好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

アン王女のファッション

フィリップ殿下とエリザベス女王の長女。1972年のミュンヘン五輪金メダリスト(馬術団体)でもあるマーク・フィリップスMark Phillips陸軍少尉と、1973年にウエストミンスター寺院で結婚式。2人の間にはピーターザラの2子に恵まれました。1992年に離婚。アン王女は離婚から約6カ月後の同年12月12日、ティモシー・ローレンス海軍中佐と再婚。サー・ローレンスとの間に子供はありません。

アン王女は、1974年ロイヤル・ヴィクトリア勲章勲一等(GCVO)、1994年ガーター勲章(LG)、2000年シッスル勲章(LT)をそれぞれ授与されています。夫妻そろっての王室行事では、チャールズ王太子夫妻やウィリアム王子夫妻、弟のウェセックス伯エドワード王子夫妻より下位となるものの、女性だけの行事の際にはエリザベス女王の次席に位置します。1971年昭和天皇訪英時には、勲一等宝冠章を授与されています。

21歳の時にヨーロッパ馬術選手権大会個人の部で優勝し、1971年のBBC・スポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー賞に選出。4年後に西ドイツで行われた同大会でも、個人・団体の2部門で準優勝という結果を収め、1976年にはモントリオールオリンピックにイギリス代表としてご出場。

ロンドン大学総長、エディンバラ大学総長、ロンドン・シティ・ギルド協会代表、ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツ代表、ロイヤル・ホロウェイ総長、イギリスオリンピック委員会総裁を務めておいでだそうです。

1988年より国際オリンピック委員会委員を務め、2012年ロンドンオリンピックパラリンピック招致後はロンドンオリンピック・パラリンピック組織委員会理事も務めた。200以上のチャリティー活動に関わられています。

アン王女とチャールズ皇太子の子供時代の写真が可愛らしい。お転婆アン王女の写真を集めてみました。

f:id:MeinFavorit:20210501114137p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412193043p:plain

1952年バルモラル城にて

f:id:MeinFavorit:20210412203318p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412203347p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143503p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414165425p:plain

小さな恋人同士のよう。服の色もお揃いで。

f:id:MeinFavorit:20210412193139p:plain

毛皮のマフが、お嬢様感を出していますね。

f:id:MeinFavorit:20210414175157p:plain

このチャールズ皇太子、面白すぎます。

f:id:MeinFavorit:20210412193205p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412193112p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412193120p:plain

1960年吹雪の日、レディ・パメラ・マウントバッテンの結婚式でシャンパンを飲むアン王女

f:id:MeinFavorit:20210417140118p:plain f:id:MeinFavorit:20210417140244p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414072514p:plain

このレディ・パメラ・マウントバッテンの次女インディア・ヒックスが、ダイアナ妃のブライズメイドを務めました。

f:id:MeinFavorit:20210512064624p:plain

この写真の中に、犬がいます。

f:id:MeinFavorit:20210413173510p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413173525p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412193219p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143646p:plain  f:id:MeinFavorit:20210413143657p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412193255p:plain

チャールズ皇太子って優しい人柄なんでしょうね。いつも仲の良い兄妹。

f:id:MeinFavorit:20210412193945p:plainf:id:MeinFavorit:20210414103328p:plain f:id:MeinFavorit:20210414165328p:plain f:id:MeinFavorit:20210414172056p:plain

アン王女のファッションを辿ると、当時の流行がわかってとても面白いです。この黄色いコートも上の方に飾りポケットがありますし、スカートの裾が広いデザイン。スタイリッシュ。バッグも素敵。最近20年くらいは、デパートのお洋服がほぼ同じで、欲しいと思うような洋服に出会うことは滅多にないので、惹きつけられます。

コート類は無地だけれど、ワンピース、ドレスは柄が多いのも特徴ですね。目の保養になりました。見ていて楽しいです。

f:id:MeinFavorit:20210413173550p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414172402p:plain f:id:MeinFavorit:20210414172139p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143745p:plain

f:id:MeinFavorit:20210503191816p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143756p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143810p:plainf:id:MeinFavorit:20210511133554p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414133541p:plain f:id:MeinFavorit:20210413144022p:plain

この空色コートと、上のネイビーコートは色違いで作られたのかも。

f:id:MeinFavorit:20210414181240p:plain f:id:MeinFavorit:20210414133607p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414072824p:plain f:id:MeinFavorit:20210502194704p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414133443p:plain   f:id:MeinFavorit:20210425103143p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414103139p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414103234p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414103251p:plain f:id:MeinFavorit:20210416200302p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413143840p:plain f:id:MeinFavorit:20210413143903p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412202220p:plain

フィリップ殿下の1番お気に入りだったようです。お顔もそっくり。

f:id:MeinFavorit:20210412211442p:plain

後ろにちょこんと座っているエドワード王子が可愛い。

f:id:MeinFavorit:20210414165544p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411074656p:plain

 アン王女も、30年前、10年前のワードローブをそのまま、もしくはリフォームしてお召しになることで有名なんだそうです。上質の絹やカシミヤやツィードですものね。仕立て代もオーダーメードで高いわけですし。ドレスに大金をかけたくない、という趣旨のことをどこかで読んだことがあります。堅実な感じです。以下の記事にも、何度もお召し物をリピートされる画像があります。私は英国王室の中では、1番好きです。エドワード王子配偶者のソフィ妃のファッションも好きです。

www.townandcountrymag.com

f:id:MeinFavorit:20210412202232p:plain  f:id:MeinFavorit:20210413144227p:plain

カミラさんの若い頃はこんな感じ。目鼻立ちがちょっとアン王女と似ているかも。

f:id:MeinFavorit:20210412204841p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412202248p:plain f:id:MeinFavorit:20210412194110p:plain  

右のドレスはハイウエストで切り替えがあります。

f:id:MeinFavorit:20210411080051p:plain f:id:MeinFavorit:20210502200320p:plain

美女。このシルク・ジョーゼットのプリント地をよく見たら、お人形柄ですね。

f:id:MeinFavorit:20210414133644p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412194040p:plainf:id:MeinFavorit:20210413144647p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413144306p:plain

ハイネック、袖なしワンピースの上に、お揃い柄の上着をお召しなんですね。共布を帽子に通してあるのもおしゃれ。

f:id:MeinFavorit:20210414103346p:plain

落ち着いた色のシルク・デシン。シックですね。Vネックのローウエスト切り替え、後ろファスナーのワンピースに、共布のリボンを首に巻いていらっしゃる。

f:id:MeinFavorit:20210413145003p:plain 

f:id:MeinFavorit:20210414103633p:plain f:id:MeinFavorit:20210414163649p:plain

上のワンピースとこのオレンジ系ワンピは、どちらもローウエスト切り替えで、下がプリーツスカート。同じ型紙かもしれません。襟ぐりを変えたのですね。

f:id:MeinFavorit:20210414172247p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413145018p:plain

水玉模様、お好きみたいですね。プリーツスカートもお好きみたい。

f:id:MeinFavorit:20210413145040p:plain f:id:MeinFavorit:20210421101220p:plain

ハイウエスト切り替え部分と袖口がスカラップになっていて、凝っていますね。袖口から、同色の水玉の袖がのぞいているから、襟の水玉も、きっとワンピースなのでしょうね。コートは丸い襟ぐりで。帽子もお揃いの水玉シルクで、トータルコーディネートも完璧。

f:id:MeinFavorit:20210414072607p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414175326p:plain
f:id:MeinFavorit:20210414072847p:plain f:id:MeinFavorit:20210421101113p:plain

パフ袖の、カフスがとても長いのがおしゃれ。

 f:id:MeinFavorit:20210413144343p:plain

ライラック色のオーバーコート、素敵。

f:id:MeinFavorit:20210412211246p:plain  

f:id:MeinFavorit:20210413144601p:plain

 帽子もつばがダブルというか凝っていますね。

f:id:MeinFavorit:20210413144522p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412194130p:plain

ウエディングドレスとシルエットが似ています。大きなラッパの袖口も同じ。

f:id:MeinFavorit:20210413144706p:plain  

中世のお姫様のファッションを参考にされているみたいです。これも水玉ですね。

f:id:MeinFavorit:20210413144717p:plain

 こちらもスクエアネックにハイウエスト切り替えで、上のピンクドレスと同じ型紙かも。

エレガントですね。

f:id:MeinFavorit:20210414163815p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412211202p:plain

f:id:MeinFavorit:20210421101332p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413173634p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412211212p:plain

かっこいい!

f:id:MeinFavorit:20210412202323p:plain

f:id:MeinFavorit:20210503191917p:plain

f:id:MeinFavorit:20210503191936p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412202332p:plain

ピーター・フィリップ氏、ニュージーランド人女性との間に女の子を作ってしまったんですよね。アン王女がボディガードと浮気したのは、それを知ってではないかしら。左に小さなエドワード王子。

f:id:MeinFavorit:20210412201340p:plain

f:id:MeinFavorit:20210421101551p:plain

シルクジョーゼットの上半身がシャーリングになっていて、お袖がふんわり。ロマンチックなデザインですね。

f:id:MeinFavorit:20210413173726p:plainf:id:MeinFavorit:20210412211307p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413145857p:plainf:id:MeinFavorit:20210414104057p:plain

f:id:MeinFavorit:20210503192012p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413150005p:plain f:id:MeinFavorit:20210414133808p:plain

以前のワードローブをリフォームしてお召しになるのは、英国王室では、アン王女くらいらしいです。マルガレーテ女王とファッション哲学が似ていますね。品質の良い布地と仕立ての良い洋服をオーダーメードしたら、とことん着る。何度でも着る。時にはリフォームする。若い頃から、一生着られるようなデザインが多いですね。たしか、馬にお金がかかるから、ファッションにかけるお金は節約する、と読んだ記憶があります。

f:id:MeinFavorit:20210503192101p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413145922p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413150028p:plain

上のピンクの大きなパフ袖と、この青い大きなパフ袖も、同じ型紙かも。

f:id:MeinFavorit:20210413150105p:plain  f:id:MeinFavorit:20210503192157p:plain

f:id:MeinFavorit:20210503192321p:plain

マルガレーテ女王もお召しだった、ボタンが三角になるタイプの打ち合わせ。布地が大きな水玉のジャガード織りなのもおしゃれ。

f:id:MeinFavorit:20210414073357p:plain f:id:MeinFavorit:20210423154746p:plain

頭にスカーフ、首にも小さなスカーフ。

f:id:MeinFavorit:20210414165715p:plain

マタニティのコートですね。

f:id:MeinFavorit:20210414103800p:plain

白い大きなボタン、肩とウエストの位置に。おしゃれ。

f:id:MeinFavorit:20210414133726p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414073348p:plainf:id:MeinFavorit:20210502194756p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414181518p:plain

上の水色ドレスの袖周りのフリルと、このアイボリーのドレスが、袖だけ同じかも。

f:id:MeinFavorit:20210414165945p:plain
               f:id:MeinFavorit:20210414103813p:plain

f:id:MeinFavorit:20210502195354p:plain

フィリップ・モリスのアイアンシー柄

f:id:MeinFavorit:20210503193315p:plain f:id:MeinFavorit:20210503193342p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412202402p:plain f:id:MeinFavorit:20210412202450p:plain

f:id:MeinFavorit:20210416120012p:plain

チェックで、襟の内側を赤でトリミングしてあるのがおしゃれです。

f:id:MeinFavorit:20210412202352p:plain

クリスマスカラーのチェックも可愛い。チェックのドレスはどうなっているのでしょう。

f:id:MeinFavorit:20210414103938p:plainf:id:MeinFavorit:20210414103949p:plain

f:id:MeinFavorit:20210503191309p:plain

5歳年下の海軍少佐ティム・ローレンス氏と再婚

f:id:MeinFavorit:20210507170547p:plain f:id:MeinFavorit:20210507170558p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413145344p:plainf:id:MeinFavorit:20210421101712p:plain

チャールズ皇太子は、カミラさんと教会で立派な結婚式をあげられましたが、アン王女の頃はもっと以前で、再婚に教会関係者が厳しく、スコットランドの小さな教会で、大変質素な結婚式を挙げられたのだそうです。

f:id:MeinFavorit:20210501151952p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413145142p:plain 

f:id:MeinFavorit:20210419140918p:plain

50歳記念パーティにて

f:id:MeinFavorit:20210421101504p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414104037p:plain  f:id:MeinFavorit:20210501154655p:plain

f:id:MeinFavorit:20210503192402p:plain f:id:MeinFavorit:20210503192419p:plain

f:id:MeinFavorit:20210503192527p:plain 

f:id:MeinFavorit:20210503192815p:plain f:id:MeinFavorit:20210503192827p:plain

f:id:MeinFavorit:20210503192917p:plain f:id:MeinFavorit:20210414104601p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413150157p:plain f:id:MeinFavorit:20210502194919p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414104047p:plain f:id:MeinFavorit:20210414175028p:plain

サイズが変わらないからこそ、数十年前のお洋服がお召しになれるのですよね。

f:id:MeinFavorit:20210414104154p:plain

パフスリーブだけど3枚花びらがお袖にあるような変わったお袖。

f:id:MeinFavorit:20210414170117p:plain

とても似ていますが、くるみボタンの打ち合わせで、下のライラック色のコートとは違います。

f:id:MeinFavorit:20210414104212p:plain   

f:id:MeinFavorit:20210414172613p:plainf:id:MeinFavorit:20210414104328p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414104423p:plain f:id:MeinFavorit:20210414104439p:plain

帽子とスカーフを変えて違う表情に。

f:id:MeinFavorit:20210414104550p:plain

シャープな感じが良くお似合い。裾の打ち合わせが振袖の端のように、大きく丸いカーブになっているのが好きです。ブローチやイヤリング、靴を変えていらっしゃるようです。

ロング丈のジャケットとしては、上のネイビー白の上着と、このネイビー黄色の上着は似ていますね。テーラーカラーの角度と、ポケットの角度は違いますが。デザイン料と仕立て代がかかるのかもしれませんね。だから1枚の型紙で、少し細部を変えて二枚仕立てるかも。これとこれは似てるかな?と見つけるのが楽しいです。

f:id:MeinFavorit:20210413150229p:plain f:id:MeinFavorit:20210414163458p:plain

f:id:MeinFavorit:20210502195100p:plain 

f:id:MeinFavorit:20210421101426p:plain

スカーフの達人。ベーシックな服に、スカーフで表情をつけるのは実用的ですよね。私も好きです。シンプルな服に、スカーフを変えるだけで違う印象になるし、流行がないから便利。

英国の場合、洋服だけでなく、アスコットという帽子を見せる慣習があるから、帽子を収納するスペースが嵩張ってしょうがないでしょうね。

f:id:MeinFavorit:20210414163907p:plainf:id:MeinFavorit:20210414170633p:plain

絹のスカーフを首に巻いて、更に紺色のカシミアのストールを、コートの襟の下に通していらっしゃいます。寒い時に参考になる着こなし。

f:id:MeinFavorit:20210415174203p:plain 

同じ型紙で、違う色で作られたようです。でも下のペールグリーンの方が、襟ぐりが狭いですね。王女の左右のカップルは、ティンダル夫妻だと思われます。娘ザラさんの結婚式にて。

f:id:MeinFavorit:20210415094847p:plainf:id:MeinFavorit:20210415121428p:plain

おそらく結婚式の後、襟ぐりはペールグリーンと同じに狭く手直しされたようです。襟からワンピースが見えていないので。右の写真は翌年アスコットでお召しになった様子。このジョーゼットのプリーツの下には真紅のタイトスカートをお召しになっています。というかワンピース自体が赤無地で、その上に透けるジョーゼットを重ねてあるようです。

f:id:MeinFavorit:20210415101758p:plain

華やかでシック。黒手袋とバッグがアクセントで引き締まっていますね。
f:id:MeinFavorit:20210414103844p:plain

f:id:MeinFavorit:20210503192715p:plainf:id:MeinFavorit:20210502195035p:plain

f:id:MeinFavorit:20210501114250p:plain

f:id:MeinFavorit:20210501114304p:plain 
黄金の馬のブローチ、アスコットにぴったりですね。

f:id:MeinFavorit:20210416152138p:plain

f:id:MeinFavorit:20210416152113p:plain f:id:MeinFavorit:20210416120050p:plain

f:id:MeinFavorit:20210501152234p:plain

喪の装いでも、スカーフを使われます。

f:id:MeinFavorit:20210501152246p:plain
アレクサンドラ王女と

f:id:MeinFavorit:20210417140445p:plain f:id:MeinFavorit:20210501114345p:plain

変顔もなさいます。         オリンピックの聖火

f:id:MeinFavorit:20210414104618p:plain f:id:MeinFavorit:20210421104328p:plain

濃い深緑のガウンに、あざみの花の勲章、これはスコットランドの最高勲章、シッスル勲章だそうです。

f:id:MeinFavorit:20210425103531p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425103617p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425140627p:plain

青のガウンはガーター勲章

f:id:MeinFavorit:20210414073643p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414170749p:plain  

f:id:MeinFavorit:20210412211342p:plain f:id:MeinFavorit:20210425103425p:plain

 

f:id:MeinFavorit:20210421104437p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412194153p:plain

f:id:MeinFavorit:20210502195456p:plain

f:id:MeinFavorit:20210501154848p:plain

madamefigaro.jp

www.fujingaho.jp

 

ザラ・フィリップスの異母妹、結婚式に招待されず

https://www.japanjournals.com/uk-today/1078-720.html