好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

HRH The Prince Philip, Duke of Edinburgh

f:id:MeinFavorit:20210410131332p:plain

f:id:MeinFavorit:20210417184523p:plain

f:id:MeinFavorit:20210417200756p:plain

 99歳でエディンバラ公爵フィリップ殿下が薨去されましたので、ご冥福を祈りつつ、写真を追ってみました。スポーツ万能、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、英語、デンマーク語に堪能でいらっしゃる。デンマークのマルグレーテ女王と話されている時も、いつも楽しそうだと思ったら、ご本人がギリシャ王子のみならず、デンマーク王子でもあられたのですね。5歳頃から、親戚をたらい回しされ、寄宿学校で休暇に帰る家さえない、という過酷な子供時代。そして帰る国もない。ダンディでスマートな方、とは思っていましたが。 

1番下に、フィリップ殿下とマルガレーテ女王との写真を加えました。

爵位称号Prince of the United Kingdomエディンバラ公爵メリオネス伯爵グリニッジ男爵イギリス陸海空軍元帥Lord High Admiral海軍本部の長)、日本学士院名誉会員。敬称は His Royal Highness(殿下)。

祖父にギリシャ王ゲオルギオス1世、曾祖父にデンマーク王クリスチャン9世、高祖父にロシア皇帝ニコライ1世、高祖母にイギリス女王ヴィクトリアがいる。

1921年6月10日ギリシア王国イオニア諸島のコルフ島(ケルキラ島)にある別荘の台所で、ギリシャ王子アンドレアスアリス妃の(1男4女の)末子(第5子)として生まれる。

生後1年程してギリシャクーデターが発生、ギリシャ国王コンスタンティノス1世は退位を余儀なくされ、ゲオルギオス2世が即位し、コンスタンティノス1世の弟である父アンドレアスは革命政府から死刑を宣告された。ケルキラ島に滞在していた一家は、イギリスのジョージ5世の差し向けたイギリス海軍の軍艦によりギリシャを脱出した。なおその後1924年4月の国民投票により王制の廃止が決定、共和政への移行が決定された。

父はロシア革命で両親ともに近しいニコライ2世一家が殺され、自身もクーデターで処刑対象となり英国王ジョージ5世の船で亡命。両親から離れイギリス王女アリスの長女としてウィンザー城で生まれた、祖母ヴィクトリアと軍人の叔父の元で育てられる。

一家はフランスパリへと向かい、父の兄ゲオルギオス王子の妃マリー・ボナパルトの所有するパリ郊外サン=クルーの別荘に滞在し亡命生活を送った。家庭は円満でなかった。王子の座を失った父アンドレアスは次々と愛人を作り、家庭を省みない父は不在が多かった。夫の不貞に母アリスは精神を病み、南仏の病院に入院した。

4人の姉達が結婚で実家から別離していくとフィリップは一人になった。1928年に渡英し、祖母ヴィクトリア、叔父ジョージ、ルイとともに生活する。1933年からは、母の家と縁の深いドイツの南部にあるバーデンの学校へ転校する。1934年5月にはギリシアの王制復活が決定されたが、コンスタンティノス1世ではなくゲオルギオス2世が王位に復帰したため、帰国することは叶わなかった。

 
ラミリーズ

1939年にイギリス海軍兵学校をクラスのトップで卒業し、士官候補生としてイギリス海軍に入隊。第二次世界大戦に従軍した。1940年には戦艦ラミリーズ」に乗艦し、インド洋で半年余り任務にあたった。なお同年に祖国のギリシアイタリア軍の侵略を受け、ドイツ軍イタリア軍ブルガリア軍の枢軸国3国によって分割占領されることになった。

1941年1月からは、戦艦「ヴァリアント」に乗艦し、地中海での任務にあたる。この年「ヴァリアント」は複数の海戦に参加しており、マタパン岬沖海戦でのフィリップの勇戦が認められ、ギリシア十字勲章(Greek War Cross)を受章した。

1942年7月には海軍中尉に昇進し、駆逐艦「ウォーリス」で先任将校として勤務する。1943年7月の連合軍のシチリア上陸作戦を支援した。その後駆逐艦「ウェルプ」に異動。「ウェルプ」は第27駆逐艦隊の一隻で、インド洋方面へ向かいやがて終戦を迎えた。日本政府が降伏文書に調印した1945年9月2日には、「ウェルプ」は東京湾に停泊していた。終戦後の翌1946年1月にイギリス本国へ帰還する。

フランスに亡命していた父のアンドレアスは、フランスがドイツ軍に占領された後はヴィシー政権の監視下に置かれ、それ以降フィリップを含む家族の誰とも面会することなく、1944年モナコで死去した。

ギリシャの枢軸国による占領は終わったが亡命生活は続き、帰国後の1947年2月イギリスに帰化(国籍取得)した。帰化した際、イギリスにおける軍務を継続するために母の実家の家名である「マウントバッテン」(Mountbatten、ギリシャ語名「Battenberg」を英語化したもの)を姓として選択した。これに伴いフィリップは、ギリシア正教会からイギリス国教会への改宗を行い、さらに形式上となっていた「ギリシャ王子及びデンマーク王子」の地位を「放棄」することを宣言した。

1705年ソフィア帰化法1948年英国帰化法により廃止)により、ハノーファー選帝侯妃ゾフィーの子孫であるフィリップは、生まれたときから英国籍を有している。

 

アンドレアス
Πρίγκιπας Ανδρέας
グリクシンブルグ家
Prince Andrew of Greece.JPG
 
続柄 ゲオルギオス1世第四王子

身位 Πρίγκιπας(王子)
敬称 英語の場合His Royal Highness(殿下)
出生 1882年2月2日
State Flag of Greece (1863-1924 and 1935-1973).svg ギリシャ王国 アテネ
死去 1944年12月3日(62歳没)
モナコの旗 モナコ モンテカルロ
埋葬 1946年
ギリシャの旗 ギリシャ王国 タトイ宮殿
配偶者 アリス・オブ・バッテンバーグ
子女 マルガリタ
セオドラ
セシリア
ソフィア
フィリッポス
父親 ゲオルギオス1世
母親 オルガ・ティス・ロシアス
テンプレートを表示

 

父 アンドレアス・ティス・エラザス・ケ・ザニアスΑνδρέας της Ελλάδας και Δανίας, 1882年2月2日グレゴリオ暦 - 1944年12月3日)は、ギリシャ王ゲオルギオス1世と王妃オルガの四男(第7子)。コンスタンティノス1世の弟。グリュックスブルク家の一員であり、ギリシャ王子およびデンマーク王子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:MeinFavorit:20210410190139p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410190229p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410190740p:plain

アン王女が使用されているティアラ。

f:id:MeinFavorit:20210410190916p:plain 

f:id:MeinFavorit:20210504174656p:plain

 途中から両親は別居状態に。

f:id:MeinFavorit:20210410131905p:plain

f:id:MeinFavorit:20210421100401p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410132646p:plain

f:id:MeinFavorit:20210417200718p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410143249p:plain

カラーだと美しさがよくわかりますね。

f:id:MeinFavorit:20210425104602p:plain

f:id:MeinFavorit:20210419141849p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410143225p:plain

衣装は以下のカラー写真のような感じなのかもと思います。

f:id:MeinFavorit:20210505150222p:plain

f:id:MeinFavorit:20210417184605p:plain

f:id:MeinFavorit:20210421100430p:plain

f:id:MeinFavorit:20210417184621p:plainf:id:MeinFavorit:20210410190358p:plain

f:id:MeinFavorit:20210503194230p:plain

f:id:MeinFavorit:20210503194241p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410143321p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410190802p:plain

f:id:MeinFavorit:20210421100501p:plain

f:id:MeinFavorit:20210421100515p:plain f:id:MeinFavorit:20210410134359p:plain

 f:id:MeinFavorit:20210410134426p:plain  
f:id:MeinFavorit:20210410134507p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410190425p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413151131p:plain

f:id:MeinFavorit:20210419142045p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410134348p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412124156p:plain

f:id:MeinFavorit:20210502144802p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411083337p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410142523p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410143447p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411074254p:plain

f:id:MeinFavorit:20210420085116p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411074321p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410154451p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410154507p:plain

f:id:MeinFavorit:20210419142203p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410190524p:plain

エリザベス女王戴冠式では、フィリップ王配も、写真の赤い冠を被られたようです。

左下の方はどなたでしょう???同じ冠を被られています。

f:id:MeinFavorit:20210421100745p:plain

f:id:MeinFavorit:20210421100805p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411074221p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410142611p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410154724p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410142547p:plain f:id:MeinFavorit:20210411083445p:plain 

f:id:MeinFavorit:20210411115413p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411083311p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411074014p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414080825p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414080837p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410154418p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411074117p:plain

f:id:MeinFavorit:20210501123101p:plain f:id:MeinFavorit:20210501123133p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410140227p:plain

珍しいお写真ですよね。

f:id:MeinFavorit:20210411074401p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410192514p:plain

崩御されている父王の代わりですね

f:id:MeinFavorit:20210412190040p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425111331p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410140213p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410135611p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412131321p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410135650p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410140435p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410131355p:plain

エリザベス女王の珍しい写真をここに。

f:id:MeinFavorit:20210425110447p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410131405p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410135740p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410191435p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412211613p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411083411p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412190135p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412130347p:plain

f:id:MeinFavorit:20210419142246p:plain

アン王女とチャールズ皇太子

f:id:MeinFavorit:20210411074433p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411074537p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412185821p:plain

子供用の自転車で、3人で追いかけっこをするフィリップ殿下。アン王女が先頭なのがまた可笑しい。

f:id:MeinFavorit:20210412185919p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413173924p:plain

この天蓋付きベッド!

f:id:MeinFavorit:20210410140135p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410140146p:plain

アンドリュー王子とエドワード王子は、アン王女から随分年が離れて生まれたのですね。

f:id:MeinFavorit:20210410191515p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412190214p:plain

f:id:MeinFavorit:20210420085200p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410140116p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413151222p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414105238p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425105545p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413174000p:plain

f:id:MeinFavorit:20210419142350p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410140328p:plain

f:id:MeinFavorit:20210419142431p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410191731p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410191406p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411090042p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410191648p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411074625p:plain

一人娘でもあるし、4人のお子様の中で、最もスポーツ万能で勇敢なのがアン王女だったらしく、仲もとても良さそうです。アン王女の娘、ザラ・ティンダルさんはオリンピックの乗馬で銀メダルもとっていますね。

f:id:MeinFavorit:20210411074642p:plain

アン王女は、スカートに長い麻の布巾を挟んでいらっしゃるんですね。

f:id:MeinFavorit:20210425105018p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425110318p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411074656p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411074728p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412190247p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411074741p:plain

f:id:MeinFavorit:20210415120226p:plain

アン王女とは、いつもご機嫌のフィリップ殿下。

f:id:MeinFavorit:20210413151317p:plain

アンドリュー王子の娘、ベアトリス王女とユージェニー王女と。

f:id:MeinFavorit:20210417221700p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412202818p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425140859p:plain

f:id:MeinFavorit:20210413174034p:plain

f:id:MeinFavorit:20210414080953p:plain

f:id:MeinFavorit:20210501122859p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411083518p:plain 

f:id:MeinFavorit:20210425110251p:plain

エリザベス女王ガーター勲章のみ、ダイヤモンドで象嵌されたブローチになっているそうです。同じものではないですが、これに似た感じ。

f:id:MeinFavorit:20210425141208p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411083533p:plain

ガーター勲章スコットランドのシッスル勲章、もう1つは?

f:id:MeinFavorit:20210513145644p:plain

f:id:MeinFavorit:20210513145705p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412192735p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411075108p:plain

 

f:id:MeinFavorit:20210501122752p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411090135p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411090147p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425105109p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411075127p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410140525p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425105237p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425105309p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425105158p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425110141p:plain

双眼鏡とカメラ、その下は何でしょうね?

f:id:MeinFavorit:20210425105638p:plain

f:id:MeinFavorit:20210415174439p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410191558p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410131413p:plain f:id:MeinFavorit:20210410154835p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411075157p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411075239p:plain

面白い位置にポケットがありますね。

f:id:MeinFavorit:20210410154912p:plain

喧嘩中?

f:id:MeinFavorit:20210412130452p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410191254p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410191325p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425105449p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410191806p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410154903p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410131420p:plain

記憶では、英国訪問の前のオランダでは、生卵と、食器だったか何か硬いものを投げつけられた昭和天皇。メディアには、このことは書かないように、と言われたとか。オランダの植民地インドネシアを先の戦争で失った恨みらしいです。

昭和天皇がロンドン近くの動植物園を見学中のシーン。瞬く間に、天皇が楽しみにされていた時間が過ぎてしまい、周囲は滞在を少し伸ばされるかと思いきや、天皇は定刻予定通りに、名残惜しそうに移動されたとか。昭和天皇エジンバラ公もとても楽しそう。葬儀にはエジンバラ公だけが出席されたのでした。

f:id:MeinFavorit:20210410152733p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410152711p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410152655p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412145109p:plain

  • 1984年(昭和59年)10月22日放送の『徹子の部屋』にゲスト出演した際、司会の黒柳徹子との会話で、自身が活動で関わる森林伐採など地球の環境問題についての話題となり、黒柳から「日本人は割り箸でご飯を食べるんでございますが、その割り箸を発注するのに日本の木では足りませんので…。(中略)それにしても割り箸っていうのは問題になると思います。1日に捨てるのは凄い数でございます。…」と割り箸の森林伐採の話に夢中になりすぎて、まだその会話の途中で番組のエンディングを知らせる音楽が流れてしまい、ゲスト出演したフィリップ殿下が「素晴らしい箸の討論の真ん中で番組を切るというのは、ひどい番組ですね」と苦笑しながら発言するという場面があった。

 以下の写真が、徹子の部屋ご出演中。"fascinating chop stick story"と言われているように思います。明らかにクスクス笑い。イヤホンの先では、日本語に堪能な英国大使館のスタッフが通訳されていたのでしょうか。

f:id:MeinFavorit:20210410191917p:plain f:id:MeinFavorit:20210411085424p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411083623p:plain

衛兵に扮したフィリップ殿下

f:id:MeinFavorit:20210410140633p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411075323p:plain

とても重そうな帽子ですね

f:id:MeinFavorit:20210411083611p:plain

f:id:MeinFavorit:20210513145525p:plain

f:id:MeinFavorit:20210411083636p:plain

f:id:MeinFavorit:20210502144845p:plain

ハイソックスの赤い飾りも可愛いですが、その上のこげ茶のものは、何か装飾でしょうか?

f:id:MeinFavorit:20210419142615p:plain

殿下のにっこにこの表情がいいですね。ソフィ妃が写されたスナップだそうです。

f:id:MeinFavorit:20210419142625p:plain

デンマーク女王の王配や、オランダ女王の王配が単独で海外公務はあまり記憶にありませんが、フィリップ殿下は結構あるように思います。貴族ではなく、正真正銘、王子であり、英国王室の血縁だからでしょうか。

f:id:MeinFavorit:20210411075310p:plain

ノルウェー・ハーラル国王と。楽しそうですね。ハーラル国王もとても背が高い方ですね。

f:id:MeinFavorit:20210417184734p:plain  

オランダのベアトリス女王と。一歩下がっていらっしゃいますね。

f:id:MeinFavorit:20210425105912p:plain

スウェーデン国王、王妃と。

f:id:MeinFavorit:20210417184758p:plain

モナコのレーニエ大公とグレース大公妃

f:id:MeinFavorit:20210505124615p:plain

f:id:MeinFavorit:20210505124627p:plain

後列右から4人目、1歩下がって写っていらっしゃいます。

f:id:MeinFavorit:20210417184813p:plain

f:id:MeinFavorit:20210410154937p:plain f:id:MeinFavorit:20210417200832p:plain

f:id:MeinFavorit:20210417200859p:plain

フィリップ殿下とマルガレーテ女王の写真を以下にまとめました。

f:id:MeinFavorit:20210412124334p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412124408p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412124430p:plainf:id:MeinFavorit:20210412124453p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412124440p:plain

f:id:MeinFavorit:20210425122602p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412124508p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412124526p:plain

f:id:MeinFavorit:20210412124555p:plain