンスタンチノープルを捕らえました。
In the same year, the Normans captured the Byzantine lands in Italy. Byzantium lost most of its possessions. In the XI century. Constantinople entered into an alliance with Venice to defend itself against the attacks of the Normans, but in this way it lost its dominance in the sea trade. At that time, relations between Byzantium and the West expanded significantly. However, with the beginning of the Crusades, these two worlds took opposite positions. Despite the prohibition of Pope Innocent III to attack Christian lands, in 1204 the Crusaders managed to capture Constantinople.
 
 
セルジュクは、モンゴルから古代ルスの西部地域までのアジアの草原に生活していたOguz Turks(Western Turks)オグズトルコ部族の支部でした。 10世紀にセルジュクが率いるトルコ人のグループアムダリヤ川とシルダリヤ川の間の地域に定住しました。すぐにセルジュクは西に急いで、新しい領土を征服しました。 1050年までに、彼らはアフガニスタン、その北の地域、および中央ペルシャを鎮圧し、11世紀の初めに首都がバグダッドであったアバシッドカリフの国境地帯を襲撃し始めました。トルコの部族は、ますます多くの小アジアに浸透し始めました。 トギュル・ベクの甥のアルスランは、中東のセルジュク領土の北の国境を守っていて、小アジアの東にあるヴァン湖からそれほど遠くないマンジケルトの戦いで、1071年にビザンチン軍を打ち負かしました。
Turkic tribes began to penetrate in increasing numbers into Asia Minor. Togrul-bek's nephew Alp-Arslan, guarding the northern borders of the Seljuk possessions in the Middle East, defeated Byzantine troops in 1071 at the battle of Manzikert, not far from the lake. Van, in the east of Asia Minor.
敗北はアナトリアに対するビザンチン帝国の支配を完全に弱体化させました。その後、小アジアのセルジュクの元知事スレイマン・シャーは、12世紀半ばに首都コーニャ(古代のイコニウム)にセルジュク・ラム・スルタンと呼ばれる国を設立しました。 スレイマン キリヒ・アルスラン二世の曽孫は、アナトリアの大部分で宗主国を確立しました。 1192年彼の死後、ラム(コーニャ)スルタン国のセルジュクの支配者は、小アジアイスラム国家を創設しました。
The defeat completely undermined the rule of the Byzantine Empire over Anatolia. Later, the former governor of the Seljuks in Asia Minor Suleiman Shah founded his own sultanate here, called the Seljuk Rum Sultanate with the capital Konya (ancient Iconium). By the middle of the 12th century. the great-grandson of Suleiman Kilich-Arslan II established his suzerainty over most of Anatolia. After his death in 1192, the Seljuk rulers of the Rum (Konya) Sultanate created an Islamic state in Asia Minor.
13世紀のモンゴルの侵略は、帝国をいくつかの自治首長国に崩壊させました。ある首長国の統治者であるオスマンは、今日のトルコの多くの地域を服従させました。しかし、オスマン帝国の本当の創造者はオスマンの息子、オーハンでした。
Mongol invasion in the XIII century. led to the collapse of the empire into several autonomous emirates. Osman, the ruler of one of the emirates, subjugated many areas of today's Turkey to his influence. But the real creator of the Ottoman Empire was Osman's son, Orhan.
 
OTTOMAN EMPIRE
未来の強大な力の創造者であるオスマン(1259-1324 / 1326)は、父親のエルトゥグルルから、北西部のソフ近郊にあるセルジュク州の小さな国境の遺産を継承しました。ビザンチウムの国境にあるブルサ。オスマンは新しい王朝の創設者になり、州は彼の名前を受け取り、オスマン帝国として歴史に名を残しました。オスマンの死後、彼の息子オーハンは要塞化されたビザンチンの都市ブルーサを占領しました。
The creator of the future mighty state, Osman (1259-1324 / 1326), inherited from his father Ertugrul a small border inheritance of the Seljuk state in the northwest, in the vicinity of the Sov. Bursa, on the border of Byzantium. Osman became the founder of a new dynasty, and the state received his name and went down in history as the Ottoman Empire. After the death of Osman, his son Orhan occupied the fortified Byzantine city of Brusa.
ブルサは、オスマン帝国がそれを呼んだように、オスマン帝国の首都になり、首都がエディルネ(アドリアノープル)に移されるまでそこにとどまりました。
Bursa, as the Ottomans called it, became the capital of the Ottoman state and remained it until the capital was transferred to Edirne (Adrianople).
 
その後、事実上10年以内に、ビザンチウム小アジアのほぼすべての土地を失いました。 1359年、オーハンの長男である優れた統治者であるムラドIが王位に就き、ヨーロッパにおけるオスマン帝国軍の永続的な存在を強化し、1361年にアドリアノープルを占領し、彼の州に含めました。ムラドはなんとかバルカンの中心部に定住し、1389年にコソボフィールドでの戦いでセルビアの王子を破ったが、彼自身は戦いの終わりに戦死しました。当時の重要な出来事は、軍隊にジャニサリーの軍団、これらの兵士(トルコのエニシェリ、文字通り新しい軍隊)の創設でした。
After that, practically within one decade, Byzantium lost almost all the lands in Asia Minor. In 1359, Orhan's eldest son Murad I, an outstanding ruler, ascended the throne, who consolidated the permanent presence of Ottoman troops in Europe, seizing Adrianople in 1361 and incorporating it into his state. Murad managed to settle in the very heart of the Balkans and in 1389 defeated the Serbian prince in the battle on Kosovo Field, although he himself died at the end of the battle. An important event of that time was the creation of a corps of janissaries in the army, these soldiers (Turkish enicheri, literally a new army 
外国人によって名付けられたジャニサリーは、特にバルカンで、キリスト教の家族からの男の子の間で募集されました。スルタンの奴隷であるジャニサリーは、訓練を受けた武装した歩兵からなる訓練された通常の軍隊であり、ルイ14世フランス軍が到着するまで、ヨーロッパの同様の軍隊よりも戦闘能力に優れていました。そして西と東の帝国の境界を拡大しました。
janissaries named by foreigners were recruited among boys from Christian families, in particular in the Balkans. Being the slaves of the sultans, the janissaries were a disciplined regular army consisting of well-trained and armed infantrymen, superior in combat capability to all similar troops in Europe until the appearance of the French army of Louis XIV. and expanded the boundaries of the empire in the west and east.
しかし、アジアの征服者ティムランとの戦争は、達成されたすべての成功を事実上無効にしました。アンカラの戦いの間に、彼の軍隊はティムールに敗北し、彼自身が捕らえられました。彼はしばらくして亡くなりました。
But the war with the conqueror of Asia Timurlan practically nullified all the successes achieved. During the battle of Ankara, his troops were defeated by Timur and he himself was captured. He passed away some time later.
彼の死後、スルタンの4人の息子の間で権力をめぐる長い闘争の後、メフメド兄弟の末っ子がオスマン帝国のスルタ​​ンになりました。メフメド一世は8年間統治し、何年にもわたって彼はワラキアとアルバニアの一部で影響力を強化し、多くのトルコの部族をヨーロッパに再定住させました。
After his death, after a long struggle for power between the 4 sons of the Sultan, the youngest of the brothers Mehmed I became the autocratic Sultan of the Ottoman Empire. Mehmed I reigned for 8 years, over the years he managed to strengthen his influence in Wallachia and parts of Albania and resettled many Turkic tribes to Europe.
1421年にスルタンが予期せず死んだ後、王位は彼の長男ムラド2世に渡されました。ヨーロッパでは、ムラド二世がオスマン帝国の国境を大幅に拡大し、その地位を強化しました。ボスニアセルビアをイペリアに再併合した後、オスマン帝国ハンガリーカトリック教徒の迫害から解放者として受け入れられ、ムラドはマニサに引退しました。
After the unexpected death of the Sultan in 1421, the throne passed to his eldest son Murad II. In Europe, Murad II significantly expanded the borders of the Ottoman Empire and strengthened its position. After he re-annexed Bosnia and Serbia to Iperia, where the Ottomans were received as liberators from the persecution of Hungarian Catholics, Murad retired to Manisa.
1451年の彼の死後、メフメド2世が王位に就きました。若いスルタンは、宮殿の学校と彼の父の指導で、マニサの知事として優れた教育を受けました。彼は間違いなく当時のヨーロッパの他のすべての君主よりも教育を受けていました。すぐにわずか23歳で、コンスタンチノープルの包囲を始めました。包囲中のスルタンの最も壮観なやりかたは、湾の入り口に伸びる拘束を迂回して、ボスポラス海峡からゴールデンホーン湾まで丘を超えて彼の艦隊の一部の巧妙に横断したことでした。
After his death in 1451, Mehmed II came to the throne. The young sultan received an excellent education at the palace school and as governor of Manisa under the guidance of his father. He was undoubtedly more educated than all the other monarchs of the then Europe. Soon the young sultan, he was only 23 years old, began a siege of Constantinople. The most spectacular step of the sultan during the siege was the ingenious crossing of part of his fleet from the Bosphorus to the Golden Horn through the hills, bypassing the chain stretched at the entrance to the bay.
したがって、スルタンの船からの大砲は、内港から街を砲撃する可能性があります。 1453年5月29日、壁が破られ、オスマン帝国の兵士がコンスタンチノープルに侵入しました。十字軍とは異なり、オスマン帝国軍は都市を略奪せず、都市の人口は影響を受けませんでした。 3日目、ファティ・スルタン・メフメド2世はすでにアヤソフィアで祈っていて、コンスタンチノープルを帝国の首都にすることを決めました。
Thus, cannons from the Sultan's ships could shell the city from the inner harbor. On May 29, 1453, a breach was made in the wall, and Ottoman soldiers broke into Constantinople. Unlike the crusaders, the Ottoman army did not plunder the city, the population of the city was not touched. On the third day, Fatih Sultan Mehmed II was already praying in Ayasofia and decided to make Constantinople the capital of the empire.
オスマン帝国の力は16世紀半ばにその頂点に達しました。スレイマン一世(1520-1566)の治世の期間は、オスマン帝国の黄金時代と見なされます。スレイマン一世は、音楽、詩、自然、そして哲学的な議論を愛する教育を受けた男でした。18世紀、ウィーン近郊のトルコ軍の敗北後、帝国はその領土を失い始めました。同時に、西洋の習慣が法廷で広まり始めました。 1826年にジャニサリーの軍隊は廃止されました。
The power of the Ottoman Empire reached its climax in the middle of the 16th century. The period of the reign of Suleiman I the Magnificent (1520-1566) is considered the Golden Age of the Ottoman Empire. Suleiman I was an educated man who loved music, poetry, nature, and also philosophical discussions. In the 18th century, after the defeat of the Turkish troops near Vienna, the empire began to lose its possessions. At the same time, Western customs began to spread at court. In 1826 the army of the Janissaries was abolished.
1829年ギリシャは独立を獲得しました。その後、ルーマニアセルビアモンテネグロが反乱を起こしました。 1878年小アジアの東部はロシアに、ボスニアヘルツェゴビナオーストリアに、キプロスはイギリスに譲渡されました。スルタン アブドルハミド二世は抵抗しましたが、この時点で青年トルコ人運動が発展していました。
In 1829 Greece gained independence. In subsequent years, Romania, Serbia and Montenegro revolted. In 1878 the eastern part of Asia Minor was annexed to Russia, Bosnia and Herzegovina to Austria, and Cyprus was given to Great Britain. Sultan Abdul-Hamid II resisted, but at this time the Young Turks movement developed.