好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

フランスTétard 工房

Odiot工房と双璧をなす評価の高いTétard 工房です。1670年創業のOdiotに比べるとTétard 工房は1870年創業と2世紀後の創業にはなりますが、Tétard 工房が有名なことの1つは、エレガントなデザインによるものではないかと思います。万国博覧会で3度Tétard は金賞などを受賞していますが、カトラリーのデザインが美しいです。下の記事では創業1880年になっていますが、正規店のコメントでは1870年創業でした。

これが、ティタールの刻印です。

f:id:MeinFavorit:20210106095423p:plain

Trianonという名前のカトラリーシリーズ。このトリアノンで、最初の万博金賞を受賞しています。詳細はわかりませんが、Tétard は1980年代に、オディオに買収されたそうです。現在トリアノンとマリーアントワネットのシリーズは、オディオマークをつけて売られていますが、オリジナルはティタールのものです。デザインと金型も含めて買収されたとオディオ正規店からのコメントです。ですからTFRESというマークが刻印されているカトラリーならば、買収される前に製造されたことがわかります。

 

f:id:MeinFavorit:20210106100508p:plain

こちらはMarie-Antoinette命名されたシリーズ

f:id:MeinFavorit:20210106100553p:plain

www.odiot.com

www.koopman.art

Tetard Freres エレガントで伝統的なスタイリングと伝説的な品質で有名です。「王への銀細工職人」として、テタール・フレールは、1880年エドモンド・テタール(1860-1901)によって設立されて以来、フランスの貴族に上質な銀細工を供給するフランスの主要な工房です。1889年、エドモンド・テタールは万国博覧会に参加し、彼の卓越したデザインと最高品質の銀製品で金メダルを獲得しました。同社は、ルイ15世スタイルのスターリングシルバー食器セットと食器製品を専門としています。1901年、会社はエドモンズの3人の息子、アンリ、ジャック、ジョージの管理下に置かれました。1920年から、同社は前衛的な作品で知られるヴァレリー・ビゾアール(1875-1945)とルイス・タルディ(1881-1978)のデザインに従って模範的な銀食器を製造しました。1931年の国際博覧会で、テタール兄弟の銀細工の傑出した作品に対して、10個のメタルが授与されました。

 

Edmond Tetard (1860 - 1901)
Tetard Freres - famed for their elegant, traditional stylings and legendary quality. As "Silversmith to the King," Tetard Freres has been France's premier supplier of fine silver to the French Aristocracy since its founding in in 1880 by Edmond Tetard (1860-1901). In 1889, Edmond Tetard participated in the Universal Exposition and received a gold medal for his outstanding designs and premier quality silver products. The firm specializes in sterling silver flatware sets and tableware products in the style of Louis XV. In 1901 the firm was put under the control of Edmonds' three sons - Henri, Jacques and Georges. From 1920 the firm produced exemplary silver pieces following the designs of Valery Bizouard (1875-1945) and Louis Tardy (1881-1978) - known for their creations of the avant-gards. In the International Colonial Exhibition of 1931, the Tetard Brothers won "un palmares exceptional" - a stunning 10 medals were awarded for their outstanding creations in sterling silver. 

 

www.hancocks-london.com

Tétard Frères

エドモンド・テタールは、1880年に有名な銀細工職人エミール・ヒューゴの事業を引き継ぎました。彼はその年の8月に彼のマークを登録し、パリ中心部のマレ地区の北にある4rueBérangerに工房を作りました。彼は才能のある職人であり、彼の作品はすぐにクライアントと彼の同時代人の両方の注目を集めました。同社は、コーヒーやお茶のセット、装飾的なトレイや壷など、食器やその他の食器の美しいセットの製造を専門としています。全ての作品は、エレガントなプロポーションが特徴で、細かく細工されており、多くは装飾的なディテールがあり手彫りで作られています。彼は1889年にパリ万国博覧会に出展し、ロココ様式の影響を受けた優れたデザインと、高品質の銀製品で、金メダルを受賞しました。テタールの作品は、目の肥えた顧客から非常に人気があり、フランス貴族のお気に入りになりました。

Edmond Tétard took over the business of the renowned master silversmith Émile Hugo in 1880.  He registered his mark in the August of that year giving the workshop address as 4 rue Béranger, north of the Marais in central Paris.

He was a talented craftsman and his work soon came to the attention of both clients and his contemporaries.  The firm specialized in creating beautiful sets of flatware and other table ware such as coffee and tea sets, decorative trays and urns.  All the pieces featured elegant proportions and were finely wrought, many embellished with decorative details and hand engraving. He exhibited at the Exposition Universelle in Paris in 1889 where he was awarded a gold medal for his outstanding designs and fine quality silverware, much of which was influenced by Rococo style.  Têtard’s pieces were highly sought after by a discerning clientele and he became a favourite of the French aristocracy.

テタールの死後、会社は彼の3人の息子、アンリ、ジャック、ジョージに引き継がれました。Tétard Frères と改名され、兄弟は1903年2月に父親の工房マークをやめて独自のマークを登録しました。この会社は20世紀初頭の主要な銀細工工房となり、アール・デコ様式の作品は、広く賞賛されました。芸術的才能と前衛的な傾向で有名な、デザイナーのヴァレリー・ビゾアールとルイス・タルディは、1919年頃に会社に加わりました。

After Tétard’s death the firm passed to his three sons Henri, Jacques and Georges.  It was renamed Tétard Frères and the brothers retired their father’s maker’s mark and registered their own in February 1903. The firm went on to become one of the leading silversmiths of the early 20th century and their Art Deco style pieces were widely admired.  The designers Valery Bizouard and Louis Tardy who were renowned for their artistic talents and avant-garde leanings joined the firm around 1919.

アンリテタードの息子ジャンとともに、彼らは会社の幅広い称賛と数々の賞をもたらした首謀者の作品を担当しました。特にBizouardのデザインは、過去への深い敬意を反映し、同時に現代の味と要求を認識し理解する、美しく精巧に作られた作品に対する同社の評判を確固たるものにしました。

Along with Henri Tétard’s son Jean, they were responsible for masterminding works that brought the firm wide acclaim and numerous awards.  Bizouard’s designs in particular helped cement the company’s reputation for beautiful and finely made works that reflected a deep respect for the past whilst simultaneously acknowledging and understanding the taste and demands of the modern era.

1930年に発表された記事は、過去の最高の作品との高貴で微妙な親和性があると称賛しています。

 An article published in 1930 observed that, “In Tétard’s search for new patterns and pure harmonies, we will readily discover the care they have always shown for adorning the modern home with pieces that are clearly of our time and whose forms reflect its spirit and style while still retaining …. noble and subtle affinities with the finest productions of the past.”

今日、ティタールという名前は、1920年代と30年代の印象的な作品で、最もよく記憶されています。その角度のある形と、すっきりとした幾何学的な線は、永続的な魅力を保証し、今日も評価され、収集され続けています。

Today the name Tétard is best remembered for their striking pieces of the 1920s and 30s whose angled forms and clean geometric lines have ensured their lasting appeal and they continue to be appreciated and collected today.