好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

大草原の遺産:ジュエリーの傑作

2018年3月23日の記事から

«Наследие Великой степи: шедевры ювелирного искусства»

 

4月4日から、カザフスタン共和国国立博物館コレクションより、遊牧民族の文化と芸術を紹介するユニークな展覧会「大草原の遺産:ジュエリーの傑作」を開催します。この展覧会で、カザフスタンのシンボル「黄金の人」が展示されます。

1960年代後半から1970年代初頭にかけて、アルマトイの近くで考古学的センセーションが起こりました。優れた考古学者ケマル・アキシェフによって研究されたイシク古墳で、サカ・ツァーリの遺跡「黄金の男」はカザフスタンの象徴となりました。貴重な発見は「カザフスタンツタンカーメン」と呼ばれ、世紀の発見として認識されました。草原の古代の支配者の王冠からの金の装飾、翼を持つ馬、トゥルパラはカザフスタン共和国の紋章となり、黄金の男の像はアルマトイの独立広場に設置されています。

f:id:MeinFavorit:20201013180100p:plain

f:id:MeinFavorit:20201013171111p:plainf:id:MeinFavorit:20201013170504p:plain

 

約半世紀後、カザフスタン国立博物館は国際ツアー「世界博物館への黄金の男の行進」を発表しました。ルートには、アジアとヨーロッパ、最初のホスト国 - ロシア、アゼルバイジャン、中国、韓国、ポーランドが含まれています。
全ロシア装飾応用民芸博物館での展覧会では、黄金の板が刺繍された服を着た黄金の人の復元を見ることができます。 金色の矢の形や、ユキヒョウ、羊、馬、鳥の形の黄金の板で飾られた、特別な円錐形の頭飾りを身につけています。この高貴なサックの若い(推定年齢17-18歳)戦士は、初期の鉄器時(紀元前5−4世紀)に葬られたと考古学者は考えています。

f:id:MeinFavorit:20201013171651p:plain

サキ人は、(ペルシャ語から「権勢のある男」を意味します) カザフ人の遠い祖先。ギリシャの著作では、彼らはアジアのスキタイ人(サカという言葉はスキタイの "鹿"に戻ります)と呼ばれ、他の古代の情報源では、彼らは比喩的に「速い馬との旅行」と表現されました。これらの部族の3つの大きなグループの中で、イシク古墳が黄金の人と共に発見された地域に住んでいた、サキ・ティグランハッド(「鋭い草原の人」)が言及されました。古墳では4,000以上の黄金の品々が見つかりました。衣服を飾るだけでなく、ジュエリーや家庭用品。埋葬された地形は、研究者が骨の折れる作業の結果として、展示で提示されている古代の戦士の外観を再現することを可能にしました。ルーン文字の碑文が、イシク古墳で発見された銀製ボウルの中で発見されています。それはこの領域で見つかった最も古い碑文の一つです。

 

f:id:MeinFavorit:20201013174612p:plain

草原の古代芸術の最も重要な特徴は、動物形態のイメージの支配です。 いわゆる「動物スタイル」、その特徴は、動物の様式化された闘争のシーンです。
ドラマは、要素の対立と人生への復活、善と悪の対立、永遠の動きと反対の永遠の闘争を象徴しています。「動物のスタイル」の顕著な例は、二匹のヒョウが鏡写しになった形をした、黄金製の紀元前5ー4世紀に作られたものです。

f:id:MeinFavorit:20201013174835p:plain

キリスト教イスラム教が承認されると、「動物の様式」は徐々に異教の信念と認識にまでさかのぼる元の意味を失いました。しかし、元の意味を欠いた動物の装飾的なイメージは、中世の芸術に存在し続けました。ジュエリー、木彫り、石と骨、建築の中に。しかし、より一般的な形で、様式化された装飾品、装飾の要素の形を取得します。これらの傾向は、15世紀にさかのぼる、展覧会で展示されているサイラムの宝物、10点の金属の装飾品によって明確に表現されています。

カザフスタン国立博物館は、中央アジア北コーカサス民族誌に関する広範なコレクション(千以上のアイテム)を保管しています。これらのファンドから高い宝石芸術の60以上のサンプルがモスクワに持ち込まれました。19世紀と20世紀半ばのジュエリー、様々なジュエリー、女性と男性の衣装、および家庭用品が展示されます。

f:id:MeinFavorit:20201013175312p:plain

展覧会「大草原の遺産:ジュエリーの傑作」は、ユーラシアの草原文化の豊かな遺産の中で最も明るく印象的な伝統の1つを展示しています。

展覧会には、モスクワ州立大学考古学部長の歴史科学博士、カントロヴィッチ・アナトリー・ロベルトヴィッチが読む講演が含まれます。

営業時間:2018年4月4日~5月13日

 

上の記事と似た記事で、ペガサスに角がある飾りの写真を載せたものが、以下にありました。

f:id:MeinFavorit:20201014115125p:plain

zhurnal.lib.ru