好きなもの、心惹かれるもの

本、映画、音楽、陶器、織物、工芸品をご紹介します。

「ホフラチ古墳出土の黄金ティアラの魔力」

ホフラチ古墳出土の、女神のカメオのような飾りと、鹿と生命の木、ガーネットの埋め込まれた、一度見たら忘れ得ぬ美しいティアラについて、ロシア語の本がありましたので、自動翻訳を利用して一部を訳してみました。

この飾りですが、中央にペアの鹿がいて、右にも生命の木と鹿がいます。おそらく左にも、対象に同じ飾りがあったのが、なくなっているように思います。左のほうがガラっと空いていますから。女神の顔の左にも、ガーネットの飾りがついていたのが取れてなくなっているように思います。ざくろ石というようです。ティリア・テペの王冠よりずっと凝った作りですね。黄金細工の天才が、当時遊牧民族支配者の注文を受けて作っていたのでしょうか。古代のカルティエとかショーメとか、工房があったのかもしれません。

この鹿、鹿島神宮とどういう関係があるのか、興味深いです。鹿島神宮の中にも鹿が飼われています。

f:id:MeinFavorit:20201024083640p:plain

I.P. Szasetskaya
"The magic of the golden tiara from the Hokhlach mound"
St. Petersburg: Ed Gos. Hermitage. 2015.

I.P. サセツカヤ
「ホフラチ古墳出土の黄金ティアラの魔力」

kronk.spb.ru

 

この版は、1864年にホフラチ古墳で発見された宝物の独創的な装飾に捧げられています。装飾的なデザインとデザインと技術的な手順の特徴、ティアラの発見の状況について説明します。サルマタイ芸術の特徴である動物形態のモチーフの装飾品の豊かさと多様性は、埋葬された女性の高い地位を証言しています。ティアラ自体、古墳からの発見の全体のセットは、それがサルマタイ部族の女王だったことを示しています。

魔術(呪術)・・・この言葉は「宗教の科学では、彼らの周りの世界に圧力をかけ、この現象を人間の意志に従うことを強制することを目的とした、信念と結果的な行動のセット全体を指します。すべての原始的な宗教において、私たちは、魔術を自然との人間関係のシステム全体として観察し、それを習得し、その有用性を高め、その有害性を減らすために」と、F.A.ブロックハウスとI.A.エフロンの百科事典に書かれています。

「魔術は自然の秘密の力の知識と使用であり、自然科学によって認識されていません。これらの人間とスピリチュアルな世界とのつながりを想定して、白と黒の魔法を区別します。後者はウォーロック、魔術、魔法、魔術、魔法です」これはV.I.ダールのインテリジェントな辞書からの魔法の定義です。

しかし、「魔術」は、悪霊から人間を守る儀式だけでなく、人間自身が作り出した様々な自然現象や物の心理的影響を意味します。ホフラチ古墳の王冠は、尋常でない美しさと内容の操作不能を招き寄せます。美しく私たちを魅了し、魅力を捉え、多くの感情を目覚めさせます。同じ魔術の効果は、芸術作品だけでなく、常に自然の状態を変化させることによっても発揮されます。

絵画、彫刻、その他様々な美術品を見る者は、それらの魔法を感じます。V.V.カンディンスキーの明るい色の絵画は、それに魅了され、思わず「色の暴動、感情の洪水」と叫びたいと思います。それは魔法ではありませんか?

同じ現象は、自然であるか、または人間によって作成されたかどうか、異なる人々で異なる感情や関連を引き起こし、異なる実施形態を受けます。この場合、魔法の影響は肯定的にも負でも、それはすべて人の個々の知覚に依存します。

奇跡的な力を持つ宝石の輝きは目を引き付け、魔法の美しさから脱却することは不可能です。この種の魔術の対象には、古代のジュエリーの独創的な作品が含まれています。エルミタージュコレクションの黄金のティアラは、赤いザクロ、カラフルなガラスと真珠で装飾されただけでなく、鳥と、生命の木に行く神聖な動物を表す儀式のシーンで装飾されています。ティアラの装飾的なデザインは、華やかさに幻惑され、魅了され、想像力を目覚めさせます。

この独創的な装飾品は、ドンスコイ軍の旧土地、現在のロストフ地域のノヴォチェルカスク市の北部に位置していたホフラハとして文学で知られている古墳で発見されました。古墳の名前の由来は、この地域の文化に見られるはずです。

記念碑のオープニングに参加した地質学のN.ボリシアク教授の話では、この場所には通常、トリニティ・フェアの期間に、小さなロシア人を雇うためにここに来たビブアカが住んでいました。"cloak-crest"という髪型をした小さなロシア人です。

1864年、ホフラハ古墳は、アレクサンドロフスク村からノヴォチェルカスクまでの水道管の間における予備の水タンクにするために使用されました。

この発見の状況は、サンクトペテルブルク物質文化史研究所のアーカイブに保管されている帝国考古学委員会の文書から知られるようになりました。古墳で土工を率いた元土木技師R.I.アビロフのドンスコイ部隊のエソールのメモ。ノヴォチェルカス水パイプライン建設委員会のメンバーであるチェルカエフ大佐による報告。1864年7月の「モスクワ・ヴェドモスティ」第27号への追加における墓の発掘とN.ボリシャクの出版に関するV.G.ティゼンハウゼン教授の報告書。

R.I.アビロフの記録によると、古墳は高さ3.60m、直径42.25mの丸みを帯びた土を盛っていました。墓は古墳の中央で完全に略奪されました。しかし、墓の周りに配置された三箇所の貴重品の隠し場所と、葬儀の三位一体(埋葬の饗宴)の遺跡には、サルマタイの動物スタイルとして科学文献で知られている黄金のカップ、ジュエリー、衣服とベッドカバーに付けられた金の板、東とローマ起源の銀と青銅の道具が発見されました。

隠し場所から出土したものは、埋葬儀式の特定の伝統に関連付けることができます。高価な製品が墓の中になかったことには、隠されていたもう一つの理由がありました。古代では、豊かな埋葬が強盗に略奪されたことが知られています。これを避けるために、部族や死者の親族は、強盗の目から貴重品を保管し、隠そうとしました。

f:id:MeinFavorit:20201024104402p:plain

ですから、ホフラチ古墳の隠し場所の1つには、ティアラと共に他の宝石が隠されていたわけです。グリブナ(ネックフープ)とペアのブレスレットで構成される黄金のセット、フルートを演奏するエロスの姿、芳香のためにアロマを入れた黄金の小瓶、そして目的は不明ですが、横たわっているパンサーなどがありました。

ここで発見されたティアラは、3つの部分からなる高い宝冠で、装飾の豊かさによって区別されます。ティアラの真ん中には、アンティークのキトン(古代ギリシア・ローマの毛織のゆったりした上衣。女性用はくるぶしまでの長さ)に身を包んだ高貴な女性の胸像が置かれています。彼女の頭上に楕円形の宝石とセロリの葉で飾られた黄金の王冠を被っています。

ティアラの側面は、長方形の緑と紫のガラスの大きな挿入物と多色のガラスがはめ込まれています。鳥も置かれています。

さらに、ティアラは真珠とガラスで作られた小さなビーズで飾られていました。ティアラの端には金ビーズの装飾的な縁取りで、下端には6枚の花びらのソケットを持つアンフォラスペンダントが下がっています。ティアラのデザインと技術的特徴の研究に基づいて、6つの動物の姿と7本の木からなる装飾の元々の組成を再現することが可能でした。中央には、女性の胸像の上に二頭の鹿と生命の木が立っていました。両側に、さらに2つ対称的に配置された木及び、木の前に立つ山羊と鹿がありました。中央と右側の飾りの一部のみが保存されています。

ティアラの装飾的なデザインは非常に多様であり、古代と野蛮な芸術的伝統をブレンドしました。アンティークジュエリーアートの要素には、ほとんどの研究者によると、金のビーズや装飾板の摩耗した縁石から、ティアラの上下の縁に接するだけでなく、ソケットを持つペンダントです。後者は、掛け金具を前面からティアラに接続する金属の輪を覆います。古代の巨匠のこの方法は、古典的な時代、ヘレニズムの時代と初期ローマ時代の両方でペンダントを持つジュエリーの製造に絶えず使用されています。

アンティークには、ティアラの側面の上の、座って翼が折り畳まれている4羽の鳥も含まれます。くちばしには金属の輪があり、ビーズやその他の装飾的が掛けられていた可能性があります。頭と胴体の羽毛は、「羽」の装飾細い線の助けを借りて伝えられます。翼と尾は、金線細工で飾られています。それらの中には、エナメルを模倣したペーストの残骸が保存されているものもあります。着色エナメルの象嵌細工は、紀元前4世紀から2世紀にかけて、ギリシャの宝飾芸術で広く使用されていました。

 

ここで訳は途中ですが、他の角度の写真を見つけました。トルコ石のような色の石が象嵌された鳥が見えますね。右の木と山羊もよく見えます。そして、ヘアバンド式のティアラの後ろ側も少し見える写真です。

f:id:MeinFavorit:20201024115407p:plain

さらに、復元されたティアラと思われる写真がありました。これだけ細やかな細工がなされて、宝石と黄金が光輝くティアラを被っていた女性はやはり巫女的な女王だったのでしょうか。呪術をもって雨を降らせたような?

石は、ぐるりと宝冠にはめ込まれていて、9つはあったように見えます。目鼻立ちのくっきりした女性、威厳のあるタイプだったのでしょうか。

f:id:MeinFavorit:20201024172836p:plain

 鹿の口元に輪がついているので、何か飾りをぶら下げていたのかもしれません。

f:id:MeinFavorit:20201024172142p:plain